1. HOME
  2. 防犯ブログ
  3. 2010年5月

防犯ブログ

新潟 会社社長宅から金庫盗まれる 中には現金1600万円!

17日、新潟市東区、会社社長の60代男性から、現金約1600万円が入った耐火金庫が自宅から盗まれたと新潟東署に届け出がありました。

同署によると、同日正午前に、男性が会社から帰宅したところ、1階の窓ガラスが割られ、自宅内に置いてあった金庫がなくなっていたということです。

男性は同日朝、戸締まりをして出社しており、家には昼まで誰もいなかったということです。
同署は、何者かが窓ガラスを割って侵入し、金庫を盗んだ窃盗事件とみて捜査しています。
<5月18日12時44分配信 毎日新聞より>

窓ガラスを割って侵入し、金庫ごと盗み出すという住宅における典型的な侵入窃盗の手口です。
おそらく、防犯対策としては、家の鍵をきちんと施錠すること、現金などを金庫に保管することの二つだけだったのではないでしょうか。
昔であればその二つもそれなりに効果はあったかもしれません。
特に金庫の方は今でも過信している人が多いようです。

もちろん、重量耐火金庫に保管しておくことで、万が一の火災被害に対しての効果と侵入者がそれをこじ開ける時間などを考えると、手間がかかりますし、時間稼ぎ対策として効果はあります。
しかし、今回の侵入手口のように金庫ごと盗まれてしまっては全く効果はありません。
盗んだ後、どこかの場所でゆっくりと開ければいいだけの話です。

単独犯で、しかも金庫を開ける特殊な工具を持っていないような犯人に対しては効果があると思いますが、複数犯で金庫ごと盗みだすような手口には対応できていないことになります。

このブログでも何度か紹介していますが、最近、住宅における高額金品の窃盗事件が頻繁に発生しています。
金品特に数百万円、数千万円もの大金を自宅に保管している人が多いということ、あとは防犯対策をしている人が驚くほど少ないということに驚きます。

それだけの金品を自宅に保管しながら、自分は被害に遭うことはないだろうという漠然とした自信のようなものを持っている人が多いようです。
犯罪、窃盗事件も含めてですが、自分や家族、または身近な人が実際に被害に遭わない限り、実感というものはわかないものです。

被害に遭ってから防犯対策を講じる、もちろんこれも重要なことですが、最も良いのは被害に遭う前に対策を行うことです。
そうすれば泥棒に狙われる可能性、そして侵入される可能性が大きく減少することになるからです。
ホームセキュリティ(一戸建て住宅の防犯対策)

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2010年5月18日)|記事URL| あとで読む

「お経を上げるため」奈良・東大寺の法具盗む

「仏像盗難」が全国で発生していますが、奈良の東大寺では、金属製の法具「三鈷杵(さんこしょ)」と「独鈷杵(どっこしょ)」が盗まれました。


●奈良市の東大寺不動堂から法具を盗んだとして、奈良署は14日、奈良県香芝市下田西、無職男(42)を窃盗の疑いなどで緊急逮捕した。
容疑者は同日午後3時45分頃、東大寺境内にある不動堂に侵入し、護摩壇に置いてあった金属製の法具「三鈷杵(さんこしょ)」と「独鈷杵(どっこしょ)」(長さ約15センチ、4万3500円相当)を盗んだ疑い。

容疑者は「自宅でお経を上げるために本物がほしかった」と容疑を認めているという。

 法具がなくなっているのに気づいた同寺の男性職員(61)が、約100メートル北西の二月堂にいた西山容疑者のズボンの前ポケットがふくらんでいるのを不審に思い確認したところ、盗んだことを認めたという。
不動堂の拝観は午前7時30分〜午後5時30分。
2月上旬にも「独鈷杵」が盗まれて新調したばかりで、同署は容疑者との関連を調べる。
(5月15日 読売新聞より引用)


現金に換金するためかと思ったら「家でお経をあげるときに使うため」ということで、そんなに信心深い人が何故?と思うのですが、以前京都での仏像盗難の犯人も自宅に仏像を置いて祈りたかった、といった供述をしていましたので、間違った信仰心で犯行に及ぶ、といった事例もあるようです。
私なんかは「この罰当たりめ。」と思うのですが、そういうことを感じないのが泥棒の泥棒たる由縁だと思います。

