1. HOME
  2. 会社案内
  3. メディア・新聞報道
  4. 中外日報(平成22年7月29日)お寺と神社の防犯NOW 死角の把握と可視化で防ぐ(5)

メディア・新聞報道

死角の把握と可視化で防ぐ

中外日報(平成22年7月29日)「お寺と神社の防犯NOW (5)」(弊社提供連載)

美観に配慮の施工にも定評

寺社の防犯を考える上で大切なポイントの一つとなるのが、「境内の死角をどれだけ少なくできるか」ということ。参拝者の多少にかかわらず、盲点となる死角はそのまま、狙われやすいウイークポイントになりかねないからだ。防犯システムの中核をなす赤外線センサーや防犯カメラの役割も、盲点や死角の把握と可視化に尽きるだろう。

こうしたことは、実際に防犯システムを導入している寺社の声からも明らか。複数の防犯カメラを拝観者の喫煙監視などに役立てている奈良市の新薬師寺は、「拝観者の様子がよく分かるので助かります」と話し、人感ライトなどを設置している大阪府東大阪市の極楽寺は「夜間の侵入防止に役立ち、設置後は賽銭泥棒がなくなった」と胸をなで下ろす。

また、和歌山県有田市の宮原神社は、本殿や社務所に防犯システムを設置するほか、参拝者用の共用トイレに痴漢対策として緊急押しボタンも備えた。大阪府能勢町の能勢寺は、新薬師寺と同様に火災対策を重視。「境内での火災は怖い」として、赤外線センサーなどに加えて火災感知器も取り入れている。

境内の様子を人の目だけでくまなく把握するのは難しい。防犯に向けた日ごろの用心が大切なことはいうまでもないが、防犯機器を上手に活用することで、死角の少ないより安全な境内環境を維持することも可能だ。

新薬師寺、極楽寺、宮原神社、能勢寺の防犯システムを設計・納入したのは、大阪市中央区のセキュリティハウス五大テック(寺岡洋三社長)。寺社への納入実績も豊富で、二人の総合防犯設備士を擁し、建物の外観や構造など美観を重視した施工にも定評がある。

問い合わせは(株)セキュリティハウス・センター「SHネットワーク運営本部」=電話075(584)6600。同社の全国ネットには現在、北海道から沖縄までの133社が参加している。



(平成29年6月末現在)

  • 全納入実績 234,800
  • 防犯設備士 557
  • 総合防犯設備士 59

こんにちは、防犯のセキュリティハウスです。 数多いホームページの中より、当ホームページをご覧いただきましてありがとうございます。 初めてのセキュリティ導入、他社様からの変更依頼、何から手をつけて良いかわからないのが普通です。又、 対策は非常に機密性の高い内容を取扱いますので、信頼のおけるセキュリティのプロにまかせられることをおすすめします。何なりとお気軽にお問い合わせください。

さらに防犯について詳しく知りたい方はこちらから

  • 無料防犯診断
  • 資料請求

ページの先頭へ戻る