メディア掲載情報


  1. ホーム
  2. メディア掲載情報
  3. 2018年04月
  4. 中外日報(平成30年3月30日)「防犯ズームイン(42)」(弊社提供連載)

記事詳細

中外日報(平成30年3月30日)「防犯ズームイン(42)」(弊社提供連載)


180330_chugai.jpg
遠隔監視システム好評


京都市山科区のセキュリティハウス・センターは、6~9日、東京ビッグサイト(東京都江東区)で開かれた、セキュリティ・安全管理総合展「セキュリティ・ショー」と店舗総合見本市「ジャパン・ショップ」にそれぞれに出展し、神社仏閣の防犯に役立つ最新の商品・システムを紹介した。

防犯カメラや外周警備用センサーなどを組み合わせた工場・事務所・福祉施設・小型店舗向けのシステムを展示した。こうした技術は寺社の防犯対策にも有効だという。

ジャパン・ショップでは「超防犯・遠隔マネージメントシステムi-NEXT」を中心に、寺院の住職や店舗オーナー向けのソリューションシステムを提案した。一例として、遠隔監視システムを利用すれば、iPhoneかiPadがあれば指先一つで操作でき、外出先からお寺の様子を確認することが可能なため好評だという。

同社運営本部運営企画課の植村光代課長は「『高齢の母が留守番をしているが心配だ』というご住職が、遠方からでも自坊や境内の様子を確認したいとご利用いただくケースが多いです。タブレットやスマートフォン端末をタップするだけで映像が開き、センサーと連動して不審者侵入や火災が発生した瞬間にメールが届く点も評価をいただいています」と話す。

同センターが運営する日本最大級の防犯・防災のプロ集団ネットワークには、北海道から沖縄までの138社が参加し、全国の寺社や官公庁、企業などに防犯システムを提案・納入している。

問い合わせは同社「SHネットワーク運営本部」∥電話075(584)6600∥まで。

(写真)
「ジャパン・ショップ」でのセキュリティハウス・センターのブース

Google

WWW を検索
www.securityhouse.net を検索


このページのトップに戻る


あなたの不安・気になる防犯、お気軽にお問い合わせください!!

フリーダイヤル 0120-8484-24

制作・著作

COPYRIGHT © 2010-2013 SECURITY HOUSE CENTER CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.WebSitePlanProduced bybitSEODESIGN