1. HOME
  2. 防犯基礎知識
  3. 防犯用語集
  4. 犯罪手口用語
  5. か行

防犯用語集


犯罪手口用語


か行






絵画レンタル詐欺

絵画を販売し、その絵画を「ホテルなどに貸し出せば多額のレンタル料が入る」と高額なローンを組ませて、金銭を詐取する犯罪。
実際には、レンタルをした事実もなく、販売した絵画も版画シートを印刷したもので、価値がないもの。

▲このページのTOPに戻る


架空請求詐欺

身に覚えのない有料電話情報、ツーショットダイヤルなどの情報料などの請求書をはがき・封書、電子メールで送付する詐欺。「振り込め詐欺」の一種。

▲このページのTOPに戻る


カゴダッシュ

店舗・コンビ二などで、商品を入れたカゴごと店外に持ち出して、カゴごと万引きする行為。

▲このページのTOPに戻る


貸します詐欺

 大手金融機関を装ったり、大手金融機関と関係があるかのような架空の会社を名乗って、低金利で融資すると偽り、保証金又は登録料の名目で現金を騙し取る「融資保証金詐欺」を特に「貸します詐欺」という。

▲このページのTOPに戻る


カム送り開錠

特殊な工具を使用して特定シリンダーの錠ケース(機械)内部を操作して不正開錠する手口。別名「バイパス開錠」。

▲このページのTOPに戻る


ガラス破り

サッシなどの窓ガラスやガラス戸をドライバー、ガムテープその他特殊工具を使用して破壊し、そこから手を入れてクレセント(施開錠用窓金具)を操作し不正開錠する手段。

▲このページのTOPに戻る


機会犯罪

状況に応じて機会があれば遂行する犯罪。犯罪そのものを遂行することが目的であり、犯罪遂行条件がそろえば遂行する。ターゲットは誰でもよい。

▲このページのTOPに戻る


給油所荒らし

ガソリンスタンドに侵入し、金品を盗む手口。

▲このページのTOPに戻る


凶悪犯

刑法犯の一種で、殺人、強盗、放火、強姦が含まれる。

▲このページのTOPに戻る


業務上(重)過失致死傷

特に断りのない限り、交通事故に係る業務上(重)過失致死傷をいう。なお、業務上過失致死傷は一般的には、交通事故以外にも業務上必要な注意を怠り、人を死傷させた場合も含めていう。

▲このページのTOPに戻る


金融機関強盗

銀行・郵便局・農協の建物に侵入し、暴行、脅迫をもって金品を奪取するもの。

▲このページのTOPに戻る


ぐ犯少年

性格、行状などから判断して、将来罪を犯し、又は刑罰法令に触れる行為をするおそれのある20歳未満の者。

▲このページのTOPに戻る


クレジットマスター

16けたのクレジットカード番号のうち複数のけたに、決まった数字を足し引きしていくと、特定の回数で元の番号に戻る。
その過程で出てきた番号は、他人が使用しているものに該当する可能性があるという。
こうしたカード番号の並びの規則性を悪用した方法を「クレジットマスター」という。
こうした計算を瞬時に行う自動ソフトも出回っているとされる。
カード業界の関係者などによると、1999年あたりから被害が確認されているが、具体的な防止策は見つかっていない。

▲このページのTOPに戻る


刑法犯

犯罪は刑法犯と特別法犯に二分される。刑法犯は、凶悪犯粗暴犯窃盗犯知能犯風俗犯・その他。

▲このページのTOPに戻る


検挙率

認知件数に対する検挙件数の割合を計算して百分比で表したもの。

▲このページのTOPに戻る


検挙件数

刑法上において警察で事件を送致・送付又は微罪処分をした件数をいい、特に断りのない限り、解決事件の件数を含む。

▲このページのTOPに戻る


検挙人員

警察において検挙した事件の被疑者の数をいい、解決事件に係る者を含まない。

▲このページのTOPに戻る


更衣室荒らし

官公庁、会社、学校、銀行、病院、工場、ゴルフ場などの更衣室に侵入し、職員又は客用更衣ロッカーから金品を盗む手口。

▲このページのTOPに戻る


強盗罪

相手を抵抗できないようにして財物を奪うこと(5年以上の有期懲役)。

▲このページのTOPに戻る


こじ破り

ドライバーなどの「小型の道具」などを使用して小さな開口を開けるガラス破り。

▲このページのTOPに戻る


(平成29年6月末現在)

  • 全納入実績 234,800
  • 防犯設備士 557
  • 総合防犯設備士 59

こんにちは、防犯のセキュリティハウスです。 数多いホームページの中より、当ホームページをご覧いただきましてありがとうございます。 初めてのセキュリティ導入、他社様からの変更依頼、何から手をつけて良いかわからないのが普通です。又、 対策は非常に機密性の高い内容を取扱いますので、信頼のおけるセキュリティのプロにまかせられることをおすすめします。何なりとお気軽にお問い合わせください。

さらに防犯について詳しく知りたい方はこちらから

  • 無料防犯診断
  • 資料請求

防犯基礎知識

ページの先頭へ戻る