1. HOME
  2. 防犯基礎知識
  3. 防犯用語集
  4. 犯罪手口用語
  5. は行

防犯用語集


犯罪手口用語


は行





ハイテク犯罪

コンピュータ技術及び電気通信技術を悪用した犯罪。電子計算機破損やインターネットを利用した業務妨害。

▲このページのTOPに戻る


爆窃団

80年代後半〜90年代、各地の貴金属・宝石店で侵入盗を重ねた窃盗組織の総称で、壁を壊すなどして侵入し根こそぎ商品を盗むのが特徴。88年には警視庁が約100件、計11億円相当の盗みをした「香港爆窃団」のメンバー約20人を逮捕。
92年には、数十億円規模の連続窃盗事件を起こした「台湾爆窃団」の存在を兵庫県警などが確認している。しかし警察の取り締まり強化などで、ここ数年は目立った被害がなかった。
05年秋より東京都内などで同じ手口の侵入窃盗が相次ぎ、警戒を強めている。また、手口内容や入国情報などから韓国人窃盗団によるものである可能性が強い。

▲このページのTOPに戻る


ハザールポテンシャル

  1. 想定される犯罪企図者の能力
  2. 複数犯の想定
  3. 使用される道具の想定
  4. 手口の想定

▲このページのTOPに戻る


犯罪

犯罪とは法により刑罰が科されることが定められている行為。
法的には

  1. 構成要件に該当すること
  2. 違法であること
  3. 有責であること

の3つの要件を満たすことが必要。
侵害する利益の観点からは、国家法益、社会法益、個人法益に対する罪に分類するが、犯罪統計上は下記2種類に分類させる。

  1. 刑法犯(凶悪犯・粗暴犯・窃盗犯・知能犯・風俗犯・その他)窃盗犯はさらに手口、行為、被害対象により、侵入盗(空き巣ねらい、忍込み、居あき、事務 所荒し、出店荒し等)、乗物盗(自動車盗、オートバイ盗、自転車盗)、車上ねらい、ひったくり等)に分かれる。
  2. 特別法犯(覚醒剤取締法、劇物及び毒物取締法、入国管理法、銃刀法など)

▲このページのTOPに戻る


犯罪少年

罪を犯した14歳以上20歳未満の者。刑法犯少年、特別法犯少年がある。

▲このページのTOPに戻る


犯罪者プロファイリング

犯人の識別や探知を支援する為に、考案された心理学的技術。

▲このページのTOPに戻る


犯罪機会論

犯罪の機会を与えないことにより犯罪を未然に防止しようという考え方で1980年代より欧米にて発生。犯罪者と非犯罪者との差異はほとんどなく、犯罪性の低い者でも犯罪機会があれば犯罪を実行し、犯罪性が高い者でも犯罪機会がなければ犯罪を実行しないと考えられている。犯罪機会論は、人格ではなく、状況を変えようとするものであり、抵抗性と領域性と監視性を高いものにすることにより犯罪発生機会をなくすことを提案している。現在はこの考え方が主流となっており、「防犯環境設計」の考えの基本になっている。参考:「割れ窓理論

▲このページのTOPに戻る


犯罪原因論

犯罪者と非犯罪者には差異があるという考えで1970年代までの主流な考え方。犯罪者の異常な人格や劣悪な境遇に犯罪の原因を求め、それを取り除くことにより犯罪を防止するというのが犯罪原因論の考え方である。その後1980年以降は「犯罪機会論」が主流となる。

▲このページのTOPに戻る


犯罪率

人口10万人当たりの犯罪認知件数。1年間にどれだけ犯罪が発生していることになるかを計算したもの。

▲このページのTOPに戻る


犯罪者率

14歳以上の人口10万人当たりの検挙人員をいう。

▲このページのTOPに戻る


非行少年

犯罪少年、触法少年、ぐ犯少年をいう。

▲このページのTOPに戻る


ピッキング開錠

ピックという耳掻き棒状の特殊工具(金属製)を使用し、シリンダー部の鍵穴へ差し込み、巧みに操作して不正開錠する手口。約数秒で開錠できほとんど後が残らない。H12年頃より急増。

▲このページのTOPに戻る


風俗犯

刑法犯の一種で、賭博、わいせつがある。

▲このページのTOPに戻る


フィッシング詐欺

実在の銀行・クレジットカード会社やショッピングサイトなどを装ったメールを送付し、そこにリンクを貼り付けて、その銀行・ショッピングサイトにそっくりな「罠のサイト」に呼び込み、クレジットカード番号やパスワードなどを入力させてそれを入手してしまうという詐欺。

▲このページのTOPに戻る


ブッシング

金属板等の配線孔に通線する電線を外傷から保護するための物。

▲このページのTOPに戻る


不良行為少年

非行少年には該当しないが、飲酒、喫煙、家出などを行って警察に補導された20歳未満の者。

▲このページのTOPに戻る


振り込め詐欺

電話やはがきなどの文書などで相手をだまし、金銭の振り込みを要求する詐欺事件の総称として警察庁が使用を決めた名称。 従来、「オレオレ詐欺」(別名 「なりすまし詐欺」)や「架空請求詐欺」「融資保証金詐欺」などと呼ばれていたが、手口の多様化で名称と実態が合わなくなったため、H16.12月に、警察庁によって統一名称として「振り込め詐欺」と呼ぶことが決定された。

▲このページのTOPに戻る


包括罪種

刑法犯を「凶悪犯」、 「粗暴犯」、「窃盗犯」、「知能犯」、「風俗犯」、「その他の 刑法犯」の6種に分類したものをいう。

※「その他の刑法犯」・・・公務執行妨害、住居侵入、逮捕監禁、器物破損等上記に揚げるもの以外の刑法犯

▲このページのTOPに戻る


(平成29年6月末現在)

  • 全納入実績 234,800
  • 防犯設備士 557
  • 総合防犯設備士 59

こんにちは、防犯のセキュリティハウスです。 数多いホームページの中より、当ホームページをご覧いただきましてありがとうございます。 初めてのセキュリティ導入、他社様からの変更依頼、何から手をつけて良いかわからないのが普通です。又、 対策は非常に機密性の高い内容を取扱いますので、信頼のおけるセキュリティのプロにまかせられることをおすすめします。何なりとお気軽にお問い合わせください。

さらに防犯について詳しく知りたい方はこちらから

  • 無料防犯診断
  • 資料請求

防犯基礎知識

ページの先頭へ戻る