防犯対策

  • 外周警備
  • 目的別防犯対策
一戸建ての空き巣・忍込み対策

住宅の防犯対策は必須!財産のみならず、家族の生命や心の平穏まで失います。

空き巣・忍び込み対策

侵入窃盗(泥棒)には、留守宅を狙う「空き巣」、家人が寝静まったときに侵入する「忍込み」、ゴミ出しなど軽く目を離した隙に侵入する「居空き」があります。

image1.jpg

「うちには泥棒なんか入らない」

多くの人が何の根拠もなくそう信じていますが、平成30年度の侵入窃盗発生場所は、一戸建てが42.5%、マンションが16.0%で、一般住宅の合計は58.5%にのぼります。
つまり、住宅は「最も泥棒に狙われる場所」なのです。
「お金を置いていないから」・・・泥棒が狙っているのは現金だけではありません。TVやパソコン、タブレット、ゲーム機器など換金できるものを狙って侵入するのです。
侵入窃盗発生場所別認知件数(平成30年度)
一戸建住宅42.5%
マンション等16.0%
一般事務所12.7%
商店6.9%
生活環境営業8.7%
その他13.2%
(出典:警察庁統計資料)
image2.jpg

現代の一戸建て住宅における犯罪

侵入窃盗の認知件数は、平成15年以降減少に転じ、平成30年は62,745件で前年比-14.2%と16年連続で減少しています。
このうち住宅対象侵入窃盗は、平成16年以降減少しており、平成30年は31,505件で前年比-14.9%と、同じく連続して減少しています。
しかしながら、一日当たり約86件発生しており、未だ多くの住宅が被害に遭っているのです。
侵入窃盗認知件数推移.jpg
一戸建て住宅における侵入手段(平成30年度)
ガラス破り37.7%
無施錠46.5%
施錠開け 0.2%(ピッキング・サムターン回し等)
その他施錠開け1.7%
錠破り2.4%
合かぎ1.8%
戸外し0.7%
その他9.2%
(出典:警察庁統計資料)

一戸建て住宅における侵入口(平成30年度)
窓57.6%
表出入口18.2%
その他出入口15.8%
その他8.4%
(出典:警察庁統計資料)
image4.jpg

侵入の手口で一番多いのは、窓や玄関を開けたままにしておく『無施錠』です。

トイレや風呂場の窓を「換気のため」に開けたままにしておく。2階は安全、と窓を開けたまま就寝する。
ゴミ出しのとき、植木に水をやるときに「数分だから」と玄関の鍵を開けたままにしておく。
泥棒はそこから入ってきます。
プロの窃盗犯はターゲットの家族構成や、出掛ける時間、帰宅時間などをあらかじめチェックし、ほんの数分の隙を狙って侵入します。
また、窓に付けている格子は簡単に外すことができるものなので、防犯効果はほぼありません。

次に多いのは、窓や扉のガラスを割って錠前を開ける『ガラス破り』です。

人目につきにくい掃き出し窓や腰高窓、浴室やトイレの小さな高窓が狙われます。網ガラスは割れにくいと言われていますが、割れたときに破片が脱落しにくいというだけで、防犯上は全く意味がありません。
焼き破り、切り破り、こじ破り、3点破りなど、ガラスの割り方によってさまざまな方法があります。いずれの場合も、熟練した泥棒であればほとんど音を立てずに割ってしまいます。
泥棒に侵入されると、知らない間に他人が土足で入り込み、家の中をめちゃくちゃに荒らしていったという事実から、「また入られるのではないか」という恐怖と不安に苛まれます。

運悪く犯人と鉢合わせしてしまった場合は、『窃盗犯』は『強盗』に豹変し、財産だけでなく家族の生命が危険にさらされる危険があります。

一度でも被害に遭えば、平穏な日常生活を失ってしまいます。
「自分の家は狙われている」という意識を持ち、しっかりとした防犯対策をしましょう。
ガラス破り.jpg

一戸建て住宅の侵入の恐れがある箇所

  • 一辺または直径が200mm以上の窓やベランダ、換気口、玄関、勝手口、などの開口部
  • かつ、地表または足場となるところからの距離(開口部までの下端までの距離)が1.8m未満のもの
  • かつ、木や電柱といった、外構設備との水平距離が1.8m未満のもの
img_01.jpg

