1. HOME
  2. 防犯ブログ
  3. 2010年11月

防犯ブログ

卒業生が母校に侵入 授業中の教室から現金、携帯ゲーム機盗む

都立高校を卒業した少年らが母校の校舎に侵入し、教室から現金や携帯ゲーム機などを盗んだ疑いで逮捕されました。

窃盗の疑いで逮捕された私立大学2年の少年ら3人は2010年9月、少年のうちの1人が卒業した杉並区の都立高校の校舎に侵入し、体育の授業中で生徒がいない教室から、現金およそ1万3,000円や携帯ゲーム機などを盗んだ疑いが持たれています。

少年らは、この高校に3日間連続で侵入、盗んだ携帯ゲーム機などをネットオークションで販売し、売上金を分配していました。
少年らは、4回目に侵入した10月1日、教師に発見され、建造物侵入の疑いで逮捕されていました。
警視庁は、別の都立高校や学習塾でも余罪が数件あるとみて追及しています。
<フジテレビ系(FNN) 11月11日(木)13時1分配信より>

高校の卒業生だった者が窃盗グループの一員だったということで、校内の事情にも詳しかったのでしょう。
それにしても、授業時間中でも学校内へは誰でも自由に出入りができるのでしょうか?
遅刻してくる生徒や早退する生徒もいるかもしれませんから、門は開いているのかもしれません。
しかし、そうなると外部からの侵入者も容易に中に入ることができるという一面もあります。

侵入者対策をきっちり行うか、生徒の登下校を柔軟に受け入れる態勢を重視するか、難しい選択でもあるでしょう。
しかし、一旦校内に入ったら、登校までは簡単に抜け出せないようにするのは問題とは思えません。
体調不良や家庭の事情など止むを得ない場合は、許可をとってその都度門を開けるなど対応すればよいだけだと思います。
遅刻しても叱られない、授業中でも簡単に抜け出せる、というのは子供(生徒)からも甘く見られる原因ではないでしょうか。

この被害に遭われた学校は違うかもしれませんが、子供から甘く見られるということは、他の第三者、特に犯罪者からもどう見られるか気になります。
この学校は校内への侵入が簡単だ、校内を部外者がいても不審がられない、などと思われてしまうと、犯罪のターゲットとして見られてしまう可能性があります。
甘くみられない為には防犯対策を講じ、ここは手強いと思わせることが必要です。
学校・幼稚園の防犯対策授業中の部屋内及び校内への侵入対策
学校・幼稚園の犯罪事情

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2010年11月11日)|記事URL| あとで読む

福井 連続窃盗犯逮捕 51件被害総額720万円

県警捜査1課は8日、福井市石橋町、無職の男(48)=窃盗、建造物侵入の罪で既に8件起訴、公判中=が、福井、あわら、坂井各市で計51件の窃盗を繰り返し、被害総額は約720万円に上ることを裏付け、捜査を終結したと発表しました。

県警によると、男は09年4月から今年6月22日に逮捕されるまで、主に個人経営の会社やガソリンスタンドなどの事務所に窓ガラスを割って侵入し、現金や商品券、切手などを盗んだとされています。

09年8月には、坂井市内の事務所から現金336万円を盗んだ疑いがあるということです。
「借金があり、生活費やパチンコ代に充てた」などと供述したということです。
<毎日新聞 11月9日(火)17時21分配信より>

ガラスを割って侵入するというのは泥棒も最も多く典型的な手口と言われていますが、依然としてその手口が通用し、その対策がされていない家や事務所が非常に多いということが分かります。
泥棒に最も狙われるのがガラスということが分かっているのに、何も対策をしないというのは、犯罪に対してどこか自分には無縁、無関係では?という根拠のない自信のようなものを持たれている方も多いのではないでしょうか。
実際に犯罪被害に遭われた方の多くが、まさか自分が被害に遭うとは、なぜ何も盗られるものがない我が家を、と驚き、疑問に感じ、そして悔やみます。

犯罪者側からみれば、被害者がどう思うか、どう感じるかは関係ありません。
その家に金目のものがあるかも分かりませんから、盗られるようなものがないというのは狙われない理由にはなりません。
とりあえず侵入し、部屋を荒らし、金品を物色するだけです。
その後で被害者が困ろうが、悩もうが、そんなことを考えていたら泥棒なんてできないでしょう。(しないでしょう)

慈悲深い泥棒もいるかもしれませんが、そんなことは期待できません。
そうなると自分の身は自分で守らなければなりません。
それが事前の防犯対策です。
抑止力強化(「狙わせない」犯罪対象から外させるために)
侵入検知(侵入させないことが大切!)

