防犯ブログ


  1. ホーム
  2. 防犯ブログ

記事一覧

バス会社元副所長逮捕 売上金5400万円を8年間に渡って着服

売上金およそ5400万円を着服していたのは川崎鶴見臨港バス、鶴見営業所の副所長だった59歳の男性です。

川崎鶴見臨港バスによりますと元副所長は2010年2月からことし6月までの8年4カ月に渡って鶴見営業所で運賃の精算が多く行われる午後7時半頃、バス運賃の精算室へ忍び込み着服を繰り返していたということです。
その際に用いていたのがこちらの調理用の網。
精算機の点検口へこの網を突っ込み精算中の硬貨をすくう手口で一度に盗んだ金額は平均6万円ほど、着服した金は国内旅行の費用や、貴金属の購入にあてていたということです。

川崎鶴見臨港バスは元副所長を今月6日に懲戒解雇した上で、鶴見警察署に窃盗の容疑で被害届を提出し10日受理されました。
<7/10(火) 18:37配信 tvkニュース(テレビ神奈川)より>

8年4ヶ月にも渡ってバス運賃の精算室から現金を盗んでいた元副所長の犯行ですが、1回の被害金額はそれほど多くはないにしてもこれほど長期間に渡って犯行が発覚しなかったことに驚きです。

このバス会社の運賃において6万円という金額が総売り上げのどのくらいの割合を占めているかはわかりませんが5400万円という金額になると巨額な被害と言わざるを得ません。
犯行の頻度は分かりませんが、運賃が金額的に低いな、おかしいなと感じる人が誰もいなかったのでしょうか。
それともおかしいと気付きながらも面倒なことに巻き込まれるのが嫌で気付かぬ振りをしていたのでしょうか。

この犯人が100%悪いのは明らかですが、彼に犯行をさせてしまった、犯罪者に導いてしまったわずかな原因、要因の一部はこのバス会社にもあるかもしれません。
このような犯行を行っても気付かれないだろうと考えてしまうほど管理面や防犯面で脆弱なところがあったかもしれません。

運賃の精算室に毎日忍び込むことが可能であることも不思議です。
副所長という役職であっても上司、所長の許可なく入ることができてしまうのは問題があるかもしれません。
重要な部屋や施設に入るためには、自分以外にもう一人別の者の承認がなければ入れないような仕組みにするなど必要です。
また、誰がいつ入って、そして出たかの記録も必要です。

そこで働いている人が良からぬことを考えないような環境をつくることもその会社の義務と言えるかもしれません。
それが結局は自分の身を守ることにもつながります。

三重 障害者施設で職員による虐待

三重県津市の障害者施設で、職員が利用者に対し「嘘つき、泥棒」と暴言を浴びせるなどの虐待行為があったことがわかりました。

虐待行為があったのは、津市一志町庄村の「つくしんぼの家一志」です。

施設の職員などによりますと、去年の年末ごろ、知的障害などがある男性利用者に職員が「うそつき」や「泥棒」などと言ったり、女性利用者のあごを執拗にさわりながら「エステしたろ」などと身体的特徴をからかうような行為をしていたということです。

今年2月に警察から情報提供を受けた市が聞き取り調査を行い、複数の職員による虐待行為を認定して県に報告。県は施設を指導し、報告書の提出などを求めました。

施設を運営するNPO法人の代表は、「ご家族に申し訳ない。再発防止に努めます」などとコメントしています。

<7/2(月) 19:08配信 東海テレビより>


これから高齢化社会が進み、労働者の数がさらに減り、そして高齢者がさらに増えると、介護施設や福祉施設の人手不足の問題が深刻化することは誰の目で見ても明らかです。


職員と利用者の比率がおかしくなると職員の負担増加、ストレス増加にもつながります。
その流れでいくと、職員による施設利用者への虐待もますます増える可能性があります。

将来、自分や家族がどこかの施設に入るのが怖いと感じるようなニュースを目にします。

人の労働力が減少する分、それを機械で補う方法があります。
施設内の映像や音声、入退出・滞在時間等も全て記録し、職員や利用者双方が不正行為や犯罪行為から身を守ることができる環境に整備することが求められます。
双方が安心して働くことができ、利用することができると互いにメリットが生じます。

人の雨がっぱに興味があった 雨がっぱ100着んだ男逮捕

陸上自衛隊朝霞駐屯地(埼玉県朝霞市)は3日、駐輪中の自転車から他人の雨がっぱを盗んだとして、同駐屯地東部方面後方支援隊東部方面輸送隊所属、50代の男性1等陸曹を懲戒免職処分にしたと発表した。

同駐屯地によると、1等陸曹は2017年9月12日午後7時40分ごろ、県内の量販店駐輪場で、駐輪していた客の自転車の籠から雨がっぱ1着を盗んだ疑い。警察官が犯行を目撃し、現行犯逮捕。その後の捜査で、1等陸曹は16年6月以降に雨がっぱ約100着(総額約6万円相当)を盗んでいたことが分かり、県警は今年4月、窃盗容疑で書類送検した。

1等陸曹は「人が持っている雨がっぱに興味があった」と供述しているという。
<7/4(水) 0:26配信 埼玉新聞より>

女性の下着や学生の体操着のマニアが窃盗容疑で逮捕され、盗まれたものが並べられている映像を目にすることがありますが、今度は雨がっぱばかり盗んだ男の事件です。

雨がっぱなんて誰のものでも一緒ではないかと思いますが、マニアにとっては違うのでしょうか。
基本的に雨に濡れるものですから濡れてしまえばさらに各個人の識別が難しくなりそうです。

