1. HOME
  2. 防犯ブログ
  3. 2012年7月

防犯ブログ

夏本番!ご自宅の防犯システム + 遠隔確認

夏本番!!お出かけシーズンの季節となりました。

海外旅行に行かれる方もいらっしゃると思います。

また、国内旅行に行かれる方もいらっしゃるかと思います。

日帰り旅行に行かれる方もいらっしゃるかと思います。

いずれにせよ、家を留守にする機会が増えてきます。


そのときに気になるのが自宅の防犯対策。

外出中にもし何かがあったら。

家に帰ってみると、部屋の中はグシャグシャ。

そんな事も起こりうる可能性があります。

万が一のために侵入させない対策が必要です。


夏休み間近、大掛かりな工事を行うよりも、ワイヤレスシステムもお勧めです。

大掛かりな配線が不要なので、簡単に設置することができます。
また、仕上がりも綺麗に仕上がります。

さらに防犯カメラシステムを併用することによって、遠隔で自宅の様子を確認する事も可能です。(※遠隔確認システムは、セキュリティハウスオリジナルの『i-NEXT』)

日帰りですと、ペットの様子もリアルタイムで確認することができます。

外出時の不安ごとが減ります。

外出時、イベント事を気兼ねなくおもいっきり楽しくむことができます。


※遠隔確認システム『i-NEXT』
 ネットワークカメラを使って、遠隔映像確認できる他、
 遠隔地のカメラをiPadで簡単に上下左右に操作できる他、
 カメラの機種によっては、約20倍ズームのズームを掛けることができます。
 ペットの表情もくっきりうつるので体調確認も容易に行えます。


続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2012年7月04日)|記事URL| あとで読む

民家から現金2500万円入り金庫盗まれる 男2人逮捕

民家に侵入して金の延べ棒や現金約2500万円などが入った金庫を盗んだとして、愛媛県警は2日、窃盗などの容疑で、松山市下伊台町の会社員の男(35)と同市菅沢町の無職の男(34)の両容疑者を逮捕しました。
男(35)は「知らない」と容疑を否認しているという。

逮捕容疑は、4月29日~5月5日、愛媛県伊予市の男性(95)方に侵入、現金約2500万円と金の延べ棒や金貨などが入った金庫(時価約460万円相当)を盗んだとしています。

県警によると、2人は中学時代の同級生。
犯行当時男性は旅行しており、不在だったという。
<産経新聞 7月2日(月)22時19分配信より>

4月29日~5月5日というと、まさにゴールデンウィークの間の犯行です。
旅行=無人という泥棒にとっては、まさに犯行を行う大チャンスです。
例えば郵便受けに郵便物や新聞が溜まっていたり、自宅に電話を掛けると、旅行に出かけているなどのメッセージが流れていると、現在は無人というのが誰にでも分かります。

民家、一般住宅の場合、防犯対策がされているところは少なく、おそらく窓・扉の施錠だけが唯一の防犯対策でしょう。
少し防犯意識の高い家だと、電気を点けっぱなしにしたまま外出したり、長期で家を開ける場合は新聞の配達を止めるなど工夫を凝らしているでしょう。
しかし、まだまだホームセキュリティの普及は低いと言えます。

無人ということが分かっている場合、侵入に時間が掛かってもあまり気になりません。
ゆっくりと犯行を行うことができれば成功率はかなり高いでしょう。
一番気になるのが周囲の人に気付かれることです。
不審者がうろついていれば怪しまれますし、ガラスや扉を壊す際、大きな音を出してしまうのも気付かれます。
逆に言うと、そこさえ注意すればあとは時間を気にせず、室内を物色することができます。

高い塀は、侵入者を防ぐという面もありますが、一旦侵入を許すと外からは見えないというマイナス面もあります。
犯罪者は、一見防犯対策に役立っているものでも、それを自分の犯行に悪用しようとすることがあります。

旅行に限らず、自宅が無人の状態、つまり多くの場合は平日の昼間ということになりますが、その場合の防犯状況はどうでしょうか?
単なる施錠だけではほとんどの場合、泥棒の犯行を防ぐことはできません。
鍵が閉まっているからこの家はあきらめよう、無施錠の家だけを探そう、などという泥棒はまずいないでしょう。
もちろん施錠されているのは知っていますし、それを打ち破る方法を携えて侵入してきます。

泥棒との勝負です。
防犯システムや防犯カメラという切り札によって、泥棒があきらめれば泥棒の負けです。
全てを突破し、金品を盗みだし、逃走する、最終的には犯人として特定されず警察に捕まることがなければ泥棒の勝ちです。
分の悪い勝負、手強い勝負は泥棒も避けますし、嫌がります。
楽に勝つことを目的、安全に勝つことが第一ですから、そこが防犯対策のポイントになります。
センサー防犯カメラというとっておきの切り札があれば、泥棒が勝負を避けて逃げ出す「可能性」が非常に高くなるのです。
自分に不利な勝負にあえて挑もうとする怪盗ルパンのような泥棒相手だと話は別ですが・・・。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2012年7月03日)|記事URL| あとで読む

無銭飲食カップル窃盗100件繰り返す

スナックで現金やバッグを盗み、無銭飲食したとして、警視庁荏原署は、窃盗と詐欺の疑いで、いずれも住所不定、無職の男(38)、女(44)の両容疑者を逮捕しました。
男は「(同様の犯行を)100件ぐらいやった」と供述しており、同署が裏付けを進めています。

逮捕容疑は、2月11日夜、東京都品川区小山のスナックで、現金3万7千円などが入った女性店主のショルダーバッグを盗み、ビールや焼きそば、餃子など9800円分の飲食代を支払わなかったとしています。
女性がトイレに行ったすきに逃走していました。

同署によると、両容疑者は交際しており、昨年11月ごろから東京、千葉、埼玉など1都4県で、同様の犯行を繰り返していたとみられます。
店主が1人で切り盛りする飲食店を狙っていたといい、盗んだ金は飲食代などに使っていました。
<産経新聞 7月2日(月)14時14分配信より>

きっと狙われるには狙われる理由があったと思います。
店主が1人で切り盛りする飲食店を狙ったと供述しているように、人の目による監視さえ逃れれば、無銭飲食は簡単に出来たのでしょう。
おそらく防犯カメラなども設置されていないでしょうから、隙を見ての犯行は容易です。
仮に店主が逃げるのを目撃しても、店をそのままにして追いかけることもできません。
色々と計算ずくの犯行でしょう。

狙われる、狙われたからと言って被害者の方に責任はありませんが、誰もが気がつく、分かりやすい弱点、つまり狙われるポイントをそのままにしておくと、また別の犯罪者に狙いをつけられる可能性が高いと言えるでしょう。
何度も泥棒被害に遭う家、店舗というのは、同じ犯罪者が味をしめて犯行を繰り返す場合と、複数の犯罪者からカモにされる場合があります。
どちらの場合も、犯罪者にとって有利なポイントがあるからです。
自分の家や店舗の弱点というのはなかなか分かりませんが、第三者の客観的な目で判断すると、すぐにわかる場合があります。
まずはその弱点を知ることが防犯対策の第一歩です。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2012年7月02日)|記事URL| あとで読む

1  2  3

防犯ブログ

シェア
RSS購読

ページの先頭へ戻る

?