目的別検索


  1. ホーム
  2. 目的別検索
  3. 従業員の命

従業員の命を守るために

従業員の安全第一を考えた体制作りを

経費削減のための省エネや省力化を進める中で、工場を24時間フル稼働させたり、広い範囲をたった一人で管理させるなど、従業員の安全管理が手薄になるケースが増えています。

このような体制では、猛暑による工場内での熱中症、敷地内での車両との接触事故、化学物質の取り扱い不備による有毒ガスの発生・火災・爆発など、取り返しの付かない事故の危険が高まります。また、女性従業員が商談中のトラブルに巻き込まれたり、最終退出者を狙った強盗事件も発生してます。

これらは犯罪者に狙われにくい環境を作ることで被害に遭う確率を最小にすることができます。
大切な従業員の命を守るためにも、事故・事件を発生させない環境作りを進め、万が一のときには早期発見・早期対応できる体制を構築しましょう。

トラブル解決の基本は、早期発見と適切な初期対応

顧客からの苦情やクレームは、対応を間違えれば会社全体の信用を落とす大問題に繋がります。そのため極力丁寧な対応が求められますが、幾度も同じクレームを繰り返したり、従業員に暴力を振るおうとするクレーマーが存在します。 こうしたクレーマーへの対策は重要です。セキュリティハウスが提供するワイヤレス緊急通報システムを導入し、トラブルが予測される相談や商談を担当する職員に送信機を携帯させておけば、異常や身の危険を感じたときにボタンを押し、守衛室や本社、管理者の携帯電話に自動通報で助けを求めることができます。

また、クレーム対応等を行う部屋には防犯カメラを取り付け、対応時は映像と音声を別室で確認できると共に記録しておくことをお勧めします。後にトラブルになったときの証拠として利用できます。
遠隔監視システムi-NEXTと連動させると、管理者が外出先からでもリアルタイムでその場の状況を確認し、的確な指示を送ることも可能です。

退出前に、ドアの外に不審者がいないかチェックを

深夜まで営業していて終了時間が毎日同じ店舗の場合、最後に退出する従業員は、特に注意が必要です。なぜなら、退出口付近に強盗が待ち伏せしている可能性があるからです。
このような待ち伏せ強盗(押し込み強盗)への対策として、セキュリティハウスは退出口の外側に防犯カメラの設置を勧めています。店の中や周囲に人気が少なくなった夜間、ドアを開ける前にカメラに不審者が映っていないかどうかを確認することが、凶悪犯罪から命を守ることに繋がります。万が一不審者が居た場合は、その場で録画もできます。人感ライトを一緒に設置しておけば待ち伏せしている人がいるとライトが自動的に点灯しますので抑止力になると同時に明かりで人がいるのがわかりますのでより安心です。
また、押し込み強盗にとって、消灯は従業員が店から出て来る合図です。タイマーなどで消灯を遅延させたり、従業員が全員退出した後に管理者が遠隔操作で消灯する等、可能な限り従業員の安全確保に努めましょう。

「退出確認システム」待ち伏せ強盗対策:最終退出者を狙った待ち伏せ強盗対策として退出前に事前に外部の様子を液晶モニターで確認して退出。

ここに注目 !!

セキュリティハウスのフルHD防犯カメラは、フルハイビジョンの高解像度を実現。従来のアナログカメラとは比べものにならないほど鮮明な画像を映すことができます(38万画素のアナログカメラとは比べて6倍以上の高画素)。
さらにデイナイト機能が付いたカメラは、明るい場所ではカラー映像、夜間など暗い場所では白黒映像に自動的に切り替わります。赤外線照明が内蔵されていれば、まったく明りがない状態でも監視が可能です。

従業員の異常を早期発見するために

従業員が熱中症や事故などで倒れた場合、一刻も早く処置をしなければ命に関わる危険があります。しかし人がいない場所で倒れたり、従業員が少ない夜間では、発見が遅れることもあります。
このようなリスクを軽減するのが、転倒検知送信機です。
装着した従業員が一定時間以上(10・30・60・120秒で設定)倒れたとき、警報音を鳴らして周囲に知らせるとともに、警備室などに自動通報します。また異常事態が発生したときにボタンを押すことで、緊急コールを送ることもできます。
さらに遠隔監視システムi-NEXTと連動させれば、管理者はどこにいてもiPad・iPhoneを使って見たい拠点・カメラをワンタップで選び動画と音声で素早く状況を把握し、適切な初期対応を行うことができます。

敷地内での接触事故

構内における車両同士の接触事故や、敷地内から外へ出る車両と歩行者の接触事故が増えています。
こうした事故を防ぐ対策として「出庫報知システム」があります。
敷地内から道路に出る車を赤外線センサーが検知し、歩道側の報知器が「車が来ます、ご注意ください」等の音声メッセージとフラッシュライトで歩行者に警告。車が近づいていることを知らせ、出会い頭の接触事故を防止します。



このページのトップに戻る


あなたの不安・気になる防犯、お気軽にお問い合わせください!!

フリーダイヤル 0120-8484-24

制作・著作

COPYRIGHT © 2010-2013 SECURITY HOUSE CENTER CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.WebSitePlanProduced bybitSEODESIGN