1. HOME
  2. 防犯ブログ
  3. 侵入手口(学校)

防犯ブログ

中学校から運動靴盗み売却

仙台市内の中学校の体育館に侵入し、運動靴を盗んだとして、仙台南署は15日、窃盗などの疑いで、同市太白区の専門学校生の少年(19)を逮捕しました。

逮捕容疑は7月22日午前11時ごろから25日午前11時ごろまでの間、同区の中学校の体育館に窓から侵入し、更衣室にあった運動靴10足(時価10万円相当)を盗んだとしています。

同署は、運動靴を盗品と知りながらリサイクル店に売却したとして、盗品等処分あっせん容疑で、少年と同じ専門学校に通う宮城県岩沼市の少年(19)も逮捕した。

2人は友人で、同署は、売却金を目的に役割を分担して犯行に及んだとみて、詳しい経緯を調べています。
<産経新聞9月16日(金)17時15分配信より>

中学校の体育館から運動靴を盗むという珍しい手口です。
性的な目的での体操着盗難等は時々見られますが、10足で時価10万円相当ということですから、盗む価値もあるということでしょうか。
7月22日から25日までの間に発生したということですが、夏休み中で生徒も少なかった時間帯の犯行かもしれません。

夏休みに限らず、土日祝日など明らかに人が少ない日というものが決められていますから、学校というのはある種狙い目、狙われやすい対象になる可能性があります。

音楽室や視聴覚室にはテレビや録画装置など置いていますし、美術室には絵画などもあります。
職員室には、現金や職員が使用するノートパソコンがあります。
同じく職員室には生徒の個人情報を記載したデータや書類、入試問題などの重要書類も保管されている可能性もあります。
学校というのは意外に狙われる要素を含んでいるということです。

もちろん生徒自身の身の安全も大切です。
守る、つまり犯罪を防ぐための対策を講じる必要があるということです。
学校・幼稚園の防犯対策

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2011年9月20日)|記事URL | あとで読む

山形 深夜の幼稚園に中国籍の男侵入

県警などは22日、中国籍の住所不定、無職の男(33)を窃盗と建造物侵入の疑いで再逮捕しました。
「知らない」と容疑を否認しています。
県警捜査1課によると、男は中国人らによる広域窃盗グループのリーダー格とされ、県警が京都府警、広島県警と合同で捜査していました。

逮捕容疑は、7月6日午後11時ごろ、寒河江市の幼稚園に侵入して現金約14万円を盗み、翌7日午前0時ごろ、同市の保育所に無断で侵入したとしています。
同課によると、同日午前2時ごろ、天童市内の保育園に侵入し、県警が建造物侵入容疑で逮捕。
余罪を調べていました。
<毎日新聞8月23日(火)11時41分配信より>

営業(開業)時間内・外を問わず、外部から勝手に侵入できる環境というのはお勧めできません。
悪意を持って侵入してくる者もいますから、容易に侵入できないような対策が必要です。

特に幼稚園や保育所、小学校など子供たちを預かっている環境の場合、侵入対策が不完全だと安心して遊んだり、勉強できません。
また、子供たちを預ける親の立場から言っても安心して預けられない、信頼できないということにもつながる可能性があります。
少子化が進み、一人っ子の家庭が増えてきました。
そうなると、両親は一人の子どもに愛情を注ぎ、それがおかしな方向に進んで、子供を心配するあまり「モンスターペアレンツ」と呼ばれる過保護でクレーマーのような存在が増えてきています。

学校側としても、侵入者対策だけでなくモンスターペアレンツ対策としても、きちんとした環境の整備が求められます。
万一の対策として、自分たちはここまで対策を行っていた、ということがはっきりと説明できるように、事前の取り組みが必要です。

その為には、防犯カメラ、防犯システムの設置、警備員の巡回や、子供たちの安全対策など、様々な対策を行わなければなりません。
安心・安全は勝手に与えられるものではなく、自分で求めるものに変わりつつあります。
学校・幼稚園の防犯対策

