1. HOME
  2. 防犯ブログ
  3. 2012年08月
  4. インターホンで不在確認泥棒 映像残り逮捕

防犯ブログ

インターホンで不在確認泥棒 映像残り逮捕

■容疑で逮捕「まさか顔写るとは」

府内や兵庫県などで77件の空き巣などを繰り返したとして、府警捜査3課は30日、窃盗などの疑いで住所不定の無職の男(65)を逮捕、送検したと発表しました。
男はインターホンを押して不在を確認してから空き巣に入っていましたが、撮影機能付きのインターホンに顔が写り逮捕につながりました。

府警によると、男は容疑を認めており、インターホンに画像が写っていたことについて「まさか写るとは思わなかった」などと話しているという。

逮捕、送検容疑は、3月8日午前11時40分ごろ、同県西宮市仁川町の無職の男性(76)方に侵入し、現金約12万円を盗んだなどとしています。
<産経新聞 8月31日(金)7時55分配信より>

一般住宅に侵入する際、インターホンで家人が不在なのを確認してから侵入する手口で窃盗を繰り返していた男が逮捕されました。
インターホンが撮影機能付きだった為、自分の顔が写り、その映像が残っていて逮捕につながりました。
このことは防犯カメラの映像記録とも同じ効果があると言えます。
一般住宅では防犯カメラ設置がそれほど普及していませんが、効果があるという実証にもつながります。

また、泥棒が下見をすること、現場が無人なのを確認してから犯行に及ぶということを示している事件です。
防犯対策がなく泥棒にとっての障害がないところ、無人で時間に制限なく犯行が行えるところ、この二つに当てはまるところが泥棒に狙われやすいと言えます。
出来る限りこのポイントに当てはまらないような環境を作り上げることが大切です。
これが防犯対策を行うことで可能になります。

投稿者:総合防犯設備士(2012年8月31日)|記事URL| あとで読む

防犯ブログ

シェア
RSS購読

ページの先頭へ戻る