防犯対策

  • 工場
  • 設置場所別防犯対策
工場の犯罪事情

「工場は現金を置いていないので泥棒に入られない」と考えている方もまだまだ多いようですが、工場にも不審者が不法侵入したことによりいろいろな被害が発生しています。

工場における犯罪は

  • 悪意を持った侵入者による犯罪
  • 従業員による犯罪
  • 出入り業者による犯罪

があります。

工場で発生している犯罪

  • 工場内での商品、原材料品、仕掛品、什器備品の盗難被害。 原材料の盗難に関しては特に注意が必要で、原材料の中には燃えやすいものや毒物となるものなどもあり盗まれた原材料が別の犯罪に悪用される可能性もあります。
  • 工場敷地内での金属などの盗難・・平成18年度頃より急増。廃棄した金属板、廃材、線材などが盗まれ換金されています。屋外に野積みされたままのものも多く狙われています。そうした廃材を狙って侵入して「無施錠」の窓を見つけてそこから建物に侵入、証拠隠滅のため放火、防犯カメラ破壊、とった被害もあります。
  • 放火・・工場などは燃えやすい原材料や商品などもあり最も注意が必要です。
    たばこの不始末などの火災・・工場内は禁煙のところがほとんどですが、火災対策は徹底する必要があります。古い木造の建物やゴミ箱、工場関連では、廃タイヤ、産業廃棄物、中古自動車(ガソリンやオイルが残っている)など、悪戯や熱気による自然発火で大きな火災を起こした例があります。
  • 異物混入・・原材料や仕掛品、商品への異物混入は企業にとって致命傷になります。泥棒の腹いせの場合もありますが、従業員や元従業員が悪意を持って異物混入が目的の侵入被害もあり注意が必要です。対策が十分でない工場の場合には、原因究明に時間がかかり、その間商品出荷が出来なかったり、納期が守れず取引先に大きな損害を与えてしまうこともあり、信用失墜につながります。特に食品工場はきちんとした対策が必要です。
  • 生産ライン停止・・不審者が機材を破壊したりすることで生産ラインが止まると大きな損害になります。
  • 機密情報漏洩・・新商品情報や個人情報など企業機密情報が盗まれたり漏洩する被害が多発しています。対策が十分でないと「個人情報漏洩を起こした企業」として取引先や顧客からの信用を失います。
  • 駐車場での犯罪(車上荒らし)・・従業員、来客の乗用車の車上荒らしや自動車盗難。特に乗用車内のノートパソコンが盗まれ、その中に個人情報などが含まれると信用失墜につながります。

おすすめ商品

  • セキュリティキーパー
  • 赤外線センサー
  • ネットワークコントローラ
  • 炎センサ送信機
資料請求はこちらお気軽にご請求ください
加盟企業専用ページはこちら