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2011年8月26日)|記事URL | あとで読む

東大 研究室から現金盗難

事件があったのは文京区の東京大学薬学部で、22日朝、「薬学系総合研究棟」の窓ガラスが割れているのを職員が見つけ、通報しました。
警視庁が調べたところ、9階のロッカーにあった手さげ金庫などから現金およそ11万円が盗まれていたということです。

犯人は人気のない深夜を狙って9階までよじ登り、外から窓を破って侵入したとみられています。

東京大学では2月にも現金やパソコンなどが盗まれる事件が起きていて、警視庁は関連を含め、窃盗事件として捜査しています。
<TBS系(JNN)5月24日(火)12時57分配信より>

2月にも盗難事件が発生したようですが、その時は再発防止の為の防犯対策は実施していなかったのでしょうか?
それとも、今回の犯人が9階までよじ登って侵入するという手口だった為、想定外の犯行だったのでしょうか。
9階までよじ登って外から侵入したということですが、容易によじ登れる環境だったのか、それとも犯人が木登りが得意だったのか・・・。

どちらにしても9階から侵入されるとは考えていなかったのでしょう。
高層マンションなど屋上から侵入するケースなどが報道されますが、あくまでも特別な例で、普通は起こり得ない手口だという認識の人が多いでしょうが、実際に発生している手口です。

ここからは大丈夫だろうという少しの油断が思わぬ事態を招くことがあります。
大丈夫だと思うが、対策を検討してみようというぐらいの意識でいなければなりません。

また、一度被害に遭った場合だけでなく、未遂に終わったり、近所で発生したとしましょう。
それを放っておくと、再び被害に遭うもしくはもっと大きな被害を被る危険性を放置しているのと同じことです。
犯人が捕まらなかった場合は、同じ犯人が味をしめてもう一度、と侵入を試みるかもしれませんし、一度侵入被害に遭ったところは、何らかの狙われやすいポイントがあるということです。
このような弱点は、プロの泥棒であれば、誰でもが気付くポイントです。

2度も3度も泥棒に入られたというお宅がありますが、それは狙われやすい弱点がそのままになっているから、ということが多いのではないでしょうか。(もちろん、きちんと対策をしているのに何度も狙われるという不運なお宅もあるでしょうが・・・)
泥棒の好きな家

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2011年5月27日)|記事URL | あとで読む

京都 中学校のガラス割られる

城陽署は7日、城陽市立北城陽中学校(同市平川長筬(なぐさ))の窓ガラスを金属棒で割って侵入していた市内在住の高校1年生の少年(15)を建造物侵入容疑の現行犯で逮捕しました。

同署によると7日深夜、同校近くの住民が「ガラスの割れる音がする」と110番。
駆けつけた同署員がプール脇の物陰に身を隠す少年を発見しました。
少年は「窃盗目的で入った」と供述していますが、物が盗まれた形跡はないということです。
<産経新聞5月9日(月)7時57分配信より>

中学校に窃盗目的で侵入した高校生が逮捕されました。
ガラスを割った後、プールの物陰に隠れていたところを逮捕されたという、いかにも素人の犯行でしたので、被害はガラスが割られただけで済みました。
思いつきの犯行かもしれませんが、中学校内に金目の物があると踏んでの犯行でしょうか。

職員室には職員のパソコンや金庫内には現金が保管されているかもしれません。(給食費など)
音楽室には楽器、美術室には美術品、視聴覚室にはテレビや録画装置、理科室には劇薬など狙われそうなものはたくさんあります。
それ以外にも生徒の下着やユニフォームなどを狙う下着泥棒などもいますから、生徒の安全面なども考えると様々な防犯対策が必要です。

学校というと、窃盗被害に遭うようなものはない、または少ないと思いがちですし、犯罪とはどこか無縁という印象があるかもしれませんが、意外に被害が多いところと言えるかもしれません。

