1. HOME
  2. 防犯ブログ
  3. 2008年09月
  4. エンジン盗難 農耕機が狙われる

防犯ブログ

エンジン盗難 農耕機が狙われる

“太田市を中心に、農耕機からエンジンだけが盗まれる事件が相次いでいる。被害は今年初めから6日までに少なくとも78件88台(計約480万円相当)にのぼる。県警捜査3課は連続窃盗事件として捜査しているが「金属目的なら本体ごと持ち去るはず。なぜエンジンだけなのか」と首をかしげている。
 調べでは、被害は太田市のほか伊勢崎市、前橋市など。農作業場の近くの無施錠のビニールハウスや、物置などに置いてある農耕機から、固定されているエンジンだけをはずし持ち去っている。”

【2008年9月7日 毎日新聞より】

群馬県で気になる事件が続いています。エンジンだけを盗んでどうしているのでしょうか。警察の方がおっしゃっているように、金属の換金目的であれば丸ごと盗んだほうが手早いですよね。
こういったビニールハウスや物置など、普段人気のないところはどうしても防犯 対策が手薄になってしまいます。
そこを狙い、資材や農作物の盗難が後を絶ちません。
これから収穫の時期を迎え、農作物の盗難事件が増加する事も予想されます。
倉庫や納屋には防犯装置を取り付けるのはもちろん、扉にも補助錠を取り付ける等の工夫で、狙われにくい環境をつくる事が大切です。、

セキュリティハウスの防犯 対策:ワイヤレス警戒システム
セキュリティハウスの防犯 対策:農作物セキュリティ

投稿者:スタッフ(2008年9月17日)|記事URL| あとで読む

防犯ブログ

シェア
RSS購読

ページの先頭へ戻る