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2010年11月10日)|記事URL| あとで読む

イギリスで高級ベビーカー盗難多発 闇取引は推計79億円

[ロンドン 6日 ロイター] 英国では高額なベビーカーの盗難が昨年の約2倍にまで増えており、窃盗品の闇取引の規模は推計で約6000万ポンド(約78億5000万円)に達していると、英保険会社ハリファックス・ホーム・インシュアランスが6日発表しました。

同国では、価格が500ポンド以上するベビーカーの売り上げが伸びており、昨年は全体の40%を占めました。
一方で、ベビーカーの価格上昇に伴い、23%の親が中古品を買い求めるようになっているということです。

盗難場所は、自宅の敷地内が22%と最も多く、自宅前が11%を占めました。
そのほか、駐車場やカフェ、レストランでも窃盗が横行していることが分かりました。

同社のデービッド・ロチェスター氏は、ベビーカーはタイヤが付いていて盗まれやすいとし、玄関の前など目に付きやすい場所に保管しないように注意を呼びかけています。
<ロイター11月8日(月)13時45分配信より>

イギリスのベビーカー盗難多発、外国の事件なので日本では関係ないという油断は禁物です。
このような犯罪の流行が日本内に移ってくる可能性もあります。
ベビーカーは売れるのか、と気付いた犯罪者がそれをターゲットに動き出すこともあるでしょう。
ネットオークション、リサイクルショップ、バザー、ネット上での個別取引など盗品を売りさばくルートはいくつもあり、それらを全て規制するのは難しいのでしょう。

自分の服にはお金を掛けず、自分の子供には高級品を着せる親が日本でも増えていると言われています。
今後、そういう高級品が狙われる危険性も考えられます。
イギリスでもベビーカーの価格上昇により中古品に人気が集まっているようですから、同じような悪循環が日本でも見られる日はそう遠くないように思います。

マンションでは共用部の廊下は半屋外で雨に濡れる可能性も少ないため、そのまま外に出したままという家も少なくないでしょう。
屋外に保管しているものは非常に狙われやすいです。
エアコンの室外機盗難が多発というニュースもありましたが、外ということなので、敷地内に侵入することができれば比較的容易に盗むことができる場合があります。

敷地内への侵入対策としては、敷地の周囲を防犯センサーで取り囲み、侵入しようとしたらすぐに警報音が鳴るシステムで威嚇するのが有効です。
また目立つところに警報ベルなどの威嚇機器を取り付け、この家は防犯システムで警戒されていることを外部にアピールすることが有効です。
駐車場やカフェ、レストランでも盗難が多発しているということですから、防犯カメラで周囲を監視するなどの対策が必要でしょう。
防犯システムについて
セキュリティハウスの防犯機器・システム

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2010年11月09日)|記事URL| あとで読む

埼玉 5神社で連続放火 さい銭泥棒が証拠隠滅のために

埼玉県東部の神社で相次いで発生した連続不審火で、埼玉県警捜査1課などは6日、非現住建造物等放火未遂容疑で、住所不定、無職の男(33)=特殊解錠用具所持禁止法違反罪で起訴=を再逮捕しました。
「火をつけたことは間違いない」と容疑を認めています。

男の再逮捕容疑は、10月24日午後9時50分ごろ、埼玉県宮代町百間の蓮谷稲荷神社で、さい銭箱に火を付け燃やそうとしたとされています。

一連の不審火をめぐっては、このほかにも10月20日から25日にかけて、春日部市、越谷市、杉戸町の計5神社で火災が発生。男は「全部自分がやった」と関与を認めているという。
「さい銭を盗む目的で神社に行き火を付けた。証拠が残るのをおそれて火を付けた」と供述しており、県警は現住建造物等放火や窃盗容疑でも立件する方針です。

男は10月26日午後8時ごろ、春日部市梅田の雷電神社で、さい銭箱の近くにいるところを、警戒中の春日部署員が職務質問。男の車の中からバールが発見されたため、特殊解錠用具所持禁止法違反の現行犯で逮捕されました。

男は10月上旬に出所。
一旦県内の実家に帰宅した後、車上生活を送っていました。
逮捕時の所持品は10円だったという。
<産経新聞 11月7日(日)16時8分配信より>

