1. HOME
  2. 設置場所別防犯対策
  3. 店舗・コンビニの防犯対策
  4. 万引き対策
  5. 万引きの実態と防止対策

店舗・コンビニの防犯対策店舗・コンビニの防犯対策


万引き対策


万引きの実態と防止対策

万引きの実態と防止対策

万引きに対しては、防犯カメラ、万引き防止システム、防犯ミラーなど防犯装置・システムによる対策と併行して、店舗側の防犯に対する姿勢や従業員教育などソフト面の対策も実施することが大切です。


実態 防犯設備による対策
人垣を作り一人が万引き
(実行犯一人を人垣で囲んで死角を作り、カバンなどに商品を入れる。)
  • 防犯カメラや防犯ミラーを設置し死角をなくす。
  • お客様の目を見て挨拶をする。
おとりを使って万引き
一人が従業員の注意を引きつけ、仲間の実行犯が商品をカバンなどに入れる。
  • 出入口に万引き防止装置を設置する。
  • お客様が多い季節、曜日、時間帯の従業員配置計画の見直しを行う。
  • 日頃から警察との連携をとり、レジ台の後ろの壁に連絡表を表示する。
  • 棚卸しなどで不明ロス額の多い商品には万引き防止タグを取り付ける。
  • 過去の経験を生かし、社内警告をすみやかに行う。
店内を徘徊しての万引き
防犯カメラや防犯ミラーの死角で口の大きく開いた袋の中に未清算品を落とす。
  • 監視している方向がわからないカプセル型防犯カメラを設置する。
  • 不自然なほど大きなカバンを持っている客やレジで精算した後の売り場に戻り、かつ滞留時間の長い客には気をつける。
従業員の目の届かないところでの犯行
従業員の目の届かない試着室やトイレに商品を持ち込み、カッターなどを使って万引き防止タグを剥がして持ち出す。
  • 試着できる商品には自鳴式タグを取り付ける。
  • トイレ入り口に未精算商品の持ち込み禁止ステッカーを貼る。
  • 持ち込みそうな客には声をかける。
道具を使っての万引き
陳列商品につながっているワイヤをペンチで切り、持ち出す。
  • 陳列商品をセンサケーブル式警報機で係り止めする。係り止めできない高額商品はショーケースに入れるか、自鳴式タグを取り付ける。
  • 貴金属などはシャッター機能付きショーケースに入れる。
内と外で共謀による盗み
従業員の目を盗んで窓から店外の共犯者に商品を渡す。
  • 窓にマグネットスイッチを取り付け、警報装置と連動させ、ベルを鳴らせる。

万引きに対する防犯対策

万引きに対する防犯対策


総合防犯設備士数ナンバーワン!

(平成29年6月末現在)

  • 全納入実績 234,800
  • 防犯設備士 557
  • 総合防犯設備士 59

こんにちは、防犯のセキュリティハウスです。数多いホームページの中より、当ホームページをご覧いただきましてありがとうございます。初めてのセキュリティ導入、他社様からの変更依頼、何から手をつけて良いかわからないのが普通です。又、 対策は非常に機密性の高い内容を取扱いますので、信頼のおけるセキュリティのプロにまかせられることをおすすめします。何なりとお気軽にお問い合わせください。

さらに防犯について詳しく知りたい方はこちらから

設置場所別防犯対策LOCATION

ページの先頭へ戻る