学校内への不審者対策などばかりが注目されますが、それ以外の防犯対策も考えなければなりません。
学校・幼稚園の防犯対策

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2011年5月11日)|記事URL | あとで読む

6大学荒らしの男 偽のセールスマンになりすます手口で忍び込む

弘前大学で現金を盗むなどしたとして、建造物侵入や窃盗、詐欺の罪に問われた住所不定、無職の男(52)に対する判決公判が1日、青森地裁弘前支部(野村充裁判官)でありました。
野村裁判官は「計画的で悪質だ」として、懲役5年(求刑・懲役6年)を言い渡しました。

野村裁判官は「立ち入りが比較的容易な大学を狙い、偽のセールスマンになりすまして忍び込む職業的な犯行」と指摘しました。

判決によると、男は06年4月~10年5月、青森や秋田、広島などで六つの大学に侵入し、現金約158万円などを盗んだほか、6カ所のホテルで無銭宿泊(被害額約16万円)しました。
<毎日新聞3月2日(水)11時2分配信より>

先日、東京大学での盗難事件を紹介しましたが、青森や秋田、そして広島など6つの大学に侵入した男の手口です。
おそらく事前に下見を行い、大学内に入り易いかどうかをチェックし、さらに偽のセールスマンになりすます手口ということです。
立ち入りがしやすかった具体的なポイントは分かりませんが、キャンパスをうろついても不審がられない、隠れられる場所がある、防犯カメラが設置されていない、職員や警備員がいない(または少ない)などでしょうか。

例えば、夜間性の大学の場合、生徒は十代、二十代の年齢だけではありません。
仕事帰りのサラリーマンや主婦など社会人も大勢います。
そういう大学の場合、昼間であろうと、図書館を利用する社会人がキャンパス内に居たとしても何ら不思議ではありません。
また、工事業者や教材などのセールスマンを装えば、怪しまれることもないのでしょう。

立ち入りが容易な大学というのは、様々な意味が含まれているはずです。
犯罪者にそのような大学だという印象を与えてはいけません。
今回は犯人が捕まりましたが、また別の犯罪者に狙われる危険性がなくなった訳ではないのです。

犯罪者から狙われる脆弱な部分、つまりもろくて狙われやすい弱点を放置したままでは何の解決にもなっていません。
それらを速やかに改善し、犯罪者が犯行を起こしにくい環境をつくることで、自然と狙われることが少なくなるのです。
そのための事前の防犯対策の実施です。
学校の犯罪事情
大学の防犯対策

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2011年3月03日)|記事URL | あとで読む

東京大学で盗難相次ぐ 無施錠狙われ現金、ノートパソコンなど盗まれる

東京大学で今月、窓ガラスを割られ、現金を盗まれるなどの被害が相次いでいることが21日、警視庁目黒署などへの取材で分かりました。

同署によると、18日午後2時ごろ、東京都目黒区の駒場キャンパスで、男性職員から「泥棒に入られた」と110番がありました。進化認知科学研究センター事務室の窓ガラスが割られ、現金約15万円と複数のUSBメモリーが盗まれていました。
17日深夜に職員が施錠して退室しており、同署は翌18日の出勤までの間に何者かが侵入したとみています。

同キャンパスでは10日から14日の間にも、先端科学研究センターの窓ガラスが割られ、現金約7万円が盗まれる被害があり、同署は連続窃盗事件の疑いもあるとみています。

文京区弥生の東大分子細胞生物学研究所では18日午前10時ごろ、1階の部屋で、女子学生(23)が卓上のノートパソコンがなくなっているのに気付き、交番に届けました。
部屋は無施錠で、同庁本富士署は窃盗事件として捜査しています。 
<時事通信2月21日(月)13時36分配信より>

昨日のブログで、京都の同志社大学の学生が駐輪場の防犯対策に関する調査を行っていると紹介しましたが、皮肉にも今度は東京大学で盗難事故が発生しているというニュースです。
現金、ノートパソコン、USBメモリーの盗難被害などが発生しているようです。
窓ガラスが割られての侵入や部屋が無施錠の場合もあるようです。

