防犯対策

  • 店舗
  • 設置場所別防犯対策
お店での放火対策

現代でも火災発生原因の筆頭は放火

放火は人命や財産が脅かされるという、その被害の規模から重罪になっています。江戸時代では長屋の端に火をつけるだけでも犠牲になる人がたくさんいたため、凶悪犯罪とされていました。現代でも放火は火災発生の筆頭原因となっています。

また昨今の放火に関して言えば、その残忍さが増しており、火災保険をせしめるための放火や、放火をすることで発生する大きな炎を見たいがために火をつけたりするなど、その理由も多様化しています。

放火は許すべきではない犯罪であり、絶対にやめさせるべきものでもあります。
それと同時に、自己防衛のための知識や機器の導入も、必要不可欠になりつつあると言えます。

放火を防ぐ環境づくり

放火犯に「ここに放火するのはやめよう」と思わせるような環境として、以下のようなものが挙げられます。

防犯灯や人感ライトなどで、夜間も出来る限り明るくする

夜間や人気のない暗がりなどで放火が行われることがよくあります。照明器具等を設置することで、未然に防ぐことができる犯罪も多くあります。人感ライトは、その他犯罪者が嫌がる機能も追加しております。

サイレン付き人感ライト(LCL-30SI)

サイレン付き人感ライト(LCL-30SI)

人感ライトにさらにサイレンを搭載した商品です。
光と音により威嚇効果がアップ。また、リモコンにより離れたところからサイレンのON/OFFやライトの連続点灯が可能!

人感・音感ライト(LC-101WSH)

人感・音感ライト(LC-101WSH)

人体から放出される遠赤外線(≒体温)をキャッチするパッシブインフラレッド方式の人感センサーと、音(音波)に反応する音感センサーから成り、ライトと組み合わせることにより自動的にランプが点灯し一定時間後消灯します。

外周警備システムを導入し、夜間の侵入者を検知し、警報と閃光で威嚇撃退する

外周警備システムを導入することで、異常を早期発見することができます。また機器を設置しておくことで、犯罪者の侵入への意思を挫くことができるという利点もあります。

フェンスセンサー(D7K-50)

フェンスセンサー(D7K-50)

赤外線での警戒が難しい設置個所にも最適なセンサーです。面警戒方式を採用、より厳重な警備が可能です。

また、重要施設(原子力発電所等)での赤外線センサーとの併用による2重警戒用センサーとしても最適なセンサーです。

赤外線センサー(SHC-AX050)

赤外線センサー(SHC-AX050)

当社独自の二重変調方式を赤外線ビームに採用することで、外乱光(太陽光や車のヘッドライトなど)との識別性を高め、信頼性の高い屋外警戒を実現。 誘導雷による被害を低減するために、耐サージ性能を強化したため、雷にも強いです。

炎センサーを設置し、ライターなどの微細な炎でも、音声メッセージと光で威嚇するようにする

放火を未然に防ぐためには、火災になってから発報するのではなく、小さな炎が出てた段階で警報させることが大切になります。炎センサーはトイレからその他箇所まで幅広くご利用頂けます。

炎センサー(FS-5000)

炎センサー(FS-5000)

30m先の炎を瞬時にキャッチできる、屋外設置が可能な画期的な紫外線検知型炎センサーです。炎に含まれる紫外線をすばやく検知し、外部出力動作をおこないます。

炎センサー(FS-3000)

炎センサー(FS-3000)

音声メッセージ付きで超高感度な炎センサー。 火災報知用だけでなく、禁煙、火気厳禁エリアでの警告用としても幅広くご使用いただけます。

その他でできる環境づくり

  • 放火されやすい段ボール箱や古新聞・古雑誌・紙製品などを建物の外に置かない
  • 道路や離れた場所から見通しを確認し、死角や見えづらい場所を作らない様にする

当社の侵入検知システムは、不審者に敷地内へ侵入された場合に 即座に検知・威嚇・撃退し、
炎センサー10m先の大きさ7cmまでの炎を検知し、火災の早期発見を行うことが出来ます。

→火災・放火についての詳しいデータ

放火対策2

資料請求はこちらお気軽にご請求ください
加盟企業専用ページはこちら