1. HOME
  2. 防犯ブログ
  3. 金属盗難

防犯ブログ

兵庫 廃線路80メートル盗難

兵庫県三木市の旧三木鉄道(廃線)の鋼鉄製のレール約80メートル(約7・8トン)と、コンクリート製の枕木約110本が盗まれていたことが23日、分かりました。
被害額は約26万円相当にのぼるといい、三木署は重機などを使った複数犯の可能性が高いとみて、窃盗事件として捜査しています。

同署によると、21日午後2時ごろ、レールや枕木がなくなっているのを市職員が発見しました。
<産経新聞6月23日(木)15時19分配信より>

線路80メートル分を盗みだすというのは大変大掛かりな犯行です。
おそらく複数犯による犯行でしょうし、盗み出した後、売りさばくまで一時的に保管しておく場所(倉庫等)も必要になります。
廃線ということですから、使用しておらず、特に用途もなく、盗まれたとしても特に損害は無かったという可能性もあります。
しかし、これが廃線でなかったら、と考えると恐ろしい話です。

走っている電車の先に線路が無くなっている、としたら大事故になります。
単なる金額的な損失だけでは済まない危険性も秘めています。
このような大惨事を未然に防ぐためにも防犯対策が必要です。
線路80メートル分を全て監視するのは大変ですが、線路内への侵入者を防ぐ柵の設置や何メートルかおきに防犯カメラを設置するなどの対策を行うべきです。

誰もが簡単に自由に線路内に入ることができるのは危険です。
置き石など盗難以外の犯罪が行われる可能性も考えられます。
そのような被害も想定しなければなりません。
防犯カメラシステム

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2011年7月12日)|記事URL | あとで読む

京都 休憩所の屋根銅板盗まれる

宇治市宇治金井戸の府道宇治南郷大津線沿いにある休憩所のあずまやの屋根全体を覆っていた銅板32平方メートルが盗まれていたことが分かり、管理する府山城北土木事務所は7日までに宇治署に被害届を提出しました。
被害額は約90万円とみられています。
同署は何者かが換金目的で銅を盗んだとみて、窃盗容疑で捜査を始めました。

同事務所によると、休憩所は通称ポケットパークと呼ばれ、3台分の駐車スペースとあずまやがあります。
あずまやは93年ごろ整備されました。

先月29日に道路清掃を委託した団体のメンバーが、屋根の木材の下地がむき出しになり、くぎで固定された銅板が引きちぎられるようになくなっているのに気付きました。
被害に遭った時期は不明という。

山城地域では木津川市、南山城村、笠置町で今春以降、消防ホース格納庫内に備えられた砲金や真ちゅうなど銅合金製の筒先が盗まれる事件が相次いでいます。
<毎日新聞7月8日(金)15時15分配信より>

建物の屋根の銅板が盗まれるとどのような影響があるのでしょうか?
銅板が無くなることによって、屋根全体が崩れてくるという可能性もあるでしょう。
雨が降れば、直接建物部分にかかる訳ですから、腐食したり、壁を傷めることもあるでしょう。

最終的には建物全体の損失につながります。
今回の盗難被害は約90万円とみられていますが、実質的な損失、それらを元の状態に戻すには90万円では無理ではないでしょうか。
建物も傷ついていれば相当な金額とそして、時間も手間もかかります。

侵入盗難被害では、お金だけでなく、それに替えることができない実質的な損害というものが存在します。
金銭的には大したことがなくとも、それを元の状態に戻すことが不可能であったり、可能でも多額の費用と時間がかかる場合です。

事前に防犯対策を講じ、自衛するのはそのような状況に陥らない為です。

ガラスや扉が壊されれば、外出もできなくなります。
夜は不安で眠ることもできない、ということもあるでしょう。
泥棒に入られた、という言葉は、単に物を盗られただけで済んだという犯罪においては少し軽い印象がありますが、実際の現場はそうではないことが多いのです。

扉がこじ開けられ、ガラスが割られその場に飛び散り、室内は荒らされ、家財も壊される。
こっそり忍び込んで、金品だけを盗んでいく、そんな行儀の良い犯罪者はほとんどいません。
被害者の気持ちなど考えず、とにかく犯行をスピーディーに行い、金品を盗み出し、その場から1秒でも早く逃走することだけを考えて犯行を行います。
そうなると必然的に現場は無茶苦茶です。

自分の身は自分で守らなければ誰も守ってはくれないのです。
守りたいもの・ご要望は何ですか?

