1. HOME
  2. 防犯ブログ
  3. 2009年9月

防犯ブログ

大阪でコンビニ強盗 刺すぞ、金を出せ! 現金11万円奪う

16日午前1時40分ごろ、大阪市淀川区十三元今里のコンビニエンスストア「ローソン十三元今里1丁目店」で、客を装って入店した男が「たばこをくれ」などと言いながらカウンター内に侵入。
包丁のような刃物を男性店員(26)に突きつけて「刺すぞ、金を出せ」と脅迫したうえ、レジから現金約11万5千円を奪って逃走しました。
店員にけがはなかったということです。

淀川署は強盗事件として捜査。
同署によると、逃げた男は50歳前後で身長約170センチ。
白い長袖シャツに黒いベスト、ジーパン、レザー風の黒い帽子を身につけていました。
店内に客はおらず、店員が1人で店番をしていたということです。

同市西淀川区でも15日未明、同様の手口のコンビニ強盗事件があり、府警が関連を調べています。
現場は阪急十三駅の約600メートル西で飲食店や雑居ビルが多い地域。
<9月16日10時45分配信 産経新聞より>

コンビニ強盗に対して、防犯カメラの映像から犯人逮捕につながるケースも多いと思うのですが、以前として発生件数が減る傾向にはないようです。
コンビニへの防犯カメラ設置率はほぼ100%に近いと思いますが、それでも件数が減らないのは、リスクを犯してでも手っとり早く現金を得ることができるからでしょうか。

今度は単に防犯カメラを設置するだけでなく、その設置方法・映像の運用方法など工夫が必要ではないでしょうか。
屋外を含め、もっと目立つ場所に防犯カメラを設置する。
また、防犯カメラの映像をモニターなどに映し出し、映像を記録していることもアピールする。
どこについているか分からない設置場所では、犯罪の抑止効果が充分に発揮できません。

記録した映像の管理など徹底しなければなりませんが、プライバシーや撮られていることに不快感を感じる人より、防犯上の対策としてのやむを得ないものだと理解を示す人の方が多いでしょう。
また、逆に防犯カメラによって監視されていることで安心感を持つ人も増えているでしょう。
どこで犯罪に巻き込まれるか分かりませんが、防犯カメラがあれば、それだけで犯罪者は脅威を感じるからです。
コンビニ向け映像監視システム
コンビニ安心対策

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2009年9月16日)|記事URL| あとで読む

中国 開業から3ヶ月で3回泥棒に入られる

貴州省貴陽市で通信関連ビジネスを営む男性の店舗に開業からわずか3カ月で3回も泥棒が侵入していることが分かりました。
9月1日夜にも泥棒が押し入ってパソコンやプリンターなど3万元相当を盗んでいったということです。
9月3日付で貴州都市報が伝えました。

同紙によると、男性が営む店舗は面積が約20平方メートル。
9月2日午前に出勤したところパソコン数台のほかプリンター・コピー・レジなど約3万元相当が盗まれているのを発見しました。
男性は警察へ通報するのと同時に思い余って同紙にも苦境を訴えてきました。

これまで2回の侵入盗によって被害額はすでに計4万元に上っているということです。
男性は号泣しながら「あちこちで借金して開業にこぎつけたのに3カ月で3回も泥棒に遭ってしまった。こうなったら店で寝泊りするしかない」と述べているようです。
<9月4日20時48分配信 サーチナより>

開業から3ヶ月で3回も泥棒に入られた男性のニュースですが気の毒としか言いようがありません。
この3回の泥棒被害ですが、犯人は3回とも同じ泥棒でしょうか?
3回とも違う泥棒かもしれませんし、同じ泥棒が2回、3回と味をしめて犯行を行った可能性があります。

何度も泥棒被害に遭うところは、それだけの理由があります。
泥棒に狙われる何らかの理由が存在しているわけです。
2度と泥棒に入られないようにするには、その都度防犯対策を見直さなければなりません。
例えば、窓ガラスを割られたのであれば、窓に防犯センサーをつける、ガラスを簡単に割られないように強化する、防犯シートを貼るなど。
狙われた箇所を強化しなければ、また狙われる可能性があるからです。