しかも平均1着600円ほどの被害額ですから、正直盗まれてもあまり痛くはありません。
ただ、被害額が少ないとはいえ、自宅や敷地内に勝手に侵入され、盗まれるということは気持ちの良いものではありません。

敷地内、建物内へ侵入させないような仕組み、対策を個々に行う必要がある。

病院倉庫から備品盗み転売 3年間で430件被害1億円以上

コピー機のトナーなど
国家公務員共済組合連合会が運営するKKR札幌医療センター(札幌市豊平区)から転売目的で備品を盗んだとして、札幌豊平署は20日までに、窃盗の疑いで、同市東区北41東1、同センター元職員の男(52)を逮捕、送検した。

逮捕、送検容疑は4月、同センター内の倉庫から、コピー機のトナーカートリッジなど約40点(計約50万円相当)を盗んだ疑い。
男は「盗んだ備品は転売し、飲食代や借金の返済に充てた」と供述しているという。

道警によると、男はこのほか2015年7月ごろから今年4月にかけ、同様の手口で約430件の窃盗を繰り返したと供述。
道警は、被害総額が計約1億1千万円に上るとみて調べている。
<6/20(水) 18:05配信 北海道新聞より>

約3年で430件の窃盗で被害総額1億円以上という事件です。

元職員による犯行ですが、主に事務所等の倉庫に保管している備品や商品等を盗んで転売していたのでしょうか。

倉庫の鍵やシャッターをこじ開けるなどして無理やり侵入すれば何か盗まれたということが分かります。
しかし、鍵が掛かっていない時間帯にそっと忍び込み、多数の備品や商品から少しずつ盗み出せば一目では被害が分かりません。
仮に盗まれたことに気付いてもその時には相当日が経っているでしょうし、また盗まれた日を特定することも困難になります。
そうなるとさらに犯人から離れてしまうことになります。
結果として、3年間で400件以上もの犯行を行い、それぞれで成功し続けていたのかもしれません。

道で歩いていて、例えばどこかの会社の倉庫が開いたままで商品も見える位置に積まれていると、これが盗まれたりなくなることもあるのではないかと感じることがあります。
また、商品を発送する場合は、配達業者の方が荷物を積み込む過程で倉庫を開けたままにしてしまうこともあるでしょう。
その配達業者の方が盗まなくても、通りすがりの悪意を持った第三者がすっと商品を持ってその場から逃げ出すということも充分考えられます。

防犯カメラだけでなく、入退出管理等で保管している商品が安全であるための環境づくりが必要です。

広島 民家から4億円が入った金庫盗まれる

広島県尾道市の民家から約4億円が入った金庫を盗んだとして、広島県警が名古屋市に住む30歳代の男を窃盗、住居侵入両容疑で逮捕していたことが、捜査関係者への取材でわかった。

捜査関係者によると、今年2月、尾道市内の男性から、自宅に侵入された形跡があるとの通報があった。県警が調べたところ、約4億円が入った金庫がなくなっていたといい、現場の遺留物などから、男の関与が浮上したという。県警は、他にも関与した人物がいるとみている。
<6/14(木) 9:02配信 読売新聞より>

現金4億円が入った金庫というのは相当な大きさでしょうから、一人で持ち出すことは難しいでしょう。
他に協力者がいるなど複数名の犯行の可能性が高そうです。

また、現場の遺留物から容疑者の関与が浮上したということですが、もし遺留物がなければ広島で発生した事件で名古屋に住む容疑者までたどり着くのはなかなか困難だと思います。

最近日本でも鑑識がメインとなるテレビドラマが放映されることがありますが、鑑識や科学捜査の技術が進歩したことで、これまでは証拠とした認定できなかったものができるようになったり、容疑者特定につながるようになるなど変化しているのでしょう。
今後もこの進歩や変化は続くでしょうが、犯人側もそれに対応して犯罪手口や侵入手口を変えてくるでしょう。

苦労して建物の中に侵入しても金目の物が少ないと犯人はがっかりします。
この家には金目の物が多いというある程度の目星をつけないと侵入を実行することをためらう可能性もあります。
金目の物が多いかどうかは家の大きさや造り、立地条件等いろいろな点を総合して判断すると思われますが、防犯センサーや防犯カメラなどの防犯対策の有無もその一つです。

防犯対策をしているということはそれを守りたい何か、それも一定以上の価値のある何かが存在していることを示しています。
貧しい家や事務所、店舗でわざわざお金を掛けて防犯対策するような余裕はないでしょう。
防犯対策をしているところはそこそこのお金を持っているところでしょう。
センサーやカメラの数や質等で防犯対策の金額も様々ですから、一概にお金持ちとも言えないのは事実です。
この防犯対策を基準に考える泥棒もいるかもしれません。

ただ、防犯対策がされているところはハイリターンの可能性も高まりますが、同時にハイリスクの可能性も高いのも間違いありません。
侵入を検知すればセンサーが働き警報ベルやアラームが鳴り響いて住人や近所の人たちに犯行を知らせるかもしれませんし、防犯カメラに自分の映像が記録され警察に提供される可能性もあります。
このような危険を冒してもなおハイリターンを求めるつわものもいるでしょうがほとんどは避けるのが一般的です。

そのような危険を冒さなくても、他に安全なターゲットが多数存在しているからです。
無施錠の家やマンションなどは最も安全なターゲットとして泥棒は考えます。
今、自分が住んでいる家や職場は、泥棒にとって安全かどうか、一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

Google

WWW を検索
www.securityhouse.net を検索


このページのトップに戻る


あなたの不安・気になる防犯、お気軽にお問い合わせください!!

フリーダイヤル 0120-8484-24

制作・著作

COPYRIGHT © 2010-2013 SECURITY HOUSE CENTER CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.WebSitePlanProduced bybitSEODESIGN