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2011年7月11日)|記事URL | あとで読む

福岡 菊栽培用の金属パイプ盗難

福岡県下トップクラスの菊の産地、糸島市で、菊栽培に使う金属製のパイプが盗まれる被害が相次いでいます。

今年に入って盗まれた金属パイプは4000本以上。
糸島署は転売目的の可能性があるとみて、窃盗事件として捜査。
農家からは「菊栽培に影響が出る」と怒りの声が上がっています。

糸島署によると、4月29日午後6時頃から翌30日午後2時頃までの間に、糸島市志摩小金丸のビニールハウスのそばに置かれた長さ約1・5メートル、直径約2・5センチの鉄製パイプ約1000本(約5万円相当)が盗まれる被害が発生しました。
重量がかさみ、歩いて持ち運ぶことは困難なため、車を利用して夜間に犯行に及んだとみられます。

糸島市内ではこの事件以外にも、今年1~5月、同様の被害が5件起きており、総計約3050本のパイプが盗まれています。
このため糸島署は農家などに警戒を呼びかけていました。
<読売新聞5月5日(木)20時38分配信より>

大切な物を守るために行うのが事前の防犯対策です。
お金は銀行に預けているし、他に金目の物はないから、わざわざお金を掛けて防犯対策するのはもったいないと考える人も多いでしょう。
しかし、被害に遭って困るのは、盗難被害だけではありません。
今回盗まれた金属パイプもそうです。
4000本以上が盗まれ、被害総額としては、20万円程のようですが、盗まれた影響は測り知れません。

菊の栽培にも影響を及ぼすということですから、下手をすると育てた菊が全滅、という恐れもあります。
そうなると、20万円という被害では済まないでしょう。
また、その金属パイプを元通りにするには、時間も手間も、そして被害額以上の費用がかかります。

扉を開けっ放しにして出かければ、その開いた扉から侵入し、金品だけを盗んで逃走する、これは不幸中の幸いかもしれません。
普通は施錠していますから、それを破壊して建物内に侵入します。
その際、扉・ガラス・シャッター・壁などが傷つけられます。
それを修理するのも一瞬ではありませんから、直すまでの間、無防備な状態でいなければなりません。

被害に遭って困る物はたくさんあります。
身近にあって、日頃よく使う物ほどそうでしょう。
それらは金銭的な価値はあまりないかもしれませんが、持ち主にとってはなくてはならない大切な物ということになります。
それを守るためにはお金を掛けた防犯対策も必要でしょう。
i-NEXT遠隔監視システム

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2011年5月09日)|記事URL | あとで読む

青森 6小中学校から水道蛇口45個が盗まれる 

八戸市内の小中学校6校で屋外の水道蛇口計45個(計4万5000円相当)が盗まれたことが2日、八戸署の調べで分かりました。売却目的の窃盗事件とみて調べています。

同署によると、市立白山台小で1日、正面玄関前などの蛇口15個が盗まれているのが見つかりました。
これを受けて各校が調査し、2日にも5校で30個の盗難が分かりました。

盗まれた蛇口はいずれも冬の間は使用されていません。
昨年12月1日~今年3月2日までに被害に遭ったとみられています。
<毎日新聞3月3日(木)12時44分配信より>

蛇口が盗まれたのは昨年の12月から今年の3月までの間、つまり、いつ盗まれたのかも分からないということです。
冬の間は蛇口を使用していなかったというのも理由の一つですが、これでは犯人を特定するのも難しいでしょうし、盗まれた蛇口が学校に戻ることはないように思います。

もし、現場に防犯カメラがついていれば、犯人の映像が記録されているかもしれませんし、犯行日時も特定できたかもしれません。
防犯カメラがついていればその学校が狙われること自体なかったかもしれません。
水道の蛇口が盗まれるとは思わなかったという油断かもしれませんが、昨今、金属盗難目的で様々な金属が狙われています。
こんなもの盗んでどうするんだという物まで盗まれています。
蛇口45個で4万5千円相当と、大した金額ではないと感じるかもしれませんが、チリも積もれば山となるということでしょうか。

また、被害額としては大したことがなくとも実生活に大きな影響を及ぼすものも多数あります。
この被害に遭った蛇口もそうでしょう。水が出せなくなるのですから、大きな問題です。
スペア等を常備しているとも考えにくいので、すぐに新しい蛇口が必要となります。
侵入時に扉や窓ガラスを破壊されたらそれも困ります。
修理業者が即対応してくれればよいですが、間が空くとその間はどうするかという問題も生じます。

泥棒が盗もうとする物と盗まれて困る物は違うケースが多々あります。
被害者のことを考えて犯行を行うような優しい人は、人に迷惑を掛けるようなことはしませんし、そもそも犯罪を犯すことはないでしょう。
泥棒の考えとは別に、被害者となりうる我々は自分の身を守るための対策を自分でしなければなりません。
学校における犯罪と対策