やはり泥棒には仏像や宝物に近づけさせない、ということが重要です。
一定のエリア内に入ろうとするとベル・サイレン・フラッシュライトで威嚇撃退。同時に動画で確認。
という寺向け防犯システムをお勧めします。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2010年5月17日)|記事URL| あとで読む

栃木 女性宅狙った窃盗犯 在宅中は無施錠多い

宇都宮市内で20日深夜から21日未明にかけて、1人暮らしの女性宅を狙った窃盗事件が相次いだことが22日、宇都宮東署への取材で分かりました。

被害件数は2件にとどまっていますが、いずれも犯人は女性が在宅中に無施錠の玄関や窓から侵入したとみられ、一歩間違えば女性に危害が及ぶこともあることから、同署では同一犯による犯行とみて捜査するとともに、地域住民に一層の注意を呼びかけています。

同署によると、20日午後11時55分ごろ、同市御幸町の女性(66)が、茶の間に置いてあった現金約4000円の入ったカバンを盗まれました。
女性が入浴中に、茶の間の窓から何者かが侵入したとみられていますが、窓ガラスなどが割られた形跡はありませんでした。

約1時間後には、約5キロ離れた同市東峰町で、女子大生(21)が約5000円の入った財布を盗まれました。
女子大生がベランダで洗濯物を取り込んでいたところ、物音がしたため、部屋の中を見ると、男とみられる人物が玄関から出ていったということです。
玄関に鍵はかかっていなかったようです。

いずれも被害者は1人暮らしで、アパートや一戸建ての1階に住んでいました。
家人が在宅中にもかかわらず忍びこむという大胆な犯行だが、同署によると「家にいるときには、鍵をかけない人が多い」といい、「電気がついていれば、泥棒は入らないだろう」という心理を逆手にとった犯行といえます。

県警捜査3課は「民家への侵入盗の場合、被害が近隣に集中するケースが多い」と分析。
同署では、今回の2件はどちらも無施錠の玄関や窓が狙われているうえ、「暖かくなると、窓を開けて寝る人が多くなる」(同署幹部)として、地域住民に施錠の徹底を呼びかけています。
<4月23日7時56分配信 産経新聞より>

在宅中、特に就寝前で家人がリビングなどにいる間は侵入されない、電気がついている部屋には侵入されないという認識を持っている人は多いと思います。
しかし、今回の事件のように在宅中でも侵入される事件が増えています。
女性宅・高齢者宅を狙った強盗事件です。
家人が縛られ、その間に現金などの金品が盗まれるという手口もあります。
それだけで済むなら不幸中の幸いですが、最悪の場合は犯人に殺傷される事件も発生しています。

在宅中は無防備になりがちです。
玄関の扉や窓を開けたままで就寝することもあるでしょう。
夏が近づき暑くなってくるとなおさらです。
まずは在宅中でも侵入される可能性があるという防犯意識を持つことです。
例えば、玄関の扉は必ず鍵を閉める、窓も入浴中・就寝時は閉めるなど。

「在宅警戒」という家に居ながら使用していない部屋だけを防犯センサーで警戒する使用方法もありますので、防犯システムや防犯カメラシステムを導入するのが最も効果的な防犯対策ですが、金銭的な面などで抵抗がある人もいると思います。
我が家も狙われる可能性があることを認識するのが防犯意識の第一歩です。
それだけでも随分違った見方ができるようになると思います。

ここから侵入しやすそうだ、ここは狙われるんじゃないか?、鍵は一つだからこれが壊されたら簡単に侵入されるかも?犯人が隠れられる場所が多いなど自宅の「弱点」が色々と分かってくるかもしれません。
泥棒が目をつけるポイント
泥棒の嫌がること

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2010年5月14日)|記事URL| あとで読む

佐賀 ガス点検装い現金盗む手口に注意!