小学校、中学校などで窓ガラスが割られたり、職員室から現金やノートパソコンが盗まれる事件が発生していますが、大学でも盗難事件が発生するようになりました。
大学の方が規模が大きいので必然的に現金や金品なども多く置いているでしょうから、余計に狙われやすいという点があるでしょう。
学生を装えば、キャンパス内に入ることは簡単です。
人がいなくなるまでトイレなどに隠れ、その後、犯行を行うという場合もあるでしょう。
無施錠や防犯システムが導入されていない大学となれば、余計に狙われやすくなります。

大学内に防犯カメラや防犯システムが設置されていると違和感を感じる人もいるかもしれませんが、監視よりも防犯目的で見守られている安心感を感じる人の方が多いと思いますし、理解も得られるでしょう。
これを機に大学での防犯対策が見直されるかもしれません。
一度侵入盗難被害に遭い、その後、何も対策をしなければ、また別の侵入者による被害が発生する可能性があります。
最も良いのが被害に遭う前に対策を講じることですが、そうでない場合も事後に対策をすることが必要です。
大学向けセキュリティシステム

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2011年2月23日)|記事URL | あとで読む

盗品をリサイクルショップに持ち込み 捜査員と鉢合わせで逮捕

大学構内の軽音楽部の部室からギターを盗んだとして、神奈川県警平塚署は窃盗の疑いで、いずれも東海大3年の男(21)=平塚市北金目=と別の男(21)=秦野市北矢名=を逮捕しました。
両容疑者は容疑を認めているということです。

同署の調べでは、両容疑者は6日午後9時半~7日午前8時半、平塚市土屋の神奈川大湘南ひらつかキャンパス内の軽音楽部の部室に侵入し、ギター12本(時価83万5千円相当)を盗んだ疑い。

同署によると、15日午後1時ごろ、厚木市内のリサイクルショップに聞き込みのため捜査員が訪れたところ、盗んだギターを売るために来店した両容疑者と鉢合わせになったという。
<産経新聞 10月16日(土)23時7分配信より>

何度かこのブログで学校の犯罪が増えてきている、狙われる要因がいくつかある、と述べてきました。
今回盗難事件が発生しましたが、大学の軽音楽部の部室からギターが盗まれたということです。
学校には吹奏楽部や音楽室に高価な楽器が保管されています。
部屋に特に鍵がかけられていることも少ないでしょうから、建物内にさえ入ることができれば、その部屋までは容易に入ることができます。

その他にも、教員室には生徒の個人情報が入ったノートパソコンや現金、視聴覚室にはテレビやモニター、更衣室には生徒の着替えなどもあり、犯罪者が欲しがる様々な物があると言っても過言です。
つまり、狙われやすい業種の一つであると考えることもできます。

しかし、一般的には、学校でとられているのは不審者・暴漢の侵入対策が主な防犯対策ではないでしょうか。
侵入窃盗対策はあまり重要視されていない傾向があります。
生徒の安全はもちろんですが、その他にも盗難防止の為の対策も必要な時代ではないでしょうか。
学校・教育施設の防犯対策

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2010年10月18日)|記事URL | あとで読む

東京 大学から現金500万円入りの金庫盗まれる

東京・小金井市にある東京学芸大学で、現金約500万円が入っていたとみられる金庫が盗まれていたことがわかりました。

警視庁などによると、22日午後7時ごろ、東京学芸大学の学生から「金庫が盗まれた」と110番通報がありました。
警視庁が調べたところ、課外活動用施設の1階の学生自治会室にあった縦・横約50センチ、高さ約60センチの金庫がなくなっていました。
通報した学生らの話では、学生から集めた自治会費約500万円が入っていたという。

部屋の中には何かを引きずったような跡があるということで、警視庁は窃盗事件として捜査しています。
<日本テレビ系(NNN)9月24日(金)21時47分配信より>

盗まれた現金は学生から集めた自治会費約500万円ということですが、大学でしかも自治会室という学生が管理している部屋の金庫に500万円もの大金が一次的とはいえ置かれていることに驚きます。
内部事情をよく知る者の犯行でしょうか。

きっと金庫に入れておけば大丈夫だろうと考えていたのでしょう。
縦横50センチで高さ60センチの金庫ということですから、そう簡単には盗まれないだろうと思っていたのでしょうが、引きずられて外に持ち出されたと思われます。