泥棒や犯罪者などが狙う所は共通していることが多いでしょう。
ある泥棒が見つけたポイントは、別の泥棒も見つける可能性が高いということです。
今のまま何もしなければ、また別の泥棒に入られる可能性が高いということでしょう。
泥棒の侵入手口は常に進化しています。
それに対抗するように防犯対策も常に見直し、最新のもので対応することが大切です。
最新の犯罪情勢

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2009年9月15日)|記事URL| あとで読む

東京 回転寿司店に強盗 現金72万円奪われる

13日午前6時半ごろ、東京都足立区谷中の回転寿司店「銚子丸」に男が侵入し、副店長の男性(26)に刃物を突き付け、現金約72万円を奪って逃走しました。
男性にけがはありませんでした。
警視庁綾瀬署は、強盗事件として男の行方を追っています。

同署によると、男は刃物を突き付け、「金を出せ」と脅迫。
男性が差し出した売上金などを奪いました。
鍵の掛かっていない裏口から侵入したとみられています。

男性は前日の業務終了後、店に泊まったといい、片付けと開店準備をしていました。
売上金は金庫に日付ごとに分けて保管されていたようです。
男はアジア系外国人風で、年齢は30歳くらい。身長160〜170センチで、サングラスを掛け、黒いシャツと青いジーパンを身に着けていたということです。 
<9月13日12時22分配信 時事通信より>

店内に人がいるからという理由で裏口の鍵は開いていたのでしょうか?
この油断が思わぬ被害に遭ってしまった原因の一つでしょう。
それにしてもこの副店長の男性は、店に泊まり、朝の6時半に一人で片付けと開店準備をしていたようですが、この勤務体制も問題があるでしょう。
きちんと戸締りをして店を閉めていれば、このような強盗被害に遭うことはなかったかもしれません。
(シャッターや扉をこじ開けて侵入された可能性ももちろんありますが)

もしかしたら、犯人は事前の下見において、この店は店員1人が徹夜で作業し、早朝1人でいることが多いからその時が狙い目だということを考えていた可能性もあるでしょう。
確かに営業時間外に店舗の電気がついていれば、何をやっているのだろうかと気になります。
それが朝まで続くのであればなおさらです。

犯罪者は自分よりも弱いものを犯行のターゲットとすることが多いでしょう。
早朝に店舗に男性が一人、しかも大金が置いてある、となると刃物を持って犯行に及ぼうと考える者も出てくるでしょう。
また、店内には防犯カメラや非常押しボタンシステムなどの防犯対策がされていなかった可能性もあります。
この辺りが狙われる原因と考えられます。
泥棒に狙われる原因をいかに減らすかが防犯対策のポイントになります。

ご自宅や店舗、オフィスなど、身近な場所において、「ここは狙われそうだ」とか「ここは弱点だ」とか自分が泥棒になった気持ちで分析してみてはいかがでしょうか?
自分ではなかなか分からないという方は、防犯のプロである防犯設備士の無料防犯診断をお申し込み下さい。
泥棒に狙われそうな箇所とその防犯対策を無料でアドバイスさせていただきます。
無料防犯診断申込み

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2009年9月14日)|記事URL| あとで読む

大工道具狙い窃盗行脚 3人組逮捕

大工道具を狙って盗んだとして、新潟県警捜査3課と村上署などは9日、窃盗の疑いで、栃木県矢板市片岡の内装業、川俣源次容疑者(31)と少年1人を含む3人を逮捕しました。

同課の調べでは、3人は7日夜、村上市内の住宅新築現場に侵入し、作業用のエアコンプレッサー1台(時価4万円相当)を盗んだ疑いが持たれています。3人は容疑を認めているようです。

今年8月以降、電動大工道具を狙った窃盗事件が北陸地方を中心に約30件発生、被害は数百万円に上るということです。
同課は川俣容疑者らと何らかの関係があるとみて余罪を追及する方針です。