盗難と火災、それぞれ別の被害だと思いがちですが、このように盗難被害から火災被害へ発展する場合もあります。
今回は証拠隠滅目的ですが、他にも、自分がせっかく苦労して侵入したのに盗むものがないという勝手な理由から腹を立ててその腹いせに放火するという被害も発生しています。

盗難被害の場合は、壊されたり盗まれてもお金や時間をかければ元の状態に戻せることもあります。
しかし、火災被害の場合は、建物や人の命を損なう危険性があります。
被害額が莫大なものになる場合もありますし、人の命を損なった場合は元の状態には戻せません。

事前の対策を行うのは、そのような大切なものが万が一の被害に遭わない為です。
さい銭というせいぜい数千円の現金を盗む為に、神社全体が放火されてしまうというのは、被害者の方からすれば許せない、考えられないことでしょう。
あのとき〇〇〇の対策をしておけばよかった、などと後悔するという言葉では到底済ますことができない被害となるでしょう。

もちろん事前に対策を講じていれば、全ての被害を未然に防ぐことができる、という訳でありません。
しかし、被害に遭わない可能性はぐんと高まるのは明らかです。
対策を講じているところとそうでないところ、どちらが犯罪者にとって犯行を行いやすいかは明らかです。
寺社仏閣の防犯対策
住宅の火災対策

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2010年11月08日)|記事URL| あとで読む

愛知 イモビカッターでイモビライザー無効 高級車窃盗犯逮捕

愛知県警捜査3課と西署などは5日、盗難防止装置「イモビライザー」を無効にする「イモビカッター」を使って高級車を盗んだとして、住所不定、無職の男(28)=窃盗罪で起訴=ら男2人を窃盗の疑いで再逮捕しました。
また男らから車を買ったとして盗品等有償譲り受け容疑で別の男(21)1人を逮捕しました。
県警は福江容疑者らが3~6月、愛知県内でトヨタの高級車36台(1億1000万円相当)を盗み、大半を転売したとみています。

一方、県警は同日、男(28)らにイモビカッターを売ったとして京都市の電子機器販売業者の自宅を窃盗ほう助の疑いで家宅捜索し、イモビカッター2個を押収しました。

2人の再逮捕容疑は5月に名古屋市内でセルシオとクラウン計2台を盗んだとされます。
2人は「遊ぶ金がほしかった。イモビカッターはインターネットで買った」と供述しているということです。
2人を含む3人は同様の手口で高級車を盗んだとして7月に逮捕されました。
<毎日新聞 11月6日(土)1時54分配信より>

〇〇をしている(ついている)から安心というのは危険な考え方です。
この〇〇には様々な言葉が入ります。
重量耐火金庫、補助錠、強化ガラス、番犬、防犯システム、防犯カメラなど様々な防犯対策です。
これらの対策を講じることで、他の何も対策をしていないところに比べれば、犯罪者からみれば侵入しにくい場所、ターゲットには選びたくない場所と成り得る可能性が高まります。
しかし、侵入される可能性は決してゼロにはなりません。

例えば、トラックごと家に突っ込んでくる手口があるとします。
これを防ぐのは至難の業です。
多少の防犯対策は全て無効になってしまいます。
もちろん、犯罪者側からすれば、非常にリスクが高く、普通は考えない手口です。
しかし、宝石・貴金属店など、明らかに高価な宝石類が置いてあることが分かるような場所に対しては、このようなリスクの高い手口で一獲千金を狙おうとする者がいるのも事実です。

自動車の盗難対策として、イモビライザー(盗難防止装置)が非常に有効だと言われていました。
これを解除して盗み出すのは不可能として、盗まれたと主張する被害者と保険会社が裁判で争うというニュースもあったように思います。
しかし、今回の手口で使用されたイモビカッター、どのようなものか分かりませんが、36台もの自動車を盗むことに成功していることから、イモビライザーを解除することができる代物なのでしょう。

このように有効な対策が出てくると、それを破る犯罪者側の手口が必ず出てきます。
犯罪者側の手口も常に進化していると思い、対策を講じる際も常に最新のものを行うようにしなければ有効な対策にはなりません。
最新の犯罪情報

