目的別検索


  1. ホーム
  2. 目的別検索
  3. 労務管理・業務改善

労務管理・業務改善を行うために

時間と経費がかかる「現状把握」

現状を正確に把握して、問題点・改善点を洗い出す。
業務改善のスタートはここからです。

しかし経営者が一人で把握できる範囲は限られています。特にチェーン店は複数の店を回らなければいけないため、時間と経費のロスが大きくなります。
「店の数だけ、自分の体が欲しい」
「現場の様子を定期的に確認したい」
そんな希望を叶えるのが、遠隔監視システムi-NEXTです。工場や店舗、事務所等の防犯カメラを通して、いつでも現場の様子を映像と音声で確認。こちらから音声を送ることもできるため、従業員の指導を随時行えます。

その場にいるように、現場を確認できる

各カメラの映像は、ワンタップで切り替えが可能。1画面表示から24分割表示まで、豊富な表示パターンで複数の映像を同時に見ることができます。
また、カメラ1台につき20か所のポジションを登録できるほか、フリック操作でカメラを360 度遠隔操作し、その場にいるように隅々まで見わたすことができます。何か気になる場面に出くわした場合には録画ボタンを押すことで動画と音声をiPad内に録画。しかもメモリー録画機能で録画ボタンを押す最大30秒前まで遡った時点から確認でき、そのまま管理者に動画を送信して改善を指示できます。高倍率までズームアップして文字までクリアに確認できます。
このため、現場にいなくとも次のような仕事が可能になります。

  • 各店舗のお客様の人数や混雑具合を同時に確認し、スタッフの効果的な配置を検討する。
  • 売れ筋商品のチェックと在庫管理、スピーディーな発注でチャンスロスを減らす。
  • 厨房内の衛生状態を監視し、問題があれば直ちに責任者に改善を要求する。
  • 各店舗に新メニューのレシピや作業手順を動画で配信・指導する。
  • 照明・電気設備を遠隔操作し、省エネ化を進める。
  • スタッフの接客態度のチェックと的確な指導でサービス向上をはかる。

どこにいても、社員を直接指導できる

特に人材育成においては、スタッフ側は「いつも見られている」という意識から緊張感が生まれ、やる気や意識レベルが向上したという報告が多く寄せられています。経営者側はスタッフの仕事を直接確認できるため、適切な教育と公正な評価、それに基づいた処遇を検討することができます。

最終退出者が誰か、休日出勤を誰がしているかをメールでお知らせ

自主機械警備システムNEXTの履歴確認機能を活用すれば、誰が何時まで現場に残り、警備システムをセットしたかがリアルタイムで管理者の携帯電話にメール送信されます。最後まで頑張っている人が誰かがわかる他、残業の必要性・有用性を確認し、ムダな残業を繰り返している社員には適切な指導をするなど、社内の労務管理・業務改善に役立ちます。又、休日に警備システムを解除した時にもメールでお知らせします。

防犯機器紹介

お客様からの声

  • 某ブティック様

    店舗を3つ経営しています。それぞれが離れており、繁忙期には各店舗の人員に応じてヘルプに入るのですが移動に時間と交通費がかかり、何とかしたいと思っていました。また最近は万引きが多く、被害が月10万円程までになった店舗もあります。そうした移動にかかる時間や経費、万引き被害の金額を考えると高くないコストだと判断し、i-NEXTの導入を決めました。万引き抑止と店舗管理のために導入したのですが、どこにいてもiPadの画面を見ながら指示ができるので助かっています。レジでのやり取りや接客の様子をきれいな画像で確認できるのも魅力的です。導入以降万引被害もほとんどなくなり、ストレスを減らすことができました。

  • 某コンビニ様

    2店舗目を立ち上げていた当初、疲れて自宅に帰って晩御飯を食べていたところ、新人スタッフの仕事ぶりが少し気になったので、iPadを手に取ってお店の様子をふと見てみました。
    店内の様子を見たところ、特に問題なくオペレーションを行っていたので安心したのですが、バックヤードの様子をiPadで見たとき、「おやっと」ひとつ気になった映像が目に入りました。
    それは、売り場に陳列していなければならないはずの『おそば』が二つ、事務所の机の上に置いてありました。不思議に思った私は、i-NEXTのズーム機能を使って、おそばの賞味期限を確認しました。それは、数時間後に廃棄処分になる可能性のある商品でした。

    そのときは、なぜ机の上に置いたままにしているのか理由を確認することはしなかったのですが、朝、出勤して従業員に直接確認しました。

    従業員の話を聞いてみると、「廃棄になった商品を自分たちが食べたかった。」「売り場にそのまま陳列していたら、売り切れてしまい食べることができなくなると思ったので、机の上に取り置きしていました。」と。

    私は、唖然としました。今までは、夜中にそんな事が起こっているなんて思ってもいませんでした。i-NEXTを使ってみて初めてわかりました。従業員がこのようなことをするなんて全て私の責任でお恥ずかしいのですが、このようなことが二度と起こらないようにしていきたいと思います。i-NEXTのおかげで、いろいろと見直すところができました。より良いお店創りに活用していきたいと思います。



このページのトップに戻る


あなたの不安・気になる防犯、お気軽にお問い合わせください!!

フリーダイヤル 0120-8484-24

制作・著作

COPYRIGHT © 2010-2013 SECURITY HOUSE CENTER CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.WebSitePlanProduced bybitSEODESIGN