1. HOME
  2. 会社案内
  3. メディア・新聞報道
  4. 中外日報(平成24年1月26日)お寺と神社の防犯NOW 携帯電話など活用で防犯も「見える化」(21)

メディア・新聞報道

「携帯電話など活用で防犯も「見える化」」

中外日報(平成24年1月26日)「お寺と神社の防犯NOW(21)」(弊社提供連載)

携帯のスピーカーとも接続

愛知県東部に位置する新城市は、天正3(1575)年に織田・徳川連合軍と武田勢が相まみえた「長篠の合戦」の古戦場を残す町として知られる。合戦の翌年に開創されたという曹洞宗桃牛寺は、長篠城跡から西へ7kmほどのところにあり、長篠城の城門を移築したと伝えられる山門には合戦の際のものとされる弾痕が今も残る。
 その同寺はこのほど、既存のセキュリティーシステムを一新する形で防犯態勢を強化。重点的に取り入れた防犯カメラと携帯電話を組み合わせることで、防犯の「見える化」を実現した。既存の機器を活用することで、費用の節約にもつながったという。
 カメラは、裏口などを中心に複数の場所に設置した。携帯電話からは、カメラ映像の確認はもちろん、境内に取り付けたスピーカー経由でメッセージを発することも。万が一、外出先などで不審者を見つけた場合は、電話口から威嚇したり周囲に知らせたりすることも可能だ。
 桃牛寺の防犯システムは、愛知県豊橋市のセキュリティハウスシントク(今泉有二社長)が担当した。防犯機器と携帯電話との連携など、同寺のニーズに応える一方、日常の使い勝手にも配慮しながら設計・施工を手掛けたという。
 同社は、京都市山科区のセキュリティハウス・センターが全国展開する防犯機器販売専門ネットワークの一社。セキュリティハウス社の販売ネットには現在、全国の133社が加盟している。
 問い合わせは(株)セキュリティハウス・センター「SHネットワーク運営本部」=電話075(584)6600=まで。



(平成29年6月末現在)

  • 全納入実績 234,800
  • 防犯設備士 557
  • 総合防犯設備士 59

こんにちは、防犯のセキュリティハウスです。 数多いホームページの中より、当ホームページをご覧いただきましてありがとうございます。 初めてのセキュリティ導入、他社様からの変更依頼、何から手をつけて良いかわからないのが普通です。又、 対策は非常に機密性の高い内容を取扱いますので、信頼のおけるセキュリティのプロにまかせられることをおすすめします。何なりとお気軽にお問い合わせください。

さらに防犯について詳しく知りたい方はこちらから

  • 無料防犯診断
  • 資料請求

ページの先頭へ戻る