1. HOME
  2. 防犯ブログ
  3. 2009年02月
  4. 小中学校でリコーダー盗難相次ぐ

防犯ブログ

小中学校でリコーダー盗難相次ぐ

兵庫県下の小中学校において、笛やリコーダーが相次いで盗難に遭っています。
いずれの手口も校舎窓ガラスを割って校内へ侵入しており、警察では同一犯の可能性を視野に入れて捜査を進めているとの事です。
恐らく転売目的の犯行ではないかと推測できますが、それにしても最近はこういったフェチ事件が多いですね。

今回の事件は盗難事件ですが、学校において、障害や殺人などの凶悪犯罪が起こるケースが残念ながら増加しているように思います。
しかし防犯 対策はなかなか進んでいないのが現状でもあります。
また、学校の窓をいたずらに割ったりする事件も定期的に起こっていますが、こういった状態を放置しておくと学校自体の風紀が悪化し、落書き等のいたずらを引き起こすケースもあります。
そういった状況を防ぐ為にも、特に夜間等無人になってからの防犯対策を行う必要があります。

●セキュリティハウスの防犯対策:『教育施設向けセキュリティ』
●セキュリティハウスの防犯対策:『外周警備システム』

“18日午前7時15分頃、兵庫県加古川市尾上町口里の市立浜の宮小で、校舎1階の窓ガラス2枚が割られており、職員が女性職員用更衣室などを確認したところ、体育の授業で使うホイッスル4個がなくなっていた。
 同校から南に約300メートル離れた市立浜の宮中でも同日朝、教室などの窓ガラス計8枚が割られているのが見つかり、女子生徒らのリコーダー4本が盗まれていた。加古川署は窃盗容疑で捜査している。
 発表によると、両校とも17日午後9時頃、職員が校舎内を見回った際に異状はなかったという。
 また、同市内の市立平岡小で17日、ホイッスル6個が盗まれたほか、これまでに、同市に隣接する播磨町の町立播磨南、播磨両中でもリコーダー計15本が盗まれる事件があった。”
【読売新聞:2009年2月18日記事より抜粋】

投稿者:スタッフ(2009年2月19日)|記事URL| あとで読む

防犯ブログ

シェア
RSS購読

ページの先頭へ戻る