防犯ブログ


  1. ホーム
  2. 防犯ブログ
  3. 2014年07月
  4. 元勤務先の出会い系喫茶店に侵入し放火 女装した27歳の男逮捕

記事詳細

元勤務先の出会い系喫茶店に侵入し放火 女装した27歳の男逮捕

女装姿で以前働いていた飲食店に火をつけ、現金を盗もうとしたなどとして、警視庁捜査1課は24日、放火や窃盗未遂などの疑いで、東京都文京区千駄木、アルバイトの男(27)を逮捕しました。
捜査1課によると、「カネに困り、やってしまった」と容疑を認めています。

逮捕容疑は6月9日午前2時半ごろ、台東区上野の雑居ビル2階にある閉店後の出会い系喫茶に侵入し、金庫から現金を盗もうとした上、店内に火をつけて2~3階部分の約75平方メートルを燃やしたとしています。

捜査1課によると、出入り口のドアが壊され、金庫をこじ開けようとした跡がありました。
男は昨年までこの店で働いており、店内の防犯カメラの映像などから関与が浮上。
かつらやスカートなどで女装しており、捜査1課は発覚を恐れて変装していたとみています。
<産経新聞 7月24日(木)13時31分配信より>


窃盗による被害は物が盗まれるという実質的な被害です。
それ以外にも窃盗に伴う被害があります。
侵入しようとして出入り口のドアが壊され、金庫がこじ開けられたものがそうです。
また、放火により建物が燃えてしまうのもそうです。

今回の事件で犯人が侵入先の飲食店に火をつけたのが、金庫をこじあけられなかった腹いせか、証拠隠滅目的なのか、詳しいことは犯人しか分かりません。
ただ、被害者にしてみれば、物が盗まれるだけでなく、色々な物が壊され、そして建物まで燃やされる可能性があるということです。

うちには盗られて困るようなものは無い、という考えの人もいるでしょうが、実際に侵入窃盗被害に遭ってしまえば、物が盗まれる被害だけでは済まないことが多いでしょう。

窃盗対策というより一歩前進した侵入対策を考えるべきでしょう。

Google

WWW を検索
www.securityhouse.net を検索


このページのトップに戻る


あなたの不安・気になる防犯、お気軽にお問い合わせください!!

フリーダイヤル 0120-8484-24

制作・著作

COPYRIGHT © 2010-2013 SECURITY HOUSE CENTER CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.WebSitePlanProduced bybitSEODESIGN