防犯ブログ


  1. ホーム
  2. 防犯ブログ

記事一覧

東京家裁で殺人事件 離婚調停中の夫が妻を刺殺

3月20日の午後、東京家庭裁判所の玄関で、離婚調停に訪れた妻が、夫に刺殺された(金属探知機ゲート前で待ち伏せか 容疑者の米国籍の夫 東京家裁・妻刺され死亡)。

痛ましい事件である。離婚などの家事事件は、「親密な感情」が行きかう場だ。愛情は時として殺意にまで至る。東京の家庭裁判所も、近年、入り口でのセキュリティチェックを導入した。「安全」のためなのだが、これがかえって危険である、という声があった。この事件を、「家庭裁判所の構造上、起こるべくして起こった」と思っている関係者も多い。

この日夫は、離婚調停に来る予定ではなく、弁護士が出席する予定だった。夫は、ガソリンや刃物3本をもって、このセキュリティチェックの前で妻を待っていた。つまり、セキュリティチェックを設置したことで、調停に現れるひとがいつどこを通るかが、特定されることになったのだ。

リンクの記事では、2017年6月の時点で東京家裁など4庁舎だけだった検査が、現在は13庁舎に拡大したと報じている。4月にはさらに5庁舎で導入される予定だそうだ。

このセキュリティチェックは、確かに裁判所の「内部」を安全にするかもしれない。しかし導入されることで、外部への接点が、今だかつてなく、危険になってきているのだ。

例えば来月に導入予定の横浜の家庭裁判所に詳しい弁護士は言う。

「横浜の家庭裁判所の図面では入口の3カ所ですが、実際には4か所あります。横浜は本館と別館2つあり、渡り廊下で結ばれている形です。本館に3つ、別館1つの入口があるのです。

これまでは、DV被害者が、加害者と出会わないように、使い分けて出入りして来ました。それをほかの入口を閉鎖して、本館1カ所にしてしまうと、導線が特定されてしまう。きわめて危険です。どの家庭裁判所も同じように、入口を1つにする予定なので、みんな危惧しています。

家庭裁判所は、「複数の入り口をもうけ、全てセキュリティチェックを行う」、「出口はさらに増やす」、などの対応をして欲しい。セキュリティを高めたことが、ぎゃくに事件を増やしてしまうとしたら、本末転倒と言わざるを得ない。
<千田有紀 | 武蔵大学社会学部教授(社会学)3/21(木) 19:34より>

入口でのセキュリティチェックを行うことで犯行対象のルートが限定される、そこを狙われたという意見があるようです。
確かにそのようにとれなくもないですが、相手を殺そうと計画する犯罪者にとっては、たまたま場所が裁判所であっただけで、ここが難しければ尾行してでも相手の住んでいる場所を見つけ、そして乗り込んで凶行に及ぶでしょう。

どのような対策をとっても相手がリスクを無視して犯行を行おうとする場合、その犯行を阻止することは限りなく難しいように思います。
24時間警護のボディーガードを雇うとか、要人なら警察による警護も可能でしょうが、一般市民が悪意を持った販売者から24時間身を守ることは不可能でしょう。

ガソリンや刃物の購入に関して、何か制限や条件を設けるというのも現実的ではありませんし、最悪の場合素手で殴り殺す、絞殺するなどの手口になると女性や子供、高齢者では対応しきれません。

裁判所での対策がどうこうというよりもっと根本的な対策や事前対応が必要ではないでしょうか。

詐欺+窃盗 あえて顔を見せて隙を突く新たな手口

高齢者らから現金をだまし取る電話詐欺に、盗みを組み合わせた「詐欺盗」と呼ばれる事件が急増している。
「オレオレ詐欺」のように相手が分からないことを利用した手口が広く知られるようになり、あえて対面することで被害者を安心させ、隙を突いて盗むのが特徴だ。兵庫県警が2018年から統計を取り始め、1年間で49件約7300万円の被害を確認。
三田市内で被害に遭った女性が神戸新聞社の取材に応じ、巧妙な手口を詳細に語った。


「三田警察署のカネコです。◯◯さんですね」。
1月上旬の午前、1人暮らしの女性(86)宅に、警察官を名乗る男から電話があり「銀行員の犯罪を捜査する中で、あなたの夫が被害に遭っているのが分かった」と伝えられた。

