1. HOME
  2. 防犯ブログ
  3. 金属盗難

防犯ブログ

相次ぐ金属盗難

先日、千葉県鴨川市のホテルより純金製の浴槽が盗まれた事件も記憶に新しいですが、公共の設備を奪う事件も相次いでいます。

三重県松坂市と紀北町で31日、ガードレールや車止めなどが相次いで盗まれました。
盗まれたガードレールは工事現場に野積みされていた使用済みのもので、125メートル分(重さ950キロ)だったということです。金額に換算すると新品で30万円相当、鉄材としては2万円相当になることから、松坂署では換金目的による窃盗として調べを進めています。
また同日、紀北町では臨海公園内の遊歩道へ車両の進入を止めるステンレス製の車止め3本(重さ約39キロ、16万円相当)が盗まれています。

金属価格の高騰を受けて頻発する金属盗難。ニュースや新聞等で報道されるたび、「またか」という気持ちになります。
特に最近多く狙われているのが、建築現場等の資材置き場です。
敷地内に入らせないためにも、抑止力の高いセキュリティの導入を検討されてはいかがでしょうか。

【防犯泥棒大百科】金属盗難が各地で横行

【資材置き場映像確認システム】

続きを読む

投稿者:スタッフ(2007年6月01日)|記事URL | あとで読む

ベンチでバーベキュー?

鳥取県で共に無職の兄(58)と弟(56)が窃盗容疑で逮捕されました。

兄弟は、19日午前10時半ごろ、鳥取市用瀬町の運動公園のアルミ製ベンチ(5万円相当)を盗み、別の運動公園内に隠した疑いです。
2人は容疑を認めており、「バーベキューの鉄板に使いたかった」などと話しているようです。

今、大流行している金属盗難の中でも、盗難の目的が「バーベキューを行う」ということなので少し毛色が違うように感じます。

それにしてもいい年をして、やって良いことと悪いことの区別がつかないとは。

先日も、母・伯母・祖母の一家で役割分担して万引きを行っていたという事件がありました。
最近、兄弟・家族ぐるみの犯罪が目立ちますが、家族の中で犯行を止めようとする者はいなかったのでしょうか。
血の繋がりでしょうか、それとも生活を共にする中で思考回路までもが似てくるのでしょうか・・・。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2007年5月21日)|記事URL | あとで読む

今度は滑り台まで・・・

金属の盗難事件が相次ぐ中、埼玉県の公園でステンレス製の滑り台の滑降部分が相次いで盗まれていることが分かりました。

被害にあったのは埼玉・栗橋町の大沼公園の滑り台で、先月15日、巡回していた町役場の職員が、滑り台のステンレス製の滑降部分がなくなっているのを見つけました。
残された滑り台は、飛び込み台のような形になっていて、子供が遊ぶと危険なため、町が撤去したということです。

さらに、先月23日に、栗橋町にある別の公園でも、同じく滑り台のステンレス製の滑降部分だけが盗まれているのが見つかりました。
被害総額は、2つの滑り台、合わせて時価50万円から60万円相当とみられています。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2007年3月05日)|記事URL | あとで読む

こんどは「給水菅の蛇口」。

今、茨城県が最も頭をかかえている犯罪といえば「金属盗難」ではないでしょうか?
青銅製の半鐘や道路の側溝にある金属製のふた(グレーチング)の盗難が多発していましたが、今度は水田の給水菅の蛇口が合計56個盗まれました。

蛇口は銅の合金製または鉄製で、多くは高さ約10センチ、直径約5センチ。1個1000〜5000円相当。
水田1区画ごとに設置されている給水管に付けられています。
冬場はほとんど使用されていないということです。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2007年2月26日)|記事URL | あとで読む

鉄板1.8トン盗まれる。クレーン車を勝手に使用しての犯行

全国で銅や鉄製品が盗まれる被害が多発しています。

・17日静岡県富士川第一発電所で、廃材置き場にあった長さ1・5メートル、直径13センチ、重さ10キロの銅線8本(計1万4000円相当)(発電所のコイルとして使用していたもの)

・16日長崎県唐津市鎮西町申浦の海岸に設置してあったステンレス製の防潮扉3枚。扉は幅1メートル高さ80センチのものが2枚、幅3メートル高さ90センチのものが1枚。設置場所は約600メートルの範囲内という。被害額は計約170万円。

・茨城県内では常総、つくば、筑西市で半鐘が盗まれる事件が相次いでいます。

そして愛知県津島市莪原町の運送業の敷地内で、保管していていた鉄板(縦約6メートル、横約1.5メートル)約100枚(被害額約1900万円)が盗まれていたことが22日、分かました。

鉄板1枚約1.8トンで被害に遭った総重量は約180トンで、大型車が作業現場を通行する際に使用するもので、屋外の敷地に山積みされていました。

19日午前8時から20日午後8時までの間に、敷地内に止めてあった同社のクレーン車が勝手に使われた形跡があり、この間に、被害に遭ったとみられます。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2007年2月23日)|記事URL | あとで読む

半鐘の盗難が相次ぐ 茨城、栃木県

茨城、栃木県内の火の見やぐらなどにつるされた半鐘の盗難が相次いでいます。

 茨城県では20日、新たに9個盗まれていたことがわかり、栃木県と合わせた被害は計35個。
両県警は連続窃盗事件として捜査、消防団などは半鐘を取り外したり、ワイヤを取り付けるなどの対策に追われています。金属の価格高騰を背景にした転売目的の犯行とみられています。