<9月10日7時56分配信 産経新聞より>

以前も、元大工が工事中の施工現場に侵入し、電動の大工道具を盗むという事件がありました。
犯人は、工事中は大工道具を現場に置いたまま撤収する、無人になることが多いと知っていたとありました。
このように現場をよく知る者の犯行を防ぐことは非常に難しい場合があります。

例えば、仮に防犯システムや防犯カメラが設置されていても、センサーの設置場所や警戒エリア、防犯カメラの死角などを把握し、その裏をかいて犯行に及ぶ場合があります。
防犯システムの警戒・解除の履歴確認や建物の入退出管理・記録、特に重要な箇所は防犯カメラの死角ができるだけないように設置するなど、防犯対策を講じる場合もいろいろな工夫が必要です。
ここは犯行を行うのが難しい、犯行が成功してもあとで見つかる、捕まる可能性が高い、などと犯行を思い留まらす抑止力の高い防犯対策が有効です。

セキュリティキーパーという目立つ威嚇機器を設置し、防犯システムが設置されているのが離れた場所からも分かる、見える。
屋外にも防犯カメラを設置し、映像を記録していることをアピールする。
建物に近づいただけで防犯センサーが作動し、ベルやフラッシュライトなど威嚇機器が鳴り響く。  など
うまくいけば、泥棒が事前に下見を行う場合、侵入のターゲットから外れるという効果が期待できます。
抑止力強化で狙わせない(セキュリティキーパー)
防犯カメラ
建物に入らせない(外周警備システム)

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2009年9月11日)|記事URL| あとで読む

引っ越し業者から家電盗み転売

引越し業者の保管用コンテナから商品を盗んだ事例がありました。

●京都市の伏見署は9日、窃盗の疑いで、京都府宇治市五ケ庄広岡谷、無職男(22)を逮捕した。
5月6日夜から7日朝にかけ、伏見区中島外山町の引っ越し業「アート引っ越しセンター」の保管用コンテナから、販売用の液晶テレビ3台とブルーレイレコーダー4台(被害額約85万円相当)を盗んだ疑い。 府警によると、馬渕容疑者は以前、この業者でアルバイトをしていたといい、「高価な家電製品が保管されているのを知って盗んだ」と容疑を認めている。製品はリサイクルショップなどに転売していたという。
(9月9日 京都新聞より引用)

犯人がコンテナにどうやって侵入したかまでは記載されていませんが、防犯システム・警備システムや防犯カメラなどは設置されていなかったのではないかと推測します。
引越し業者や運送会社ではお客様の荷物を運送時に、一定期間荷物を預かることもあります。
又、翌朝早い出発のため荷物を入れたままのトラックを駐車させている場合もあります。
コンテナや倉庫の中の荷物、そして駐車場に止めてあるトラックそのものが盗まれることがあります。
今回盗まれたのは販売用商品のようですが、もしお客様の荷物であったらお金ではすまない問題になります。
トラックごと盗まれた場合には、請け負っていた運送業務そのものが請負できないなり、信用問題になります。
お客様自身も納期に間に合わないといった被害が発生します。
やはりきちんとした防犯対策を実施することが必要です。

今回元アルバイトの犯行でした。内部事情に詳しく、商品の保管場所だけでんく鍵の保管場所なども知っていたのかもしれません。アルバイトなどが多い職場の場合には、鍵の管理方法自体も定期的に見直すことが必要です。

運送会社、引越し会社向けの防犯システム
●敷地内に夜間・休日侵入しようとする不審者は赤外線センサーで検知しその場で大音量のサイレンで威嚇撃退するとともに携帯電話に異常発生を画像で送信する。
●倉庫や事務所など建物への侵入を窓開閉検知センサーと室内警戒センサーの二重警戒で検知し、異常発生時には大音量のサイレンで威嚇撃退するとともに携帯電話に異常発生を画像で送信する。
●オーナー、責任者は常に見たいときにはいつでも携帯電話からの操作で現場の状況を動画で確認することが可能。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2009年9月10日)|記事URL| あとで読む

