1. HOME
  2. 防犯基礎知識
  3. 最新の犯罪情報
  4. 侵入窃盗(泥棒)の手口
  5. 金庫破り

最新の犯罪情報最新の犯罪情報


金庫破り

「金庫破り」とは

金庫破りイメージ「金庫破り」とは、「侵入窃盗」の手口の一つで、夜、事業所、事務所などに侵入し、据付け金庫を破り、又は搬出して盗むものです。

多くの方が「金庫」というと、頑丈でその中に入れておけば安心、と考えていますが、多くの使用されている金庫は耐火金庫。
「燃えない貯金箱」です。過信するのはやめましょう。
又、金庫ごと建物から持ち去る手口もあり、注意が必要です。


まだまだいる「金庫破り」!

  H22 H23 増減率(%)
金庫破り 2,917 2,611 -10.5
出店荒し 20,465 19,022 -7.1
事務所荒し 14,796 13,309 -10.1

表:警察庁の犯罪情勢の統計資料より

平成23年度において、「金庫破り」、「出店荒し」「事務所荒らし」共に対前年に比べ減少しています。「金庫破り」は対前年同期比10.3%減となっています。
年々減少傾向にありますが、まだまだ注意が必要な数値です。

金庫破り:外食チェーン店狙い100件か=金庫破り

閉店後のファミレスに侵入し、金庫から現金を盗む。動機は「ほとんどの店で間取りが一緒。売り上げの判断もできる」と供述。移動には音の静かなハイブリッド車を使っていた。(09.10)

金庫破り:男4人を逮捕/福岡

事務所荒らしを繰り返した男4人を逮捕。弁当販売店など3軒に侵入し、金庫から計約66万円を盗んだ。北九州市など県北部では昨年4月以降、100件以上の金庫破りや事務所荒らしが発生している。(09.10)

金庫破り:7人逮捕、被害10県に 

飲食店やアパートに侵入し金庫破りなどを繰り返したとして、愛知県の男7人を逮捕した。昨年10月から全国10県で窃盗を繰り返し、現金や乗用車など約8700万円相当を盗んだ。(09.10)


「金庫破り」の発生場所

金庫破りの発生場所としては、約半数が会社・事務所で、次に飲食店、商店の順になっています。
平成12年~16年では東京都が最も多く、次に愛知県、埼玉県。首都圏及び大都市圏で多く発生しています。


「金庫破り」の犯行形態と最近の傾向

  1. 組織化・・・金庫破りの55.7%が2人組以上の複数犯。6人組以上が4.5%。
  2. 来日不良外国人による犯罪が増加。
  3. 広域化・・・1都道府県以上で犯行を重ねたのが全体の29.7%(事務所荒しは10.1%、出店荒しは7.6%)
  4. 同じ地区で数件連続して発生。
  5. 逃走手段は車。80.1%が自己所有車両や盗難車で逃走。
    金庫破りは複数犯で、車を使って広域に犯行を重ねている。
  6. チェーン店のスーパーストア、ファミリーレストラン、薬局などの同一業者を対象とした据付金庫の搬出、破壊被害が多発。(レイアウトが同じで、金庫保管場所も同じことが多いため)
  7. 電動工具や刃幅の広いバール、ジャッキなど破壊用具を使用。
  8. 警備会社システムが設置していることを承知して、警備員が到着前の短時間で金庫を搬出する。ストップウオッチを持参した見張り役がおり、5分経過すると犯行途中でもあきらめ逃走する。中には「3分勝負」の連続金庫破りも。
  9. 金庫内の手形、現金、商品券を盗む。通帳、キャッシュカードを使用して預金を引き出す。
  10. 金庫内に入っていた契約書や重要書類は金庫を持ち出した後、金庫とともに山中などに捨てられていることもある。
  11. 貴金属店の店舗壁を破壊して侵入し、金庫が破壊される荒っぽい手口も多発。「爆窃団」
  12. 一戸建て住宅やマンションへ侵入した空き巣の金庫破りも多い。
  13. 「警報器のついていない事務所」を狙った金庫破りも。

金庫の破壊手段

「扉こじ開け」が50%、 「金庫搬出」が15%となっています。


「金庫破り」に対する防犯対策


総合防犯設備士数ナンバーワン!

(平成29年6月末現在)

  • 全納入実績 234,800
  • 防犯設備士 557
  • 総合防犯設備士 59

こんにちは、防犯のセキュリティハウスです。数多いホームページの中より、当ホームページをご覧いただきましてありがとうございます。初めてのセキュリティ導入、他社様からの変更依頼、何から手をつけて良いかわからないのが普通です。又、 対策は非常に機密性の高い内容を取扱いますので、信頼のおけるセキュリティのプロにまかせられることをおすすめします。何なりとお気軽にお問い合わせください。

さらに防犯について詳しく知りたい方はこちらから

防犯基礎知識BOUHAN

ページの先頭へ戻る