防犯対策

  • 事務所・オフィス
  • 設置場所別防犯対策
事務所・オフィスの放火対策・禁煙対策

火災はオフィス・事務所にとって対策を取らなければならないリスクの一つです。

火災が発生してしまうと大切な書類・パソコンなどすべてを焼失します。そして従業員は社内にいる時間帯では、最も大切な従業員の命を危険にさらすことになります。

火災の原因で最も多いのが「放火」です。炎センサーが犯罪者が放火をしようとした瞬間を捉えます。又、外周警備+炎センサー+防犯カメラで早期対応が可能です。

動画紹介

ここに注目 !!

通常の火災感知器は熱に反応しますが、セキュリティハウスの炎センサーは炎の紫外線を探知します。しかも10mも先にあるわずか7㎝の炎に含まれる紫外線を捉えることができるため、放火犯がマッチやライターで火をつけた瞬間に音声メッセージで威嚇します。

また、禁煙場所での喫煙対策としても炎センサーはお勧めです。

隠れて煙草を吸おうとライターをつけると、」瞬時に検知し「ここは禁煙です。お煙草はご遠慮ください」のメッセージで警告します。

外国人の労働者が多い職場では5か国語で警告するタイプもあります。「改正健康増進法」が2020年4月1日施行され、2019年に禁煙指定された学校、病院、その他行政機関の庁舎の敷地内に加えて、事務所、ホテル、旅館、飲食店、裁判所等が原則屋内禁煙になりました。

こうした禁煙場所での喫煙対策に炎センサーを使用することで、人間関係のトラブルや注意する人のストレスがなくなります。

おすすめ商品

  • 炎センサー
  • 炎センサー
  • 炎センサー
  • LED防犯ライト
資料請求はこちらお気軽にご請求ください
加盟企業専用ページはこちら