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2011年3月07日)|記事URL | あとで読む

京都 消火栓の機材盗まれる 170件被害総額約200万円

南丹市の園部町と美山町で、道路脇などに設置された消火栓の格納箱から、筒先など砲金製(銅とスズの合金)機材が相次いで盗まれていることが、22日までに分かりました。
市の調べで約170件、被害総額200万円にのぼります。
南丹署は転売狙いの金属盗とみて捜査を始めました。
一刻を争う消火活動に使うため施錠はできず、市は対応に苦慮しています。

格納箱は高さ約1メートル、幅約60センチの赤い鉄製で、自治会などが設置。
ホース2~3本と筒先、開栓用具や消火栓につなぐパイプなどの機材が入っています。

市によると、11月の全国火災予防運動に合わせた点検の際、園部町内で筒先とパイプが盗まれているのを発見しました。
市全域を調査すると、園部町と美山町の計26地区で計約170件の被害を確認しました。
器具はアルミと砲金の2種類あるが、被害に遭ったのは砲金製だけ。これまでのところ消火活動などに支障は出ていないようです。

南丹署によると、京丹波町内でも同様の盗難が22件ありましたが、京都府内の他署管内では、まだ被害届は出ていないという。亀岡市では数件の被害が市に報告されています。
近隣の兵庫県では6市1町で約190件の盗難が確認されており、拡大が懸念されています。

南丹市は被害品を補充する際にアルミ製にしたり、民家近くに格納箱を移設するなどしていますが、有効な対策はないのが実情という。
<京都新聞12月23日(木)9時29分配信より>

緊急時に使用する消火栓の筒先とパイプの為、格納箱に入れてはいますが、施錠できないという弱点を突いた犯行です。
1件あたり1万円程度の被害ですが、170件、200万円もの被害総額に上るということです。
誰もそんな物が盗まれるとは想定しておらず、さらには非常に盗まれやすい状態にあるということで防犯対策が難しく、被害を減らす具体策が見つかっていないようです。

道路脇に設置された格納箱に保管しているということですが、それを守るために防犯カメラや防犯システムを設置するというのも現実的な対策ではありません。

個人や1企業での対策ではなく、町ぐるみ、地域ぐるみでの防犯対策を進めるべきです。
それぞれが防犯意識を持ち、挨拶などの声掛けを励行し、不審者や犯罪者が活動しにくい環境を作り上げることです。
防犯灯や防犯カメラを各所に設置することができれば良いのですが、予算の都合上無理な場合は、ボランティアや警察官による見回り強化などを行えば、放火や火災などを未然に防ぐことにもつながります。
これらは一人の力では到底無理です。
皆が協力して、犯罪者にとって犯罪を犯しにくい環境を作り上げることも効果的な防犯対策の一つと言えるしょう。
泥棒の心理を読み解く
泥棒が狙いを定めるまで

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2010年12月24日)|記事URL | あとで読む

兵庫 エアコンの室外機132台・鉄製の溝ぶた181枚盗難の男逮捕 

エアコンの室外機などを狙った窃盗事件で、三木署は15日、窃盗容疑で神戸市北区の無職の男(32)=窃盗罪で公判中=ら3人を最終送検したと発表しました。
いずれも容疑を認めています。

送検容疑は、今年3月から6月にかけて三木市や三田市などで、公民館などに設置されているエアコンの室外機132台と鉄製の溝ぶた181枚(計約800万円相当)を盗んだとしています。

同署によると、男は廃品回収業を営んでいましたが、従業員だった2人とともに窃盗を繰り返し、盗んだ室外機や溝ぶたは軽トラックで神戸市北区の金属リサイクル店に持ち込んで、売りさばいていたということです。

同署の調べに対し男は「経営していた会社を維持するため窃盗を繰り返し、運転資金に回していた」と話しています。
<産経新聞12月16日(木)7時57分配信より>

犯罪の手口は、都会で流行し、その対策が浸透すると、今度は対策が行われていない地方に移っていくという場合があります。
今回の事件でも兵庫県の三木市、三田市という神戸や西宮に比べれば地方都市での犯行でした。
地方は近所づきあい等、人間関係が密で、もし怪しい人物がうろうろしていたらすぐに分かる、泥棒などの犯罪は起こりにくいと考える人がいるかもしれませんが、犯罪者はそのような隙、弱点を突くのが非常に巧みです。

地方ではいまだに無施錠の家が多いといわれています。
犯罪者にとっては絶好の環境となりうる場合があります。
それをそのまま放置しておくのは危険で、いつ被害に遭ってもおかしくありません。