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2010年11月06日)|記事URL| あとで読む

家電量販店でセキュリティシステム研究して空き巣 中国籍の男3人逮捕

民家に忍び込み現金を盗んだとして、警視庁捜査3課は窃盗などの疑いで、中国籍の私立大1年の男(20)=中野区中野=ら中国人留学生3人を逮捕しました。
同課によると、男は「4月まで指南役の中国人と空き巣をやっていたが、一本立ちしてやろうと思った」と容疑を認めています。

同課によると、男は「仕送りだけでは生活が厳しかった」と供述。
家電量販店でセキュリティーシステムの仕組みを"研究"するなどした上で仲間を募り、窃盗グループを立ち上げたという。
同課はJR中央線沿線で約20件、被害総額1500万円以上の窃盗を重ねたとみています。
<産経新聞 11月5日(金)7時55分配信より>

家電量販店でセキュリティシステムの仕組みを研究し、その後空き巣をしていた中国籍の男ら3人が逮捕されました。
空き巣をするためにセキュリティシステムを研究するとは、間違った意味で勉強熱心な学生です。
その努力を別のことに活用すればもっと健全な成果が得られると思うのですが、少しでも楽をして大金を得ようとする考え方、たとえそれが犯罪であっても問題ないという考え方がまん延しているのかもしれません。

外国人、特に中国・韓国・北朝鮮の人の中に、日本人に対してなら犯罪を犯してもいい、という考えを持つ人がいるようです。
過去の戦争などの問題が依然として解決していないことも影響しているのでしょう。
日本に外国から窃盗などの犯罪の「出稼ぎ」に多くの人が来るのは、それらも関係があるのでしょう。
自国では犯罪を行わず、外国で行う。
国を移動する方が捕まりにくいこともあるでしょうし、日本の方が平和で無防備、お金を持っている人が多いということもあるでしょう。

全てを考慮すると、日本という国は、犯罪に対して非常に脆弱で、外国から見ればカモに見える、ということも言えるでしょう。
これらは個人の力だけではどうしようもない問題もあるのですが、何もせずにただ待っている状態でいるのは非常に危険です。
犯罪者達に言いようにやられてしまいます。
そうさせないための事前の防犯対策を行うのです。

今回捕まった男らもセキュリティシステムの仕組みを研究するということは、それらを警戒しているということです。
彼らが手強い、面倒くさい、難しいと感じるセキュリティシステムを導入すれば、そこは狙われにくいということになります。
一戸建て住宅の防犯対策
マンションの防犯対策

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2010年11月05日)|記事URL| あとで読む

山形 運送会社の整備工場からトラック300本盗まれる

1日午前8時ごろ、白鷹町十王の運輸業「ヤマラク運輸」で、大型トラック用スタッドレスタイヤなどタイヤ約300本(時価800万円相当)が無くなっているのを従業員が発見、長井署に届け出ました。
同署は複数の者による転売目的の窃盗容疑事件とみて捜査を始めました。

同署によると、10月29日午後6時半に従業員がタイヤを確認しており、それ以降に盗まれたようです。
同社によると、事務所南側にある車両整備工場と3基中2基のコンテナに保管していたタイヤ442本中316本が被害に遭いました。
整備工場とコンテナは施錠してあったが切られた跡があったようです。
<毎日新聞 11月2日(火)12時31分配信より>

大掛かりな窃盗団に対しては、チェーンや扉の施錠だけでは防犯対策は充分とは言えません。
無人の建物の場合、中に侵入さえしてしまえば、それらを破壊したり、切断する時間は充分あります。
手間はかかりますが、時間の制限がないのは泥棒にすれば大きなメリットになります。

防犯システムが有効なのは、侵入者をセンサーが感知すると、警報ベルなどが大音量で鳴動します。
そうなると、何かしらの異常(侵入者)があったことが外部(周囲)に知らせることができます。
その結果、泥棒はゆっくりと犯行を継続することができなくなります。

防犯カメラに関しては、映像を記録し続けていますから、犯人である自分の映像が記録されてしまいます。
変装などで自分だと特定される心配がなければいいですが、逃走車両や犯人につながる何かしらが映像として残ってしまいます。
これも犯人にとっては大きな問題です。

チェーンや鍵の施錠は最低限の防犯対策として、それに+αの対策を講じることで、より侵入されにくい、犯行を起こしにくい環境ができ、犯罪者が嫌がる場所となります。
このような対策こそが効果的に働くのです。
工場・倉庫の防犯対策
資材置き場の防犯対策

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2010年11月04日)|記事URL| あとで読む

1  2

防犯ブログ

シェア
RSS購読

ページの先頭へ戻る

?