1. HOME
  2. 設置場所別防犯対策
  3. 店舗・コンビニの防犯対策
  4. 店舗・コンビニの防犯事情

店舗・コンビニの防犯対策店舗・コンビニの防犯対策


店舗・コンビニの防犯事情

商店・店舗に対する侵入盗の実態

侵入窃盗の8.8%が「店舗・商店」への侵入で、平成24年には認知件数10,190件となります。

前年は11,868件ですので前年比1.16%減少しています。
数字的には一般家庭(一戸建て住宅38.1%・マンション等18.9%)の57%に比べると少ないように感じられるかもしれませんが、一般事務所13.8%に続き商店が多いのです。

商店・店舗への侵入窃盗は夜間に発生することが多いため、現金、商品、パソコン等をごっそり持っていかれる以外にも、ウィンドウガラスが割られたりシャッターに車ごと突っ込んだり、壁に穴を開けたりといった建物の被害や、レジ・金庫の破壊等の被害も発生します。修復費用に加えて、修復に時間がかかり、その間営業をすることができないため売上損失が発生するなど二次的な被害も発生することを忘れてはなりません。

又、食料品店やレストラン、スーパーなどでは侵入者が針や毒物など異物を商品に混入させるといった被害や、侵入したにも関わらず十分な現金がなかった腹いせや証拠隠滅のために放火をするといった被害も発生しています。

特に最近ではリサイクルショップや宝石店など高額商品を狙っての「爆窃団」と呼ばれる短時間化した非常に粗っぽい手口での侵入窃盗被害が多発しています。

侵入窃盗発生場所別認知件数


店舗の侵入口と手口

商店における侵入手段商店における侵入口

商店・店舗への侵入窃盗で最も多いのが、「ガラス破り」。

商店・店舗への侵入窃盗の手口内訳としては、「窓からのガラス破り」がもっとも多く、「表出入口のガラス破り」が続きます。 ガラスを破ってそこから手を入れてクレセント錠前を開けたり、ドアの錠前を開けたりする手口です。ガラスを割ると音がするのではないかと思われるかもしれませんが、特に夜間となると周囲に民家がない場合には気がつかれないことも多いのです。店舗においてはガラスに対する対策が不可欠です。

次に多いのが「無施錠」、鍵が掛かっていなかった場所からの侵入です。

「無施錠」とは侵入窃盗犯にとっては何もしなくても侵入できる最も簡単な侵入方法なのです。
「錠破り」、「合かぎ」もあり、ガラスや扉を強化したとしても別の方法で侵入されることもあるため、侵入口の窓や扉に侵入検知センサーを設置するなど防犯システムの設置が有効です。


商店・店舗の場合には、犯罪者に狙われやすい理由があります。


商店・店舗に対する最近の侵入被害の特徴

最近の店舗への侵入窃盗の特徴は下記の通りです。

組織的な犯罪が増えています。

来日外国人と日本人とのコラボレーションなども含め窃盗団による組織的な犯罪が増えています。見張り役、実行犯、車運転手、情報屋などに分業化しており複数の人間で犯行に及びます。

凶悪な犯罪が増えています。

特に来日外国人の窃盗団は武器を持っているケースが多く、武器の扱いに慣れているため注意が必要です。侵入窃盗犯と万が一犯行途中に出くわすと「居直り強盗」に早変わりする可能性もあり、命の危険があります。 又、「爆窃団」と呼ばれる窃盗団は車ごと店舗につっ込んだり壁に穴を開けて侵入するなど、侵入手口自体も非常に粗っぽいものになっています。

5分以内の短時間で犯行を終了する犯行が増えています。

組織化した窃盗団は長くて5分以内に犯行を終了して逃げ去ります。見張り役がストップウォッチなどを持って、警備員の駆け付け時間などを十分に配慮して5分経過すると犯行を終了する、という場合も多く発生しています。


コンビニ強盗事件の認知・検挙状況の推移

コンビニ強盗事件の認知・検挙状況の推移


コンビニエンスストアの強盗被害の現状と対策

商店の侵入強盗のうち76%がコンビニ強盗。

商店の侵入強盗の発生場所別 構成比


コンビニ強盗は深夜に発生

H24警察庁データでは、午前2時から午前4時までが44.1%と最も多く、午前1時から午前5時までで全体の76.5%を占めています。

コンビニエンスストア 発生時間帯別構成比


コンビニ強盗事件が未遂に終わった店員対応事例紹介


店舗の防犯点検

ガラス引き戸

開き戸

ショーウィンドー・窓


総合防犯設備士数ナンバーワン!

(平成29年6月末現在)

  • 全納入実績 234,800
  • 防犯設備士 557
  • 総合防犯設備士 59

こんにちは、防犯のセキュリティハウスです。数多いホームページの中より、当ホームページをご覧いただきましてありがとうございます。初めてのセキュリティ導入、他社様からの変更依頼、何から手をつけて良いかわからないのが普通です。又、 対策は非常に機密性の高い内容を取扱いますので、信頼のおけるセキュリティのプロにまかせられることをおすすめします。何なりとお気軽にお問い合わせください。

さらに防犯について詳しく知りたい方はこちらから

設置場所別防犯対策LOCATION

ページの先頭へ戻る