大学内では建物が放火されたり、生徒がトイレでタバコを吸うなど火災対策も需要があるようです。
また、学生課や就職課などではパソコンや生徒の個人情報などもありますから盗難対策も必要です。
重要施設などへの入退出管理や履歴確認ができることも求められていますし、防犯カメラを設置するところも増えてきています。
学生が安心して学生生活を送れるようにと、大学側もセキュリティを充実させる動きが出てきているようです。
もし、対策が不十分なところがあればぜひご検討下さい。
大学向けセキュリティシステム(大学の防犯対策)

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2010年9月25日)|記事URL | あとで読む

横浜 大学生の男が高校に侵入し女子トイレのぞき

中央大学の学生の男が神奈川・横浜市緑区の高校の女子トイレに侵入し、現行犯逮捕されました。
中央大学1年の学生の男(18)は6日午前10時ごろ、横浜市緑区の高校の女子トイレにのぞき目的で侵入し、建造物侵入の現行犯で逮捕されました。

この高校では、6月末から校舎内で女子生徒が男に下半身を触られるなどの被害が少なくとも4件起きています。
<フジテレビ系(FNN)9月7日(火)6時37分配信より>

午前10時ごろということは授業中に男が校内に侵入したということです。
学校周辺の詳しい状況は分かりませんが、誰でも侵入できる無防備な状況だったということでしょう。
このような状況は非常に危険です。
学校に不審者が侵入し、児童を殺傷する事件が発生したときは、どこの学校も自分の学校は大丈夫か?対策はできているか?と心配し、自分の問題として考えるものです。

しかし、その事件が過ぎると、もうその問題は解決した、自分とは関係がないと考えてしまうものです。
その一瞬の油断をついて犯罪者は犯行を行います。
あのとき対策をしておけば、という更改をしないための事前の防犯対策です。
女性の防犯対策

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2010年9月07日)|記事URL | あとで読む

「のこぎりで切ったろか」「包丁で切ったろか」長岡京市立長岡第八小学校に男侵入

小学校にのこぎりを持った男が侵入しました。


●長岡京市立長岡第八小学校に侵入したとして、向日町署は6日、同市久貝、無職男(35)を建造物侵入容疑で逮捕した。
 5日午後4時15分ごろ、同市勝竜寺の同小敷地内に正当な理由なく侵入したとされる。
自転車に折り畳み式のこぎりを積んでおり「近くで草刈り作業をしていて、手が汚れたので洗おうとした」などと供述しているという。
 同小によると、5日午後2時50分ごろ、下校中の2年の男児と女児が折り畳み式刃物を持つ男に「のこぎりで切ったろか」「包丁で切ったろか」と声を掛けられたと保護者から通報があった。さらに、同3時20分ごろには下校中の3年男児が自転車を押す男に話しかけられたと保護者から通報があり、教職員らが警戒していたところ、校内で容疑者を見つけ110番通報したという。同署では児童への声掛けとの関連を調べている。
(7月7日 毎日新聞より引用)

のこぎりを持った男が小学校に侵入、というのはちょっとショッキングな内容のニュースですが、
実際には何も被害がなくて良かったと思います。
小学校の下校時間ということで侵入できたのかどうかはこのニュースだけでは不明です。

宇治市でも昨日中学生がカッターナイフを持っている男に切りかかられるという事件があったようです。
小学生の姪は、下校時に注意するように書かれたプリントを持って祖父母の家により、そこから乗用車で送迎してもらっていました。

小学校の場合、池田小学校の事件で外周警備や防犯カメラ、緊急押しボタン、刺すまたなど防犯対策がその時には進みましたが、今現在どこまできちんとそうした防犯システムを運用し、防犯意識を持ちつづけているかはちょっと心配です。
のどもと過ぎて熱さ忘れる・・・といったことにならないようにもう一度防犯対策を見直ししていただく機会にしましよう。
学校・教育機関の防犯対策

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2010年7月07日)|記事URL | あとで読む

1  2  3

防犯ブログ

シェア
RSS購読

ページの先頭へ戻る

?