泥棒の不在確認もいろいろ。馬主、空港の手荷物ネームプレートから。

「空き巣」は、家人が不在の時に侵入する窃盗手口です。そのために「不在確認」を行います。
一般的な「空き巣」の行う「不在確認」方法は、
●インターホンを鳴らす。
●電話をする。
●小石を窓に投げる。
●建物の外観から推測する(郵便受けに郵便物が溜まっている。洗濯物が干しっぱなし。雨戸が締めっぱなしなど)
●留守電のメッセージから判断。

ちょっと変わったところでは
●新聞の訃報欄で葬儀の家を狙う。
●新聞社に新聞配達を旅行などで止めた家を狙う。

ところが、ちょっとびっくりするような「不在確認」をしていた事例がありますのでご紹介します。

●窃盗男を逮捕 被害者所有の競走馬で不在確認 (9月8日 産経新聞より引用)
資産家の女性方に侵入し、現金約320万円を盗んだとして、警視庁捜査3課は窃盗の疑いで、札幌市中央区大通東、無職男(71)を逮捕した。
競走馬の売買を通じて約20年前に被害者の女性と知り合い、女性が所有している競走馬の出走予定を新聞で確認し、不在を確認していたという。容疑者は知り合いの住所不定、無職男(35)=窃盗罪で起訴=ら男2人に、「女性は資産家だ」などと情報を提供していたという。
逮捕容疑は、湯浅容疑者らは4月6日、東京都大田区内の不動産管理業の女性(80)方に侵入し、現金約320万円とネックレス(約15万円相当)を盗んだとしている。

●空き巣:成田空港で名札見て、住所と不在確認 窃盗容疑で男逮捕−−県警 /群馬(9月2日 毎日新聞より引用)
県警捜査3課などは1日、成田空港から出国する旅行者の手荷物のネームプレートで住所を確認し空き巣に入ったとして、千葉市稲毛区黒砂3、自称会社役員男(55)を窃盗容疑で逮捕した。
 逮捕容疑は、8月10日午前1時ごろ、東京都足立区の男性税理士(61)宅に侵入し、キャッシュカード1枚と玄関の鍵4本を盗んだとしている。8月8日、同空港からハワイに出かける税理士夫妻の手荷物のネームプレートを盗み見て住所を確認していた。他にも空港内の外貨両替所などで、他人が書類に記入している住所をのぞき見るなどし、海外旅行中の留守宅を狙った可能性があるとみて調べる。

わざわざ成田空港にまで行って手荷物のネームプレートを盗み見てその住所に盗みに入る。
非常に手の込んだ手口ですが、確かに確実に何日間かは無人となる可能性が高いですから、空き巣のターゲットとしてはピッタリなのだと思います。

空き巣対策としては、
「不在である」ことを知られないようにする、ということが最も重要です。
そのためには、
●郵便物や新聞は長期不在の場合は止めておく。
●洗濯物は室内の外から目につかない場所に干す。
●留守番電話には「留守」というメッセージを入れない。
●室内照明をタイマーなどで夕方になると点灯するようにする。または、一部の照明をつけたままにしておく。
●ラジオをつけたままにする。
●窓・扉には補助錠を設置する。
●錠前は破壊工作に強いタイプのものに交換する。
●防犯システムを完備していることを建物外部からすぐにわかるように目立つところにセキュリティキーパーや設置シール、防犯ベル、防犯カメラなどを設置する。
●扉・窓に開閉検知センサーを設置し、不審者がこじ開けようとするとベルやサイレンで威嚇撃退するとともに携帯電話に通報される防犯システムを設置する。
●敷地内に入ったり、窓に近づいた時点で検知できる外周警備システムを設置する。
●死角になる窓や扉がないかどうか確認し、見通しをよくする。植木の選定、高い塀から低いフェンスへの変更。

空き巣被害の実情と防犯対策

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2009年9月09日)|記事URL| あとで読む

天王寺動物園の狂言強盗

天王寺動物園で狂言強盗がありました。
大阪市天王寺区の天王寺動物園で強盗に遭ったように装い、現金を盗んだとして、大阪府警天王寺署は8日、動物園の乗り物コーナーのスタッフの女(24)について、窃盗容疑で逮捕状を請求した。

