1. HOME
  2. 防犯ブログ
  3. 2012年04月
  4. 火災警報器の見直し。大音量の警告音が必要。

防犯ブログ

火災警報器の見直し。大音量の警告音が必要。

つい先日、真夜中に家の中の火災警報器が差動しました。
何かの反応で機械が動作したのですが、
あまりにも音が小さかったのか、
私の家内しかその音に気が付きませんでした。

私の家内曰く「ものすごくびっくりしたわ!!」と
1人で怒っている様子でした。
私は、家内の怒り具合にびっくりしたほどです。

万が一のときの警報器。
熟睡しているときに気が付かないは問題だと改めて思いました。

確かに「ピピピピ」と警報器がなりますが、
飛び起きるほど大きな音ではありません。
もしも、本当に火災が発生していて
煙が部屋中に舞い上がっていたらどうだったのかと
想像するだけで恐ろしいものを感じました。

子どもたちもぐっすり寝ていました。
今回は、何事もなくて本当によかったです。

今回の経験から、火災警報器は特に大きな音量が
必要だということが改めてわかりました。
大きな音は近所の方の迷惑になると思うことがありますが、
逃げ遅れのことや近隣の方々の安全のことも考えると
大音量のサイレンや警報ベルが必要だと思います。

火災対策

投稿者:総合防犯設備士(2012年4月11日)|記事URL| あとで読む

防犯ブログ

シェア
RSS購読

ページの先頭へ戻る