佐賀市内でガス点検を装った窃盗事件が相次いでおり、県くらしの安全安心課が注意を呼び掛けています。

同課によると、4月、同市内の一人暮らしの50代女性方を若い男が訪れ、屋外のガス機器の点検を装って点検代70円を受け取った後、数時間後にも屋内の点検を装って再訪し、ホース交換代2700円を受け取ったほか、「印鑑を押してくれ」と言って女性がその場を離れたすきに室内の現金を盗んで逃げたということです。

昨年9、12月にも一人暮らしのお年寄りを狙って、同様の手口で財布などが盗まれる被害が計3件起きています。
同課は「ガス会社がその場で現金のやりとりをすることはない。不審な点があれば警察などへ通報を」と呼び掛けています。
<5月12日15時51分配信 毎日新聞より>

点検を装って訪問し、70円という少額の点検代を徴収することで目くらましを行い、隙をついて侵入し現金を盗むという手口です。
70円という金額が高くもなく、本当に点検代なんだなと思わせる巧みな金額です。
高齢者を狙うというのも典型的な偽装点検業者の手口です。

ガス会社・電力会社・警察・銀行・郵便局などの社員が突然自宅に訪問してきて、何かしらの料金を現金で徴収することはまずないと言われています。
少しでも不審に感じたら、後日支払うから連絡先を教えてほしいなどどその場での支払を断ることがよいでしょう。
泥棒は、また訪問するのは手間だからという理由などで、その場での現金徴収を求めるでしょうが、今は持ち合わせがないなどと断りましょう。

お金をかけて対策するのであれば、防犯カメラを設置し、映像を記録しているぞ!と思わせれば、そこは自然と誰も狙わなくなります。
もし、犯行がうまくいっても後で捕まるのなら意味がない、と泥棒は考えますから。

泥棒が狙うのは、何も防犯対策をしていない無防備な家、高齢者宅など、泥棒から見たら何らかの弱点が存在するところです。
その弱点を一つずつ無くしていくのが防犯対策です。
完璧な防犯対策というものは存在しませんが、一つずつ弱点を無くしていくことで、泥棒にとっては犯行を行いにくい環境というものが出来上がり、それだけで狙われることが少なくなります。
それが防犯対策の効果の一つです。
住宅の防犯カメラシステム

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2010年5月13日)|記事URL| あとで読む

事務所荒らしの少年2人逮捕

事務所から現金220万円盗んだ 容疑の少年2人逮捕されました。静岡


●不動産会社の事務所から現金約220万円などを盗んだとして、静岡県警三島署は11日、窃盗の疑いで、東京都八王子市の無職少年(18)2人=いずれも詐欺容疑で家裁送致=を再逮捕した。
同署によると、少年らは容疑を認めている。

少年らは3月20日夜、三島市大宮町の不動産会社「イワサキ」の事務所に窓を割って侵入し、現金や商品券、キャッシュカードなど11点(計1万2千円相当)を盗んだ疑いが持たれている。

 少年らは3月8日、同市一番町の質屋に盗んだ時計を買い取らせ、質屋から現金19万円をだまし取ったとして、4月20日に詐欺容疑で逮捕された。
(5月12日 産経新聞より引用)

「ガラス破り」で事務所に侵入し、現金、商品券、キャッシュカードなどを盗み、質屋にて換金。
堂々たる泥棒の手口で、常習ではないか?と疑ってしまいます。
事務所の場合、夜間は確実に無人です。
何も防犯対策がされていない場合は、建物の中に入ってしまえば朝まで時間をかけて犯行を行っても犯行に気がつかれる可能性は低い、ということになります。
もちろん泥棒は、できる限り現場から早く退散したいと考えます。
というのは、「自分の顔を近所の人に見られる可能性が高くなるのを恐れる」からです。

それでも、何も防犯システムが設置されていない事務所、というのは泥棒にとっては侵入しやすい環境なのです。
泥棒は安全性、容易性、確実性を考えて侵入対象を決定します。
安全に犯行を終えることができるか?簡単に侵入できるか?確実に金目のものが手に入るか?
夜間無人の事務所は、この泥棒の好きな環境です。
「お金を置いていない」とお考えの経営者も多いですが、金庫の小銭、切手、印紙、そしてノートパソコン。ノートパソコンは現金化できるため現金を机の上に置いているのと同じなのです。