夫は3年前に亡くなっていた。不審に感じて電話を切ろうとした。だが-。「奥さんも被害に遭ったら危ない。すぐに別の署員が行くので指示に従ってください」。
その直後、マスクを着けたスーツ姿で刑事風の男が玄関に来たという。

男は、黒いかばんからメモを取り出して預金残高や年金などを質問攻めし、つい暗証番号も言ってしまった。
カードの確認を求められて見せると、男は手にした封筒に入れた。
「割り印を押すので実印をください」。女性は言われるまま部屋から取って戻ると、男は押印した封筒を返し、「数日後に新しいカードと交換するので保管しておいてください」と告げて立ち去ったという。

約30分後、不安に感じて知り合いに相談。確認すると、既に約60万円が引き出された後だった。
男から渡された封筒には無関係のポイントカードが入っていた。印鑑を取りに行った隙にすり替えられたとみられる。

「年金をためた生活費だったのに...」と女性。「怪しい電話は相手にしないよう注意していたが、自宅に来たので警察官と信じてしまった」と悔やむ。
<3/10(日) 7:30配信 神戸新聞NEXTより>


オレオレ詐欺は、電話を掛けて相手をだまし、指定の口座に現金を振り込ませる、現金書留で送らせる手口で、声は聞かれるが、顔や身体的な特徴を見られないというメリットがあります。

それに対して、今世間を騒がせているアポ電を悪用した犯行手口や今回の詐欺+窃盗の手口では、あえて対面することで相手を信用させ、その上でだますという手口です。

番号非通知の電話には出ない、そもそも家の電話は出ないなどオレオレ詐欺への対策や詐欺の手口はCM等でも紹介され、多くの人が認知するようになり、犯罪者側が次の手口を使い出したとも言えます。

相手を信用させることが上手な犯罪者の場合、話術でだまし現金を奪うことが出来るのでしょう。
相手が高齢者の場合はよけいにだまされる可能性が高くなってしまいます。
警察官を名乗られると、疑うのが難しいというか、そこを疑ってしまうと信じられる相手がいなくなってしまうような気がします。

顔を見せない相手は信用しない、顔を見せる相手は信用してしまうという多くの人の考えを悪用した詐欺+窃盗の手口には今後も警戒が必要です。

埼玉県川口市 小学校へ防犯カメラ導入

川口市は公立の幼稚園(2園)と小学校(52校)の校門や昇降口などに防犯カメラを導入する。今年11月までに1校当たり5台程度を設置し、園児や児童の安全を確保する。市によると、保護者や学校、地域住民らからの要望が強かったことから、導入を決めた。

市は平成31年度当初予算案に、防犯カメラの設置事業費として1600万円を計上した。5年間のリース契約とする。

防犯カメラは校門に必ず取り付けるが、それ以外は各園・学校と協議の上、設置場所を決める方針だ。基本的には昇降口など人の出入りが多い場所や、死角となる場所に設置する方向だという。

担当の市教育総務課は「これまで校舎の耐震化、普通教室のクーラー設置を先行して進めてきたが、ようやく防犯カメラが設置できるようになった」と語り、「不審者の侵入などの抑止にもつながる」と話している。

市内の中学校(26校)は32年度に設置する予定だ。市によると、公立学校への防犯カメラの設置は、さいたま市や越谷市などでも導入しているという。
<3/7(木) 7:55配信 産経新聞より>


ニュースのコメントにもありましたが、学校に防犯カメラをつけることでいじめ問題の対策にもなりうるかもしれません。
教室や体育館などに防犯カメラをつけることで、少なくとも露骨な暴力行為などのいじめは行いにくくなります。
仮に行ったとしても、それがいじめの証拠になりますから児童、保護者ともに安心です。

最近は生徒の方が教師に対して暴力を振るうケースもあります。(もちろん逆のケースもあります)
これも防犯カメラの抑止効果で未然に防ぐことができるかもしれません。

防犯カメラと現場の音声も確認できるようにすればさらに証拠として活用できます。


もちろん防犯カメラの設置台数は限られますから、カメラのない場所や映らない角度でいじめが行われれば意味がないという意見が出てくるかもしれません。
まずは試験的に導入し、いじめ数の減少や防犯効果があるかの検証を行うのが望ましいと思います。

