防犯ブログ


  1. ホーム
  2. 防犯ブログ
  3. 2017年05月
  4. 警察署内から現金8500万円盗まれる

記事詳細

警察署内から現金8500万円盗まれる

警察署窃盗、引き出しの鍵破壊...内部犯行か
日本テレビ系(NNN) 5/11(木) 18:05配信
 広島中央警察署の金庫から現金約8500万円が盗まれた事件で、金庫の鍵を保管する机の引き出しの鍵が壊されていたことがわかった。

 事件は、広島中央警察署の1階にある会計課の金庫から現金8572万円が盗まれたもの。盗まれた金は詐欺事件の証拠品として保管されていた。金庫の鍵は普段、会計課長が机の中に保管している。今月8日夜、引き出しの鍵が壊されていたため不審に思った会計課長らが金庫を開け、中を確認したところ、現金がなくなっていることがわかったという。

 警察は、鍵の保管場所を知っている者が限られていることから、内部犯行の疑いが強まったとみて署員から事情を聞くなど捜査している。

警察署から現金を盗もうとする泥棒はまずいないでしょう。
マンガに出てくるルパン三世などの大泥棒とかなら別ですが、自分の身の安全を最優先に考えそうな現実的な泥棒だとターゲットには考えません。
何しろ自分にとって最大の敵ともいえる警察官が何十人もいる場所ですからそこにあえて乗り込もうとは普通は考えないでしょう。

しかし、有り得ないという油断、過信を突いての犯行という可能性もあります。
絶対、100%という断言は何事においても考えてはいけないということが分かります。

ただ、普通に考えるのは、外部からの侵入というより内部からの犯行を思いつくのが自然です。
いくら可能性がゼロではないとは言え、内部からの犯行の方が容易ですからそれを疑う人が多いでしょう。

ニュースで実験していましたが、リュックに8500万円相当の札束を入れる時間は1分20秒ほどでした。
この時間を作ることができればリュックに入れて怪しまれること無く外に持ち出すことができます。

問題は防犯カメラに映っていないか、もしくは保管室への入退出履歴です。
防犯カメラの死角をかいくぐっての犯行は難しいですし、さらに難しいのが部屋に入った時間、出た時間の改ざんや履歴の消去などです。
ただ、こちらは別の人のカード等を使えば自分の犯行にはつながりません。
いずれにしても内部事情に精通した者の犯行を疑うべきでしょう。

私が気になるのは、警察署内に防犯カメラや入退出管理システム等の防犯対策がされているかどうかという点です。
最初に述べたように警察署を狙う犯罪者はいないだろうという考えから、防犯対策自体が甘い、もしくはそれ自体が行われてないという環境の可能性があることです。

また、今回被害に遭った警察署以外でこのようなところがないかということを確認すべきで、もしそうなら早急に改善しなければなりません。

市民の安全・安心を守る責を負った警察での犯罪というものは許されないものです。

Google

WWW を検索
www.securityhouse.net を検索


このページのトップに戻る


あなたの不安・気になる防犯、お気軽にお問い合わせください!!

フリーダイヤル 0120-8484-24

制作・著作

COPYRIGHT © 2010-2013 SECURITY HOUSE CENTER CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.WebSitePlanProduced bybitSEODESIGN