 このスタッフは開園中の同日昼前、「若い男2人にナイフを突きつけられ、両替機から回収した現金約5万円入りのかばんを奪われた」などと訴え、同署が強盗事件として捜査していた。

 逃げたとする男を捜索するため、同署の要請を受けた動物園側が300人以上の全入園者を退園させる騒ぎとなった。
(9月8日 毎日新聞より引用)

子供まで巻き込んだ許しがたい犯罪だと思いますが、もしこれが本当の強盗であったら、いかに異常発生を察知し、お客様を誘導するかが重要となります。
動物園では、飼育係が動物に殺されるといった事件も過去に発生しています。
やはり、そうした異常発生を早期に把握できる緊急通報システムは不可欠です。

従業員、飼育員は無線タイプの緊急非常押しボタンを携帯します。
警備員は携帯型の受信機を携帯します。
どこにいても警備員に異常発生を知らせることができます。
そして緊急押しボタンと防犯カメラを連動させることで、画像で何が起きたかを確認することができます。

子どもたちに少しでも楽しんでもらうためには、万全の安全対策が必要です。
動物園無線式緊急通報システム

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2009年9月08日)|記事URL| あとで読む

壁に穴開け携帯電話41台盗難。兵庫で2件。

携帯電話ショップ2店舗から携帯電話が盗まれるという被害が又発生しました。

●6日午前3時15分頃、兵庫県三木市大村の携帯電話販売店「ドコモショップ三木店」で警報装置が作動したため、警備会社が110番した。三木署員が駆けつけると、店舗裏の厚さ10センチのモルタル製の壁に穴(縦1メートル、横50センチ)が空けられており、携帯電話41台(189万円相当)が盗まれていた。

 約20分後、南東約2キロにある同市別所町の「ソフトバンク別所小林店」でも警報装置が作動。入り口ドアが破られ、商品を物色した跡があったが、何も盗まれていなかった。同署は窃盗、窃盗未遂事件として捜査している。
 
両店とも携帯電話の保管ロッカーのカギが壊されていた。売上金の被害はなかったという
ドコモショップ三木店では1月にも裏口のガラスが割られ、携帯電話118台(708万円相当)が盗まれている。
(9月6日読売新聞より引用)

盗んだ携帯電話は換金されます。中国では日本の携帯電話を持つ事がステイタス。盗んだ携帯電話が闇ルートで販売されているといったニュースを以前見た事があります。
携帯電話ショップでは警備会社と委託警備契約をしていますが、被害が発生している状況です。
窃盗団として複数の人間が犯行に及んでいると考えられます。
「壁に穴を開けたり、扉をこじ開けて、短時間(5分以内。場合によっては1〜2分程度)で犯行を終える」
短時間で犯行を終了するため、少々の物音など気にもせず荒っぽい方法で侵入しているのです。警備員など人が駆けつける時間を予想しそれまでに犯行を終了しています。
又、店舗の状況、レイアウトなども過去の成功体験で熟知、どこに何が置いてあるかを知っています。

こうした「短時間化」した侵入窃盗に対しては、「犯行を継続させない環境」を作る事が必要です。
ではどうすればいいかというと、「視界を遮る」「人目につくようにする」といったことです。
建物に侵入したと同時に、大音量のベルやサイレンを鳴らず。
これで泥棒は「自分の犯行がバレた」とわかると同時に、誰かに顔を見られるのではないかと思います。
同時に「霧を噴射、視界を遮る」のです。
こうすることで、自分の手元も見えなくなります。どっちが出口か、といった方向もわかりづらくなります。
こうした音による威嚇撃退。霧による継続不能な状態にするのです。
携帯ショップ向け防犯システム

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2009年9月07日)|記事URL| あとで読む

11歳長男に万引きを強要していた元夫婦逮捕

小学5年の長男(11)に米などを万引きするよう命令していたとして、兵庫県警明石署は4日、窃盗容疑で、同県加古川市に住む派遣社員の男(33)と、同居の元妻(31)を逮捕しました。
同署によると、男は「やらせていない」と否認、元妻は認めているということです。

