1. HOME
  2. 設置場所別防犯対策
  3. 老人福祉施設の防犯対策
  4. 老人福祉施設の防犯事情

老人福祉施設の防犯対策


老人福祉施設における犯罪事情

病院や老人ホームで結構多いトラブルが「現金の窃盗」

これが、老人福祉施設への侵入窃盗犯の供述です。老人福祉施設の事務室の金庫内の現金を盗まれたり、各入居者の現金を盗まれたり・・といった被害が全国で多発しています。
原因の一つには、病院や老人ホームには見舞い客や家族などの出入りが多く、夜間といえども人の出入りがあることがあります。

病院や老人ホームを専門にしていた窃盗犯は「警備システムが設置されていないことが多く、防犯意識が低い」ということを理由に挙げています。


老人保健施設の犯罪が多い理由

金庫泥棒イメージ
  1. 見舞い客や家族の出入りが常にあり、顔を知らない人が出入りしていても不審者と思われない。
  2. 夜間はナースセンターや宿直室などにしか人がいない状態で事務室には人がいない。金庫の設置されている事務室のある1Fは殆ど夜間には人がいなく、不審者が侵入しても気が付かないことが多い。
    夜間は特に少人数で多くのお年寄りの世話をするため、手薄になり、気が付きにくい。
  3. 廊下やトイレなどは夜間でも自由に行けるようにする必要がある。
  4. 現金を置いていない、常に人がいる、ということで泥棒被害にが遭わないと考え、警備が甘く、何も対策をしていないところが多い。
  5. 入居者の部屋にも誰でも自由に出入りできるため入居者の現金なども盗むことが可能な環境にある。
    老人ホームのヘルパー入居者のキャッシュカードを使い現金を勝手に引き出す被害なども発生している。

火災や放火の被害、施設内の暴力、老人への虐待も


(平成29年6月末現在)

  • 全納入実績 234,800
  • 防犯設備士 557
  • 総合防犯設備士 59

こんにちは、防犯のセキュリティハウスです。 数多いホームページの中より、当ホームページをご覧いただきましてありがとうございます。 初めてのセキュリティ導入、他社様からの変更依頼、何から手をつけて良いかわからないのが普通です。又、 対策は非常に機密性の高い内容を取扱いますので、信頼のおけるセキュリティのプロにまかせられることをおすすめします。何なりとお気軽にお問い合わせください。

さらに防犯について詳しく知りたい方はこちらから

  • 無料防犯診断
  • 資料請求

ページの先頭へ戻る