泥棒には「ここはやばいのでやめよう」と思わせ、狙われないようにするのが一番です。
そのための事務所向け防犯対策は、「予防」を重視した音・光でその場で威嚇撃退する「自主機械警備システムNEXT」がお勧めです。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2010年5月12日)|記事URL| あとで読む

勤務していたときに作った合鍵で窃盗

レストランへの侵入窃盗。
「ガラス破り」「錠破り」といった侵入手口ではなく「合鍵の使用」での侵入でした。


●鎌倉署は10日、建造物侵入と窃盗の疑いで、逗子市池子1丁目、アルバイト店員の容疑者(37)を逮捕した。
4月8日午前1時半から11時半ごろまでの間に、鎌倉市内のレストランに侵入し、現金約15万円を盗んだとされる。
同容疑者はことし1月まで同店で働いていた。
その間に作った合鍵を使い、侵入したという。店の周囲をうろつく姿を目撃されていたという
(5月10日カナロコより一部引用)

従業員やアルバイトが辞めたときに、錠前の交換をきちんとしている店舗や企業はあまりないのではないかと推測します。
しかし、実際にはこういう「合鍵」を使用しての侵入窃盗被害が発生しているのです。
平成21年上半期には、事務所で409件、店舗で222件、一戸建て住宅で380件、マンションなど共同住宅では933件もの「合鍵」による侵入窃盗が発生しています。

企業や店舗で、従業員が辞める度に錠前を交換したり、鍵の保管場所、保管方法を変更していたり、金庫の暗証番号や鍵保管場所を変更されている会社は非常に少ないのが現状です。
コスト面もありますが、頻繁なためついついめんどくさい、というのが実情でしょう。
しかしながら、「合鍵」を使用しての侵入窃盗は現実にこれだけ発生しているのですから、防犯対策は必要です。

もっとも簡単な方法としては、キーボックスによる鍵保管があります。
鍵を暗証番号ロック付きの安全ボックスに入れて保管するというもので、従業員が辞めたら暗証番号を変更すれば錠前を交換する必要はありません。

又、警備システムなどに連動し、こじ開けられた場合にはベル・サイレンなどをその場で鳴らしたり、メールで管理者に異常通報することも可能です。
自主機械警備システムNEXT

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2010年5月11日)|記事URL| あとで読む

セキュリティハウス企業キャラクター 川口能活選手W杯日本代表に復帰

「南アW杯 日本代表を発表...楢崎、川口は4大会連続」の文字が目に飛び込んできました。
セキュリティハウスの企業キャラクターでもある川口能活選手がW杯日本代表に復帰しました。


●6月11日に開幕するサッカーのワールドカップ(W杯)南アフリカ大会に出場登録する日本代表23選手が10日午後、日本サッカー協会から発表された。「うまい選手を上から23人選ぶわけではない。その選手に求める役割を考える」と語っていた岡田武史監督。W杯アジア予選などで活躍した選手を中心に、故障で招集されていなかったベテランGK川口能活(磐田)も選んだ。

 日本がW杯初出場を果たした98年フランス大会から4大会連続で選出されたのはGKの楢崎正剛(名古屋)と川口。
 5月10日 (毎日新聞)より抜粋

サプライズは川口、といった見出しのニュースもありました。
岡田監督は「ずっと川口を見てきた」と話しています。故障でジュビロ磐田での復帰も先日はたしたところでしたが、故障しても代表復帰を目標に努力していた姿勢が評価されたのだと思います。
故障というどん底から手術、リハビリ、実戦復帰・・と努力を続けていた川口選手の強靭な精神力は、世界でのどたんばで絶対に武器となると思います。
 
一歩前に出る守備で日本のゴールを守る
攻める守備はセキュリティハウスの予防を重視した防犯の考え方と同じです。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2010年5月10日)|記事URL| あとで読む