金属窃盗など過去に流行した手口も忘れてはいけません。
忘れたころに再び流行する可能性があります。
常に犯罪手口に敏感で防犯意識を持ち続ける必要があります。
我が家は犯罪者に狙われやすい環境にあるのか、じっくりと考えてみるのはいかがでしょう。
泥棒の好きな家
泥棒の嫌がること

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2010年12月16日)|記事URL | あとで読む

川崎でまた水道メーター盗難 今年8月以降、14カ所で計20個盗まれる

川崎市上下水道局は22日、市内の住宅工事現場計3カ所で水道メーター計3個が盗まれる被害があったと発表しました。
被害金額は計6037円。

同局によると、15日午前、幸区塚越2丁目の建物解体工事現場で、水道メーター(口径20ミリ)がなくなっているのを検針委託会社職員が発見しました。
17日には川崎区京町3丁目の建物解体工事現場で同型の1個がなくなっているのが判明。
18日も幸区南幸町3丁目の住宅新築工事現場で口径13ミリのものと蛇口2個がなくなっているのが確認されました。

同局は18日までに、それぞれの管轄の警察署に被害届を提出しました。
市内では今年8月以降、今回を含め14カ所で水道メーター計20個が盗まれています。
<カナロコ 11月22日(月)19時30分配信より>

10月のこの防犯ブログでも紹介した川崎市での水道メーター連続盗難ですが、11月に入っても被害が拡大しています。
高価ではない水道メーターをどのような目的で盗むのか、金属盗難なのか、単なる嫌がらせなのか、犯人の意図は未だに分からないようです。

水道メーターが盗まれると水道自体が使用できなくなるのかは不明ですが、それでも被害金額以上の損害を被ること、生活に支障をきたすことは間違いないでしょう。

水道メーターが盗まれるとは誰も想像しません。
仮に狙われると分かっても、それ自体を守るための防犯対策をあえて行う人はいないでしょう。
そこを突いての犯行かもしれません。

泥棒を含めた犯罪者は、常にもろくて弱いところ、つまり弱点を探しています。
その弱点が多い家や店舗、事務所が犯行のターゲットに選ばれてしまうわけです。
弱点が少ない、つまり防犯対策がきちんとされているところは、最初から狙われない、ことが多いと言えます。
考えてみて下さい、弱点が少ない、つまり侵入するには手強いところをあえて選ぶ必要がないからです。

侵入する、盗むという犯罪を行うにあたって、重視するのはその成功する確率と自らが捕まらないという危険性です。
防犯対策実施済みのところは、そのどちらもが犯罪者にとって都合が悪いわけです。
そう思わせることができれば成功です。
これが事前の防犯対策を行う効果の一つです。
外周警備システム
抑止力強化(狙わせない)

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2010年11月26日)|記事URL | あとで読む

川崎 水道メーター連続盗難

川崎市上下水道局は28日、市内の解体工事現場2カ所で水道メーターが計2個盗まれる被害があった、と発表しました。
被害総額は2750円。

同局によると、19日に幸区幸町の現場で更地に設置した1個、20日には川崎区藤崎の現場に設置された1個がなくなっていました。
同局は27日までに幸、川崎署に被害届を出しました。

水道メーターの盗難は、2009年9月から続いており、09年度は3件(71個)、本年度はこれまでに10件(16個)発生。
被害は川崎、幸、中原区の市内南部に集中しています。

同局営業課は「高価でもない水道メーターをなぜわざわざ盗むのか、何に使うのか狙いが分からない」と困惑しています。
<カナロコ10月28日(木)20時30分配信より>

またまた金属盗難大流行の予感でしょうか。
エアコンの室外機盗難多発のニュースが増えていましたが、今度は水道メーターの連続盗難被害が発生しています。
以前、日本で金属盗難が大流行したのは北京万博の開幕前に、その需要が高まったことで中国に流出しているという意見もありました。
それは一段落したようですが、中国では今でも高層マンションやビル等が濫立し、それに使う金属が不足しているという見方もあるようです。

何が狙われて、何が盗まれるか予測がつきません。
これは大丈夫だろう、ここから侵入はされないだろう、という油断が思わぬ被害を招く場合があります。
犯罪者が犯行を行う時、多くの場合は事前に現場の下見を行います。
無人かどうか、番犬はいないか、敷地内に塀や壁があるか(外部から気付かれない)、補助錠や破壊しにくい材質の扉やガラスがついているか、防犯センサーなどのセキュリティ機器がついているか、防犯カメラがついているかなど。