相次ぐ交番襲撃対策 石川県内全ての交番に防犯カメラ設置

交番の襲撃が全国的に相次ぐ中、石川県警は来年度、県内全ての交番に防犯カメラを設置することになりました。

(記者リポート)
「富山県や宮城県で相次いでいる交番襲撃事件を受け、石川県警は新年度、交番の防犯強化に乗り出します」

現在、石川県内にある交番の数は64。このうち56の交番に防犯カメラが設置されていません。

交番が襲撃される事件が全国的に相次ぐ中、石川県警は新年度全ての交番への防犯カメラの設置を決め、予算案に1300万円あまりを計上しました。

また、緊急時に盾の代わりとなる案内板の設置と防護盾の配備を進める方針です。

石川県の新年度予算案は、20日開会の県議会に提案されます。
<2/19(火) 14:00配信 石川テレビより>

交番襲撃事件、動機の一つに拳銃の強奪目的があります。
奪った拳銃をさらに別の事件で悪用する目的でしょう。
金品が盗まれる被害よりもさらに深刻で、被害に遭ってしまった交番や警察に対しての非難も考えられますから対策は必須と言えます。

全ての交番に防犯カメラを設置し、さらに防護盾の配備も進める方針ということですが、これだけでは不充分のような気がします。
複数の警官による勤務体制のための増員や防御のための拳銃使用体制の見直しなども行うべきではないでしょうか。
働き手の減少から警官の人員不足も今後は考えられます。
人の数だけに頼らない対策も考えていかなければなりません。

工場から部品1100点665万円相当盗まれる 出入業者逮捕

滋賀県大津市にある東レの工場に侵入し、機械部品1100点665万円相当を盗んだとして、出入していた48歳の配管工の男が逮捕されました。

窃盗と建造物侵入の疑いで逮捕されたのは、大津市の配管工の男(48)です。
警察によりますと、男は去年9月から先月にかけて大津市の「東レ滋賀事業場」に侵入し、ポリマーフィルターと呼ばれる不純物をろ過する機械部品など約1100点665万円相当を盗んだ疑いがもたれています。

男はこの工場の出入り業者で、警察の取り調べに対して、「間違いありません」と容疑を認めているということです。
警察は共犯者がいる可能性も含めて捜査を進めています。
<2/18(月) 19:10配信 MBSニュースより>


工場の出入業者が機械部品1100点665万円相当を盗んだという事件です。

部品の大きさ等は不明ですが1100点も盗まれたというのは大変なことです。

数ヶ月間に渡って少しずつ盗み出したということでしょうが、その部品の在庫管理等がどのように行われていたのかも疑問です。
盗まれたことにも気付かなかったというなら大問題です。

一般的な事務所や店舗においても、出入業者や仕入先、配達業者などが自由に出入りところは多いと思います。
言い方は良くありませんが、その人たちの誰かが良からぬ考えからその事務所や店舗内の備品や金庫、社員の私物等を持ち出そうとしたら、それを阻止することは難しいのではないでしょうか。

泥棒などの犯罪者、招かざる客の侵入を阻止するには物理的な防止策をとることで対策できますが、彼らは招かざる客ではなくこちらが招いている客ですから侵入を阻止すると色々と支障が出てきます。
侵入は阻止せず、犯行だけを防ぐ対策が必要です。

防犯カメラは犯行の抑止力にはなりますが、犯行自体を防ぐことにはつながらない場合があります。
建物や部屋の入退出の履歴確認は効果があるでしょうが、これも絶対ではありません。
様々な対策を併用し、ここはセキュリティがしっかりしている、仮に盗み出すことができても後で自分の犯行だと確実にばれてしまうと相手に思わせることで犯行を行わせないようにすることでしょう。

Google

WWW を検索
www.securityhouse.net を検索


このページのトップに戻る


あなたの不安・気になる防犯、お気軽にお問い合わせください!!

フリーダイヤル 0120-8484-24

制作・著作

COPYRIGHT © 2010-2013 SECURITY HOUSE CENTER CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.WebSitePlanProduced bybitSEODESIGN