逮捕容疑は3日午後5時半ごろ、同県明石市内のスーパーで、米2袋など食料品4点(約7800円相当)を長男に盗ませた疑いです。

同署によると、一家は他の子供を含め8人暮らし。
男は見つかった場合は親からもらったお金をなくしたと説明するよう、長男に指示していました。
長男は「2年ほど前からさせられていた。断ると殴られたこともあり、怖かった」などと話しているということです。 
<9月4日12時25分配信 時事通信より>

親が子供に万引きを強要、断ると暴行するという最低の親です。
別のニュースを見ると、11歳の長男は「こんなこと(万引き)せなあかんのは嫌やけど、お父さんに怒られるからやった」とも言っているようです。
店側に見つかった場合、お金を落としたと答えると、子供だから許されると想定していたのでしょう。
子供を楯にした汚い大人の手口です。

万引き被害を被っていた店側も被害者ですし、強要させられていた子供も被害者です。
見つかった場合も想定した万引きですから、防犯対策は難しいでしょう。
防犯カメラが設置されていれば、自分たちが防犯カメラに記録されないように注意したかもしれませんが、子供が映っても何とかなるだろうぐらいにしか思っていないでしょう。

お客さんと万引き犯、営業時間中はその見分けはつきませんし、お客さんだけを選別することも難しいと言えます。
このような犯罪はやや特殊ですが、一般的な泥棒に対しては、防犯カメラや万引き防止機が効果的です。
防犯システムが設置されている店舗とそうでない店舗、泥棒が狙うのは何も設置されていない店舗です。
防犯カメラシステム万引き防止システム

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2009年9月04日)|記事URL| あとで読む

缶ビール24本 ワンピースの中に入れて盗んだ女

海外からのニュースです。

アメリカ・ルイジアナ州で、缶ビールを盗む女(42)の姿を防犯カメラがとらえました。

冷蔵庫から缶ビール24本が入った箱を取り出した女は、棚の陰で辺りを警戒しながらワンピースのすそをまくり、両足で箱を挟んだ。女はそのまま、すそを下ろして箱を隠し、店を出ていきました。

警察は後日、窃盗の疑いでこの女を逮捕しました。
取り調べの際、ビール箱を量ったところ、重さは9キロもあったということです。
<9月2日16時39分配信 日本テレビより>

両足で箱を挟み、ワンピースで隠し、そのまま店を出て行ったようですが、かなり不自然な歩き方だったと思います。店員は見ていなかったのでしょうか・・・。
盗んだ女も防犯カメラの存在には気が付いていなかったのでしょうか。
それとも、防犯カメラがついていても犯行に及ぼうと思わせる何かがあったのかもしれません。

客が誰もいない、店員もいない、など魔が差しての犯行かもしれません。
普通は防犯カメラがついているのが分かれば、その場での犯行は思い留まることが多いと思います。
強盗など、大金を狙っての犯行、顔を見られるリスクを冒しての犯行は別かもしれませんが。

加害者である犯罪者が悪いことは言うまでもありませんが、侵入や盗難などの被害に遭う被害者側にも狙われる要因があることが多いです。

意外に多いのが無施錠の扉や窓からの侵入手口です。
泥棒に入ってくれとばかりの無防備さの家が多いのが現実です。
また、数百万円から数千万円もの大金を保管しているような店舗や事務所で、何も防犯対策をしていないところも多いようです。

泥棒は事前に下見をすると言われています。
その際、侵入しやすいか、盗みやすいかなど判断し、犯行のターゲットを選びます。
そのターゲットに選ばれてしまうのは、無施錠や何も防犯対策をしていないところが多いでしょう。
逆に考えると、しっかりと防犯対策をしているところは狙われないということになります。
まず、捕まるリスクを考えてターゲットを選びますので、あえて防犯対策しているところに挑戦しようとする泥棒は少ないでしょう。
泥棒が狙いを定めるまで

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2009年9月04日)|記事URL| あとで読む

1  2  3

防犯ブログ

シェア
RSS購読

ページの先頭へ戻る

?