犯罪者は「下見」をして侵入ターゲットを選びます。

洗濯物が夜になっても干しっぱなし。留守である、ルーズな家だと思われます。
image7.jpg 4dorobou sukinaie_dorobou.jpg 植木が鬱蒼としている。侵入者の姿が外から見えにくいので「侵入しやすい」
格子を過信していると、多くの格子は外から簡単に外せることが多いです。
image9.jpg 郵便受けに郵便物は入ったままになっているのも「不在の証拠」。狙われます。 image10.jpg

「犯罪者が嫌がる環境」を作ることが空き巣・忍込みに対する防犯対策として重要です。

image11.jpg 「侵入防止4原則」にセキュリティハウスの自主機械警備システムは対応しています。
下見をする犯罪者に対して、建物外部に設置したセキュリティ・キーパーの「警備中」の文字が、「ここに侵入するのは、ムリだ」と感じさせ、犯罪対象から外させます。
image12.jpg

一戸建てホームセキュリティ一戸建て住宅の侵入・火災・非常対策

img_location-house_05.jpg
  • マグネットスイッチ送信機
  • 窓の開閉を検知売るワイヤレス送信機。
  • 煙感知送信機
    住宅用火災警報器にワイヤレス送信機能を内蔵
  • サイレン・フラッシュ付き受信機
    異常時、サイレンと閃光による威嚇
  • パッシブセンサ送信機
    防雨構造で屋外設置が可能
  • パッシブセンサ送信機
    人体による温度変化を検知するワイヤレス送信機
  • マグネットスイッチ送信機
    玄関や勝手口の検知に。
  • ネットワークコントローラ
    異常発生時、メールと音声で自動通報します。
  • ワイヤレスリモコン
    警備開始/解除も簡単操作。

抑止(予防)・・・狙わせない!!

侵入をしようとする犯罪者は必ず「下見」をします。下見の時点でセキュリティキーパーが侵入者の心理に抑止をかけます。「ここはやめよう」という気持ちにさせ犯罪を思いとどまらせます。犯罪対象から外させることができます。

早期発見・威嚇撃退・・・侵入させない!!

それでも敷地内に入ってきた場合には屋外設置のパッシブセンサー送信機が検知し、音声メッセージで威嚇します。窓扉をこじ開けようとすると、その場で侵入者が最も嫌がる「音と光」で威嚇撃退します。

昼間や夜間など在宅の場合には、「在宅警備」を実施します。敷地の中に勝手に入ってきた場合や、2階のベランダ窓など通常のお客様や家族がいかない場所への人を検知し、コントローラが音声メッセージ「侵入です。侵入です」で知らせます。同時に防犯ベルを鳴らし威嚇撃退します。同時に異常発生をあらかじめ設定した通報先5箇所にまずメール送信、その後に音声メッセージで自動通報します。

侵入・火災・異常発生時には自動通報します。

  1. 第一通報はメールで。
    5ヵ所に、同時に瞬時に送信。 image15.jpeg
  2. 第二通報は音声で。
    メールが見られない、見忘れなどにも、
    侵入・異常発生の時は音声メッセージで自動通報。
    ダブルで確認できます。image16.jpeg
  3. ネットワークカメラ(1台)で画像確認。(※1)
    異常発生時に、メールに添付された現場の画像を確認できます。
    ※1:「自主機械警備システムNEXT」システムの場合ご利用になれます。i-phone.jpg

ネットワークコントローラを利用した防犯システムの特徴

特徴1

誰が防犯システムをSET、解除したか履歴が取れます。お子様が帰宅したのを確認でき安心です。(労務管理、簡単な入退管理が可能です)

特徴2

フェリカカードが対応出来るので、防犯用のカードを別に持つ必要はありません。

特徴3

音声だけでなくメールでの通報もできるため(約5秒)すぐに確認できます。 IP回線を利用でき、メール送信費用は別途かかりません。

特徴4

お客様の携帯電話で防犯状態を確認、セット・解除が出来ます。(※1)

特徴5

リモコンも使用可能なので離れた場所(約100m)での警戒・解除も可能。

特徴6

設備監視システムにより万一の機器故障もすぐに対応(見守る安心)(※1)

特徴7

防犯だけでなく、火災・ガス漏れ等の防災にも対応
※1:「自主機械警備システムNEXT」システムの場合ご利用になれます。

おすすめ防犯機器

  • ネットワークコントローラ  WJ-750SH
  • 外周警備用赤外線センサー SHC-AX050
  • LED人感ライト  LCL-32
  • 屋外用炎センサ送信機 TX-124L
資料請求はこちらお気軽にご請求ください
加盟企業専用ページはこちら