1. HOME
  2. 防犯ブログ
  3. 2011年02月
  4. ジーパン万引き少年 盗んだその店で転売しようとして失敗、逮捕

防犯ブログ

ジーパン万引き少年 盗んだその店で転売しようとして失敗、逮捕

宇部市のリサイクル店でジーパン5本を万引きしたとして、宇部署は24日、住所不定、無職の少年(18)を窃盗容疑で逮捕しました。
少年は盗んだ翌日、同じ店に転売目的で持ち込み発覚しました。
同署によると、「お金が欲しくてやった」と容疑を認めているということです。

逮捕容疑は、昨年11月13日午後0時ごろから同6時ごろの間、同市内のリサイクル店でジーパン5本(6万2000円相当)を盗んだとしています。
持ち込まれた店員が「店で盗まれたものでは」と不審に思い通報している間に、少年は逃走。
人相などで聞き込みし逮捕しました。
<毎日新聞2月26日(土)16時14分配信より>

盗まれた店側が怪しいと感じ、最終的にはその記憶をもとに、人相などで聞き込みをして犯人逮捕につながったという事件です。
もし現場に防犯カメラがついていれば、聞き込みせずとも、その映像をもとに犯人特定につながる可能性がありました。
人の目による監視や記憶というものはあいまいですし、限界があります。

防犯カメラという機械による監視であれば、設置及び維持するためのコストは必要ですが、あとは機械が24時間任せることができます。
人の目よりも正確ですし、その分の労力、人件費等を別に使うことができるようになります。
店員や警備員など人の目による監視と併用して、防犯カメラを使用すれば、より犯罪が犯しにくい環境となるはずです。
泥棒などの犯罪者がこの場所では犯罪を犯しにくい、あとで自分が捕まるかもしれない、と感じさせるような環境、対策を行うことが必要です。
万引き対策

投稿者:総合防犯設備士(2011年2月28日)|記事URL| あとで読む

防犯ブログ

シェア
RSS購読

ページの先頭へ戻る