滋賀 駐車場でカーナビ窃盗多発

滋賀県草津市内で6日午後2時ごろから7日午前8時40分ごろにかけて、民家の駐車場などに止めた乗用車からカーナビゲーションなどが盗まれる被害が7件相次ぎました。
被害総額は約150万円。
現場は半径1・5キロ以内に集中し、草津署は同一犯による連続窃盗とみて捜査しています。

同署によると、午前8時40分ごろ、同市追分町の会社員男性(45)が、自宅の駐車場に止めた乗用車の助手席横の窓ガラスが割られ、カーナビ1台が盗まれていると同署に届け出ました。
このほか、月極駐車場などでも被害が発生。
7件のうち6件が同一メーカーの純正カーナビでした。

同署によると、4月には、草津市と栗東市で24件のカーナビの盗難が発生したということです。
<5月7日22時49分配信 京都新聞より>

月極めの駐車場に置かれた車だけでなく、民家の駐車場に置いている車も狙われています。
家人が家の中にいる深夜や朝方の犯行も多く、大胆な手口と言えます。
多少音を出しても気付かれないということでしょうか。
また、被害に遭った現場の防犯対策防犯カメラの有無やシャッターの有無などは分かりませんが、おそらく何も設置されていないところばかりが狙われたのではないでしょうか。

民家における防犯対策というものはまだまだ普及しているとは言えません。
建物に対しても無対策のところが多いでしょうから、駐車場は言うまでもありません。
しかし、冷静に考えてみると、シャッターがついていない駐車場の場合、屋外もしくは半屋外に車をただ置いていると考えると恐ろしくなります。

昼間や夜間でも人の行き来がある場合は問題ないでしょうが、深夜もしくは早朝となるとほぼ無人ということになります。
大きな音さえ出さなければ、屋外で堂々と犯行を行うことができるということになります。
シャッターや防犯カメラがついていない家を探せばいくらでもターゲットはあります。

逆に言えば、シャッターや防犯カメラがついている家はターゲットにならない可能性が高いと言えますから、それが事前に防犯対策を行う大きな効果です。
シャッターや防犯センサー、防犯カメラを設置するなど「ハード」面での防犯対策には費用がかかります。
そんなにお金は掛けられないという人も多いと思いますが、車自体が非常に高価なものです。
それを守るためにはある程度のお金が掛かると考えれば納得できるかもしれません。

自動車保険というものがありますが、被害に遭って保険金を請求すると「等級」が下がってしまい、保険を申し込む為の保険料が上がってしまいます。
その下がった等級が続くことになりますから、長期的に考えると、保険料のアップ及び負担額は相当なものになる場合があります。
そう考えると、「保険」だけに頼るのはリスクがあります。
「保険」と「防犯システム」をうまく併用し、万が一の被害に対して備えるのが賢い方法ではないでしょうか。
駐車所のセキュリティ(ホームセキュリティ)

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2010年5月08日)|記事URL| あとで読む

20年以降 近畿で72件 消火器「攻撃」悩める教会 


 ■見えない動機 犯人名乗る手紙も 

 キリスト教の教会や関連施設に消火器が相次いで投げ込まれている事件で、被害は平成20年以降、大阪や兵庫など近畿2府2県で少なくとも計72件に達することが7日、各府県警への取材で分かった。プロテスタント系の教会ばかりが襲われ、一部には犯人を名乗る人物から手紙が届いていたことが判明。ミニバイクで逃走する男が防犯カメラに写っていたケースもあった。狙いの見えない犯行に教会関係者に不安が広がっている。

 「ついに来たか」。先月22日に被害にあった兵庫県宝塚市の教会の牧師は、投げ込まれた消火器を見て思った。

 午前5時前、女性スタッフからの知らせを受け、確認すると、玄関脇の高さ約2メートルのガラス窓に直径約30センチの穴が開いていた。床には消火器と倒れた植木鉢。消火器は安全レバーを外して投げ込まれたとみられ、消火剤が噴射されていた。

 一連の事件は20年夏ごろから始まり、被害はこれまでに大阪、兵庫、京都、滋賀の各府県で計72件。いずれも深夜から未明に起きており、教会のほか関連の学校や保育園が狙われたケースもある。けが人はなく、各府県警は器物損壊容疑で捜査している。

