防犯対策

  • 寺・神社
  • 文化財保護
  • 目的別防犯対策
  • 設置場所別防犯対策
文化財の放火・禁煙対策

文化財の焼失を防ぐ──炎センサー

2000年5月9日未明、京都大原の寂光院が何者かによって放火され、本堂が全焼し、鎌倉時代初期の作とされる重要文化財「木造地蔵菩薩立像」も真っ黒に焼け焦げてしまいました。その後本堂は再建され2005年6月から一般公開されましたが、地蔵菩薩像を元の姿に戻すことは不可能でした。 寺社・仏閣はほとんどが年月を経た木造建築のため、火をつけられると瞬く間に燃え広がってしまいます。先述したように防犯対策をしなければ見つかりにくい環境にあるため、放火犯にとっても「火を点けやすく、確実に逃げられる」場所と言えます。実際、2011年に起こった神社・寺院の火災発生件数86件のうち、放火・放火の疑いのある火災は3割以上を占めています。 貴重な建築物と文化財を守るため、そして何より命を守るためにも、しっかりとした防火対策が求められます。

放火対策の基本は、新聞紙や段ボール箱等の燃えやすいものを建物の外に放置しないよう心がけることです。これを徹底するとともに、炎センサーを屋内・屋外の各所に取り付けることをお勧めします。

セキュリティハウスが提供する炎センサーは、10mも先にあるわずか7cmの炎まで敏感にキャッチ。放火犯がライターやマッチに火をつけた次の瞬間に音声メッセージや警報ベルで威嚇し、事務所のコントローラーを通して異常を知らせます。5ヶ国語(日・英・中・韓・西)のメッセージで周囲に警告するタイプもあります。 喫煙場所以外の禁煙を防止させるための警告メッセージもあります。インバウンド対策としても有効です。

200618img_30.jpg

動画

防犯機器紹介

  • 炎センサー
  • 炎センサー
  • 炎センサー
  • 防犯カメラとの連動をお勧め
資料請求はこちらお気軽にご請求ください
加盟企業専用ページはこちら