防犯ブログ


  1. ホーム
  2. 防犯ブログ

記事一覧

宮崎 公民館の壁に塗料スプレー噴射

先月、川南町内の公民館に侵入し、壁などに塗料のスプレーを吹き付けたとして、川南町社会福祉協議会の職員の男が建造物侵入および損壊の疑いで逮捕されました。
逮捕されたのは、川南町社会福祉協議会の職員の男(48)です。

警察の調べによりますと、男は、先月中旬、川南町の川南町公民館に鍵のかかっていなかった正面出入り口から侵入し、屋内の壁やキャビネットに塗料のスプレーを吹き付けたり水をまいたりした疑いが持たれています。
警察の調べに対し、男は容疑を認めているということです。
警察で犯行の動機について詳しく調べています。
<8/7(火) 12:10配信 MRT宮崎放送より>

今回は壁に塗料のスプレーを吹き付けた犯人が逮捕されましたが、誰の犯行か分からずこのような被害に困っている人はたくさんいるはずです。
特に治安の悪い地域では、深夜や明け方に不良が集まり、面白半分に○○参上!などとスプレーを吹き付ける者もいるでしょう。

一度吹き付けられた塗料をきれいに落とすことはかなり難しいでしょうし、壁を塗り直すなどきれいにしても、またそこに吹き付けられる可能性があります。
汚すのは簡単ですがきれいにするのはとても難しいのは素人でも分かります。

防犯カメラがついていれば犯人特定や証拠になるでしょうし、防犯センサーがついていれば壁に近づく前にセンサーが動作し、警報ベル等で犯人を追い払うことができたかもしれません。
また、警報ベルよりも目立つ威嚇機器がついていれば、その場での犯行を思い留まらせることができたかもしれません。

何かしらの対策を講じなければ自然に解決、改善する問題ではないように思います。

同じ民家に6回侵入? 性的欲求を満たすため

埼玉県神川町で、同じ家に繰り返し侵入して、女性用の下着を盗んだり、住人の女性に抱きついたりしたとして、30歳の男が逮捕された。

窃盗や強制わいせつなどの疑いで逮捕されたのは、会社員の男。
警察によると、男は2016年、神川町の民家に侵入し、女性用の下着約30点を盗んだ疑いが持たれている。
また、去年も同じ民家の庭に侵入し、この家に住む当時10代の女性が帰宅したところ、背後から抱きつき、体を触るなどわいせつな行為をした疑いが持たれている。

男は調べに対し、「性的欲求を満たすためだった」と容疑を認め、「同じ民家に合わせて6回侵入した」という趣旨の話をしていて、警察が関連について調べている。
<7/17(火) 23:05配信 日テレNEWS24より>

犯人の供述では同じ民家に6回侵入したとありますが、それほどの回数侵入を許したのは、現場でその後の再発防止策がとられていなかった、または甘かったのかと考えてしまいます。

もしくは、犯人が6回も侵入していたとは知らなかったのかもしれません。

どちらにしても複数回同じところが侵入被害に遭うということは、侵入しやすいポイントがあるからでしょう。

泥棒の侵入窃盗被害に遭ったことがある家で、別の泥棒に侵入されることがあるようです。
これは泥棒同士が示し合わせて犯行を続けて行ったのではなく、何かしら侵入されやすいポイント、弱点があるのでしょう。
このポイント、弱点をそのまま残しておくことは危険です。

泥棒に侵入窃盗被害に遭って、それから防犯対策をしても意味がない、今回の被害は元には戻らないと考える人が多いかもしれません。
しかし、今回の被害に対してではなく、これから被害に遭わないための対策というように考え変えていく必要があります。

バス会社元副所長逮捕 売上金5400万円を8年間に渡って着服

売上金およそ5400万円を着服していたのは川崎鶴見臨港バス、鶴見営業所の副所長だった59歳の男性です。

川崎鶴見臨港バスによりますと元副所長は2010年2月からことし6月までの8年4カ月に渡って鶴見営業所で運賃の精算が多く行われる午後7時半頃、バス運賃の精算室へ忍び込み着服を繰り返していたということです。
その際に用いていたのがこちらの調理用の網。
精算機の点検口へこの網を突っ込み精算中の硬貨をすくう手口で一度に盗んだ金額は平均6万円ほど、着服した金は国内旅行の費用や、貴金属の購入にあてていたということです。

川崎鶴見臨港バスは元副所長を今月6日に懲戒解雇した上で、鶴見警察署に窃盗の容疑で被害届を提出し10日受理されました。
<7/10(火) 18:37配信 tvkニュース(テレビ神奈川)より>

8年4ヶ月にも渡ってバス運賃の精算室から現金を盗んでいた元副所長の犯行ですが、1回の被害金額はそれほど多くはないにしてもこれほど長期間に渡って犯行が発覚しなかったことに驚きです。