 茨城県では結城市やつくば市など、県南西部を中心に8市で計24個、県境を接する栃木県小山市、野木町、藤岡町でも計11個が盗まれた。大半が消防団や自治会などが管理する郊外の火の見やぐらにつるされていた青銅製の半鐘で、被害額は茨城分が約280万円、栃木分が約180万円。

まさか半鐘が盗まれるとは、今まで誰も思っていなかったことから、ニュースなどで知って確認したら盗まれていたというのが多く、いつ盗まれたかも特定できないケースも多いようです。
もはや、「どんなものでも盗まれる時代」と考えた方がいいと思います。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2007年2月21日)|記事URL | あとで読む

[銅線窃盗団」

<銅線窃盗団>価格高騰…転売狙う 群馬・男女6人逮捕・・なんていう見出しが目に付きました。
ついに銅線窃盗団なんていう名称がついたのですね。「爆窃団」と同じような感じですよね。

高騰する銅の転売を狙い大量の銅線を盗んだとして、群馬県警捜査3課などは27日、ベトナム人窃盗グループの男女6人を窃盗容疑などで逮捕しました。

工場などから銅が盗まれる事件は同県だけで今年1月以降約100件(被害総額約8000万円)発生。埼玉、栃木など全国でも被害が発生しています。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2006年11月29日)|記事URL | あとで読む

銅や鉄の盗難 まだまだ全国で相次ぐ

全国で相変わらず「銅や鉄を盗む」犯罪が多発しています。
11月5日午前11時頃、京都府井手町多賀の電気設備店で、男が敷地内から電線の束を盗んで自転車で逃げるのを近くの人が発見、110番通報しました。
男性は車で男を追いかけ、約20分後に町内で発見。駆けつけた警察員が窃盗容疑で逮捕。盗まれた電線の重さは計73キロもあり、しんは銅ということです。
井手町内では今年6月から7月にかけ、被覆銅線などを焼いて内部の銅を回収したとみられる野焼きが相次いで発生していました。

神奈川県では3日午前零時20分ごろ、川崎市麻生区五力田のマンション駐車場入り口で、4人組の男が側溝のふた6枚を盗んでいるのを、警戒中の神奈川県警捜査3課などの捜査員が見つけました。
男らは車で逃走したものの、約40分後に東京都世田谷区の東名高速上り線で、追跡した捜査員に窃盗の現行犯で逮捕されています。
4人は「引き取り業者に売れば金になると思った。30回ぐらいやった」と供述。
ふたを1キロ当たり150円で転売し、約100万円の利益を上げていたということです。 
このような側溝にはめる格子状の金属製のふた(グレーチング)が盗まれる事件は鋼材価格が高騰し始めた04年頃から、同様の被害が西日本(兵庫県尼崎市、大阪市、京都市)を中心に急増しています。
9月下旬から横浜市内でも相次ぎ、計30件以上184枚(約460万円相当)が被害に遭っています。
また、北海道当別町では7月上旬、電柱に取り付けられた電線が200メートルにわたって2本盗まれました。
4月からの北海道内での被害は総延長約2キロに及び、街路灯が停電するケースもあったということです。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2006年11月06日)|記事URL | あとで読む

銅線窃盗 闇の密輸組織存在か?

銅の価格が高騰していることで、全国で銅くずや銅線を狙った窃盗事件が発生しているということをこのブログでもお伝えしてきました。

●北海道で6〜8月に夕張市など5カ所で電柱の電線が切断され、全長約2000メートルにわたって盗まれ、周辺の街路灯が停電する被害が出た。

●9月には兵庫県高砂市で公園の地下に埋め込まれた銅線の電気ケーブル約1500メートルのうち約1200メートル(約870万円相当)が盗まれた。

電線を切断して持ち去るなどの大胆な手口以外にも、資材置き場などから盗んだり、道路の蓋などを持ち去ったり、ビニールハウス内の設備を持ち去ったりといった犯罪が日本各地で多発しています。

こうした中で、7月末に室蘭港で寄港先の茨城・日立港から盗んだ銅くず約2.6トン(約260万円相当)を中国に密輸出しようとして、パナマ船籍の貨物船の乗組員の中国人14人が道警に逮捕されました。中国人船員は「中国では電線用の銅が高く売れるので、盗んで売るはずだった」と供述。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2006年10月20日)|記事URL | あとで読む

またもや銅製品が盗まれる!どうして?

また、茨城県の運送会社から銅製品16トン(約3000万円)を積んだ大型トラック2台が盗まれたという記事を見つけました。
最近、銅の価格が高騰しており、いろいろな場所で盗まれる事件が多く発生している。しかし、16トンもの銅製品を盗んで何処へ持って行くのであろう?売り先を分散しても足がつくのではないかと思いますが・・・。貨物船に違法で乗せて海外にでも密輸するのではないでしょうか。
今までの窃盗事件としては乗用車や小型トラックまではあったと思いますが、今回のように大型トラックが盗難される事はあまり考えられなかったのではないでしょうか。(実際は9月23日に従業員がトラックがないのに気づいていたのに、盗まれたとは思わず、警察へは9月24日に通報されている。)
運送会社は今、燃料費の高騰もあり厳しい時ですが、取り扱う積み荷によっては十分な注意を払わなくてはならない時代になっています。
もう一度、運送会社もセキュリティ(防犯)を検討し直す必要があるのではないでしょうか?

続きを読む

投稿者:防犯設備士(2006年9月25日)|記事URL | あとで読む

1  2  3  4  5

防犯ブログ

シェア
RSS購読

ページの先頭へ戻る

?