 昨年末から今年初めにかけて犯行は止まっていたが、先月に入ってから大阪、兵庫両府県で再び続発している。先月27日に大阪市旭区の教会が襲われた事件では、近くの商店街に設置された防犯カメラに犯行の一部始終が写っていた。

 関係者によると、午前4時20分ごろ、黒っぽいダウンジャケットを着た男が、消火器を教会に投げつけた後、ミニバイクで逃走。消火器は破裂したとみられ、ピンク色の煙が上がっていたという。

 一方、大阪、兵庫などの複数の教会に今年1月以降、犯人を名乗る人物から、事件への関与を認める手紙が郵送された。

 昨年11月に被害を受けた大阪市内の教会には今年1月下旬、封筒に入ったA4判7枚のワープロ打ちの手紙が届いた。事件の犯人と名乗ったうえで「親族や友人に不幸があり、教会を攻撃すれば止まると思った」などと記されていた。

 ほかも同様の内容とみられ、各教会から提出を受けた警察は、犯人からのものか慎重に調べている。

 一連の事件を受け、約500の教会が加盟する「近畿福音放送伝道協力会」(大阪市)は、月に1度発行する機関誌で、防犯カメラや強化ガラスの設置などを呼びかけている。

 担当者は「警戒を強めすぎると、地域の人や信者が来にくくなるかもしれない。こういう状況だから仕方ないのかもしれないが、教会にとっては複雑な心境だ」としている。
                  ◇

 ■愉快犯にシフト

 犯罪心理学者の桐生正幸・関西国際大教授の話「当初は個人的な恨みなどを抱えた人物が、教会を狙って犯行を始めたとみられる。それが次第に、消火器の投げ込み自体を『自分がやった犯行だ』とアピールする愉快犯へとシフトしていったのではないか。警戒が強まった年末以降、一時的に犯行が止まっていた点やプロテスタント系の教会のみが集中的に被害にあっている点から、計画的に犯行に及んでいる疑いがある」
(5月7日 産経新聞より引用)


敷地の中に不審者を入れない防犯システム

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2010年5月08日)|記事URL| あとで読む

仏像を盗み自転車で運ぶ泥棒

仏像盗難、まだまだ続いています。


●寺から仏像を盗んだとして、和歌山県警和歌山東署は27日、和歌山市有本、無職男(75)を窃盗容疑で逮捕した。

同日午前7時から午後0時45分にかけて、同市元寺町北ノ丁、高野山真言宗覚樹院高野寺の前堂から、木製の仏像(高さ85センチ、重さ約4・3キロ)を盗んだ疑い。

 同寺住職(63)が、前堂から不審な男が逃げ出すところを目撃、仏像がなくなっていることに気付いて110番。警戒中の同署員が、自転車に仏像を載せて帰宅した容疑者を見つけ、緊急逮捕した。

 住職によると、盗まれた仏像は高野山の杉で彫られ、江戸時代初期から同寺に安置されていたと伝えられている。
(読売新聞4月28日より引用)

仏像盗難が全国で発生している、ということはどのお寺でも認識されているようですが、なかなか防犯対策を実施しようと思っても、予算的な面で躊躇されている、ということが多いようです。
実際に、広大な敷地全体を守るための外周警備用赤外線センサーなどを設置すると、やはりある程度の費用は必要となります。

しかし、万が一仏像が盗難されてしまったり、放火されてしまえば、取り返しがつかないことになります。
先日大原寂光院で放火で焼け爛れて炭のようになった仏像を拝観しました。
ガラス越しでしたが、衝撃でした。「取り返しがつかない」ということを実感しました。

お寺の場合、リース又はレンタルでセキュリティシステムを導入することができます。
レンタルの場合は3年からの契約が可能です。月々数万円〜数千円であれば費用を捻出することができるお寺も多いのではないかと思います。
予算の中で最大限の効果を実現、そのためには「自分で守る」をコンセプトにしたネットワークを活用した自主機械警備システムNEXTがお勧めです。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2010年5月07日)|記事URL| あとで読む

1  2  3

防犯ブログ

シェア
RSS購読

ページの先頭へ戻る

?