1. HOME
  2. 設置場所別防犯対策
  3. 寺社仏閣の防犯対策
  4. 放火対策

寺社仏閣の防犯対策寺社仏閣の防犯対策


放火対策

大切なご神体や仏像、文化財・重要文化財に指定された建造物などの焼失。たとえ新たに再建しても、歳月を経た風格と歴史は取り戻すことはできません。

平成23年には神社仏閣への放火認知件数は30件。

神社仏閣の場合ほとんどが木造建物のため火災感知器が検知した時点では大切なご神体や仏像、文化財・重要文化財に指定された建造物などの焼失といったことになります。
たとえ新たに再建しても、歳月を経た風格と歴史は取り戻すことはできません。

火災の15年連続1位の原因は「放火」です。
放火は、夜間などの不審者の侵入をいち早く知る侵入警戒システムとともに、「炎センサー」で放火犯がライターの火をつけようとしたのを検知することが大切です。

「炎センサー」は、ライターやマッチから発する炎を敏感に感知し報知します。
10m先の7㎝の炎を検知して知らせます。
炎が出ると素早く反応し、被害を最小に防ぐすることができます。

異常発生をあらかじめ設定した通報先5箇所に通報することができます

放火対策

設置例

設置例

設置例 設置例←景観を損ねない特注色仕様。

また、 離れたところで 発火、放火を監視したい場合は 配線いらずのワイヤレスシステムを構築することも可能です。



屋内の絵画、木造彫刻等の重要文化財・歴史遺産の放火対策


屋外木造建物等の重要文化財・歴史遺産の放火対策


システム構成例


総合防犯設備士数ナンバーワン!

(平成29年6月末現在)

  • 全納入実績 234,800
  • 防犯設備士 557
  • 総合防犯設備士 59

こんにちは、防犯のセキュリティハウスです。数多いホームページの中より、当ホームページをご覧いただきましてありがとうございます。初めてのセキュリティ導入、他社様からの変更依頼、何から手をつけて良いかわからないのが普通です。又、 対策は非常に機密性の高い内容を取扱いますので、信頼のおけるセキュリティのプロにまかせられることをおすすめします。何なりとお気軽にお問い合わせください。

さらに防犯について詳しく知りたい方はこちらから

設置場所別防犯対策LOCATION

ページの先頭へ戻る