この時に泥棒が嫌がる対策がされているかどうかが、侵入対象となるかどうかの分かれ目となります。
対策がされている家とそうでない家、どちらが泥棒に狙われるかは明らかです。
その為の対策をお金をかけて行うかどうかはそれぞれの判断となります。
家や事務所に盗まれたり、壊されたら困るものがあるところは事前の防犯対策が必須となるでしょう。
泥棒の好きな家
泥棒の嫌がること

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2010年10月29日)|記事URL | あとで読む

神戸で金属盗難相次ぐ。銅線や鉄板18トン

神戸で資材盗相次いでいます。今度は 市委託工事現場から鉄板18トンです。


●24日午後6時ごろ、神戸市須磨区西須磨立原谷にある工事現場で、鉄板(縦1.5メートル、横3メートル、重さ1トン)が18枚なくなっているのを建設会社の従業員が発見し、近くの交番に通報した。

なくなっていたのは工事現場の足場として使われる鉄板で、19日午前11時ごろから24日午後5時45分ごろの間に盗まれたとみられる。

 神戸市内では今年4月、ポートライナーを運営する神戸新交通で銅線463本が盗まれているのが見つかったほか、同市垂水区の垂水漁港でも使用済みの水道管25トンが盗まれているのがみつかるなど、資材の窃盗事件が相次いでいる。
(5月25日 産経新聞より引用)

金属盗難は、5年前位から急増しています。
屋外や資材倉庫などに置かれている配線など資材や、電線、水道管といったものから、エアコン屋外機、道路の溝、墓石の線香立てなどまで盗まれています。

この金属盗難の背景には中国の建設ラッシュに伴う金属価格の高騰があります。
北京オリンピック、上海万博といった大きなイベントも含め、多くのビルの建設ラッシュのため、世界的に金属の高騰が進んでおり、日本でも廃材などの金属盗難が多発しているのです。
一時期少し下火になったのかニュースにも載らなくなりましたが、ここ数ヶ月またニュース紙面を賑わせています。四国でも電線が盗まれるという被害があったばかりです。

資材置き場に関しては、そうした不審者が敷地内に自由に出入りしていること自体が問題です。
敷地内に侵入した時点で、その場で大音量のサイレン音などで威嚇撃退するとともに、離れた場所に画像(動画)で自動通報し、異常発生をすみやかに確認することが効果的です。
資材置き場の防犯対策

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2010年5月27日)|記事URL | あとで読む

千葉 市道の側溝のふた盗難多発!

千葉市緑区高田町で、市道側溝のふた2枚や、側溝の水が流れ込む集水ますのふた13枚(いずれも鉄製)などが盗まれていたことが19日分かりました。
市緑土木事務所によると被害額は26万円余りで、市から被害届を受けた千葉南署が窃盗事件として捜査を始めました。

同事務所によると19日午前6時ごろ、近くの住民が盗難に気付いて警察に通報し、判明しました。
15日にも同じ場所で側溝のふた21枚など約25万2000円相当が盗まれ、同署は同一犯の可能性もあるとみています。
市は今後、側溝のふたに盗難防止用金具をつけ、パトロールを強化するということです。
<5月20日11時49分配信 毎日新聞より>

千葉で市道の側溝のふたが盗まれる事件が頻発しているようです。
1・2年前、全国各地で金属盗難が多発した時期がありましたが、最近はニュースでも取り上げられることはありません。
しかし、犯罪が無くなったわけではありません。
件数は減ったでしょうが、まだまだ油断は禁物です。

犯罪手口は、ある地域で爆発的に増加し、それが下火になると別の地域に移ってまた増えるという傾向があります。
もう10年ぐらい前でしょうか、都市部でピッキング手口による侵入窃盗事件が多発したことがありました。
それに対抗する防犯対策がある程度浸透した後、地方に移るかのようにして地方で事件が多発したことがありました。

また、忘れたころにその手口による犯行が発生することがあります。
今回事件が発生した金属窃盗もそうでしょう。
ニュースなどで報道されなくなると、その手口による犯行が減った、なくなったと思いがちです。
もうその対策はしなくて大丈夫か、と勝手に思ってしまいます。
これは非常に危険なことです。

今、ピッキングやサムターン回しによる手口で侵入しようとしたら、思いもかけず成功するというところが多いかもしれません。
犯罪者にこのような弱みを見せるとすぐにつけこまれてしまいます。
過去の侵入手口に対しても注意が必要です。
最新の犯罪情報
侵入手口

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2010年5月21日)|記事URL | あとで読む

1  2  3  4  5

防犯ブログ

シェア
RSS購読

ページの先頭へ戻る

?