メディア掲載情報


  1. ホーム
  2. メディア掲載情報
  3. 2018年12月
  4. イーコンテクチャー/2018年11月号「遠隔マネージメントシステムi-NEXT」が掲載されました。

記事詳細

イーコンテクチャー/2018年11月号「遠隔マネージメントシステムi-NEXT」が掲載されました。

最先端E-Con要素技術
現場のマネジメントの役割担う 監視カメラ


E-Con201811.jpg

<掲載一部抜粋>

近年、社会情勢の変化に伴いセキュリティ対策へのニーズが高まってきている。
これまでも、産廃物処理施設や解体現場など防犯上の観点から設置している企業は少なくない。

万一の事態が発生した際にも、事実関係がデータで記録されていることから、
頼れる存在であることは間違いない。

しかし、監視カメラ本来の目的である抑止効果が低くなるケースもある。
過去には、施設内で作業員が不慮の事故を起こしてしまったものの、現場には作業員一人しかおらず、
発見が遅れた結果、命を落としてしまったという事例がある。
仮に、設置していた監視カメラに遠隔操作をはじめとする機能が装備されていれば助かっていたかもしれない。

これからの監視カメラは、事実関係を映すことに加え、遠隔地域からの様々な操作を可能とする
「マネジメント」的な意味合いを有するものが求められると言える。

<中略>

業界を取り巻く環境の変化に伴い、同社の「i-NEXT」の引き合いが伸びているという。
同製品は、iPad・iPhoneを活用した遠隔マネジメントシステム。
いつでも、どこでも、遠隔でリアルタイムに画像や動画、音声で状況を確認できるのが特長だ。

ワンタップで見たい画像を表示できる他、遠隔での音声確認、送話機能(トランシーバー方式)を搭載する。
また、設備のテレコントロール(遠隔制御)ができることから、照明のオン・オフや扉の開閉などにも対応しており、省人や省エネ対策にも繋がる。

万一、事務所や工場で不審者侵入や放火、自然発火等の異常が発生した際、あらかじめ設定した管理者等に
アップルプッシュサービスが異常を自動通報で知らせる。
iPad・iPhoneをタップすると、i-NEXTの画面でリアルタイムの動画・音声で状況を確認できるようになる。
その際、送話機能を有していることから、現場に向けて声を発することが可能だ。

こうした特長から、現地にいなくても、行かなくても、現場にいる以上の効果を得られる。
従業員への指導や育成・労務管理・設備管理・生産ライン・多拠点管理・管理防災・防災システムなど、
多様なケースで活躍している。

最近では、太陽光パネル・メガソーラーを設置している場所でも引き合いが増えてきているという。
操作性や拡張性、映像の情報漏洩対策等の安全性の高さなどが評価され、2014年には特許を、
昨年には国土交通省のNETISを取得した。
働き方改革「勤務インターバル導入コース」助成金の対象で導入費用の3/4、最大50万円が補助される。


遠隔マネージメントシステムi-NEXT

お近くのセキュリティハウスはコチラ

Google

WWW を検索
www.securityhouse.net を検索


このページのトップに戻る


あなたの不安・気になる防犯、お気軽にお問い合わせください!!

フリーダイヤル 0120-8484-24

制作・著作

COPYRIGHT © 2010-2013 SECURITY HOUSE CENTER CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.WebSitePlanProduced bybitSEODESIGN