このバス会社の運賃において6万円という金額が総売り上げのどのくらいの割合を占めているかはわかりませんが5400万円という金額になると巨額な被害と言わざるを得ません。
犯行の頻度は分かりませんが、運賃が金額的に低いな、おかしいなと感じる人が誰もいなかったのでしょうか。
それともおかしいと気付きながらも面倒なことに巻き込まれるのが嫌で気付かぬ振りをしていたのでしょうか。

この犯人が100%悪いのは明らかですが、彼に犯行をさせてしまった、犯罪者に導いてしまったわずかな原因、要因の一部はこのバス会社にもあるかもしれません。
このような犯行を行っても気付かれないだろうと考えてしまうほど管理面や防犯面で脆弱なところがあったかもしれません。

運賃の精算室に毎日忍び込むことが可能であることも不思議です。
副所長という役職であっても上司、所長の許可なく入ることができてしまうのは問題があるかもしれません。
重要な部屋や施設に入るためには、自分以外にもう一人別の者の承認がなければ入れないような仕組みにするなど必要です。
また、誰がいつ入って、そして出たかの記録も必要です。

そこで働いている人が良からぬことを考えないような環境をつくることもその会社の義務と言えるかもしれません。
それが結局は自分の身を守ることにもつながります。

三重 障害者施設で職員による虐待

三重県津市の障害者施設で、職員が利用者に対し「嘘つき、泥棒」と暴言を浴びせるなどの虐待行為があったことがわかりました。

虐待行為があったのは、津市一志町庄村の「つくしんぼの家一志」です。

施設の職員などによりますと、去年の年末ごろ、知的障害などがある男性利用者に職員が「うそつき」や「泥棒」などと言ったり、女性利用者のあごを執拗にさわりながら「エステしたろ」などと身体的特徴をからかうような行為をしていたということです。

今年2月に警察から情報提供を受けた市が聞き取り調査を行い、複数の職員による虐待行為を認定して県に報告。県は施設を指導し、報告書の提出などを求めました。

施設を運営するNPO法人の代表は、「ご家族に申し訳ない。再発防止に努めます」などとコメントしています。

<7/2(月) 19:08配信 東海テレビより>


これから高齢化社会が進み、労働者の数がさらに減り、そして高齢者がさらに増えると、介護施設や福祉施設の人手不足の問題が深刻化することは誰の目で見ても明らかです。


職員と利用者の比率がおかしくなると職員の負担増加、ストレス増加にもつながります。
その流れでいくと、職員による施設利用者への虐待もますます増える可能性があります。

将来、自分や家族がどこかの施設に入るのが怖いと感じるようなニュースを目にします。

人の労働力が減少する分、それを機械で補う方法があります。
施設内の映像や音声、入退出・滞在時間等も全て記録し、職員や利用者双方が不正行為や犯罪行為から身を守ることができる環境に整備することが求められます。
双方が安心して働くことができ、利用することができると互いにメリットが生じます。

人の雨がっぱに興味があった 雨がっぱ100着んだ男逮捕

陸上自衛隊朝霞駐屯地(埼玉県朝霞市)は3日、駐輪中の自転車から他人の雨がっぱを盗んだとして、同駐屯地東部方面後方支援隊東部方面輸送隊所属、50代の男性1等陸曹を懲戒免職処分にしたと発表した。

同駐屯地によると、1等陸曹は2017年9月12日午後7時40分ごろ、県内の量販店駐輪場で、駐輪していた客の自転車の籠から雨がっぱ1着を盗んだ疑い。警察官が犯行を目撃し、現行犯逮捕。その後の捜査で、1等陸曹は16年6月以降に雨がっぱ約100着(総額約6万円相当)を盗んでいたことが分かり、県警は今年4月、窃盗容疑で書類送検した。

1等陸曹は「人が持っている雨がっぱに興味があった」と供述しているという。
<7/4(水) 0:26配信 埼玉新聞より>

女性の下着や学生の体操着のマニアが窃盗容疑で逮捕され、盗まれたものが並べられている映像を目にすることがありますが、今度は雨がっぱばかり盗んだ男の事件です。

雨がっぱなんて誰のものでも一緒ではないかと思いますが、マニアにとっては違うのでしょうか。
基本的に雨に濡れるものですから濡れてしまえばさらに各個人の識別が難しくなりそうです。

しかも平均1着600円ほどの被害額ですから、正直盗まれてもあまり痛くはありません。
ただ、被害額が少ないとはいえ、自宅や敷地内に勝手に侵入され、盗まれるということは気持ちの良いものではありません。

敷地内、建物内へ侵入させないような仕組み、対策を個々に行う必要がある。

Google

WWW を検索
www.securityhouse.net を検索


このページのトップに戻る


あなたの不安・気になる防犯、お気軽にお問い合わせください!!

フリーダイヤル 0120-8484-24

制作・著作

COPYRIGHT © 2010-2013 SECURITY HOUSE CENTER CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.WebSitePlanProduced bybitSEODESIGN