防犯ブログ


  1. ホーム
  2. 防犯ブログ
  3. 侵入手口

侵入手口

侵入した家に業者呼び家財道具売っ払った少年逮捕

福岡県警八幡東署は14日、北九州市小倉北区の無職少年(19)を邸宅侵入、窃盗容疑で再逮捕しました。

忍び込んだ家の住人になりすまし、リサイクル業者を呼んで家財道具を売り払ったという。

発表によると、9月21日から同28日頃までの間に同市八幡東区の空き家に侵入。
2万円のほか、テレビや炊飯器など11点(計13万6200円相当)を盗んだ疑い。
当時、住人の女性(81)は入院中でした。

少年は無施錠の窓から侵入し、近くのリサイクル業者を呼びに行き、引き取りを依頼したという。

女性の娘(60)が同28日に家を訪ね、犯行に気付いて警察に通報。
少年は11月2日、再びこの家に忍び込もうとして、住居侵入容疑の現行犯で逮捕されていました。
<読売新聞 11月14日(木)18時23分配信より>


非常に大胆な犯行です。
侵入した家で、住人になりすまし、リサイクル業者を呼んで勝手に家財道具を売り払うという手口です。
表札を見れば名字は分かりますから、あとは業者に買い取りを依頼し、その名字でサインすればそれで完了です。

業者に顔を見られ、声も聞かれるという危険性はありますが、人の記憶はあやふやなものですから、あとでそれが犯罪者だと分かっても、犯人までたどり着くかは分かりません。
現場から物を盗みだし、それをリサイクル業者に持ち込んで買い取りを依頼することに比べれば、手間も掛かりませんし、おそらく身分証の確認などもないでしょう(自宅に業者を呼んで、身分証の提示を求められることは普通ありません)。

問題なのは、無施錠の家で、侵入者の侵入を防ぐことができず、また、その後の犯行を継続させたことです。
侵入者が侵入後に自由に行動できるという状態は避けなければなりません。
防犯システムの場合、侵入者を検知すれば警報ベルやフラッシュサイレンなどの威嚇機器で警報音を出すことができます。
防犯カメラの場合、侵入者の映像を記録し続けることができます。仮に物を盗みだすことに成功しても、自分の映像が現場に残される訳ですから、侵入者にとっては嫌な対策の一つです。

防犯対策イコール犯罪者への嫌がらせとも考えられます。
彼らに対していかに嫌がらせができるか、困らせることができるかというのが効果的な対策かどうかの判断となります。

無施錠の住宅狙い侵入、窃盗・女性への暴行繰り返す

住宅に侵入し、窃盗などを繰り返していた男が逮捕されました。

無職の男(34)は、2013年1月、東京・足立区内の20代の女性の部屋に、無施錠のドアから侵入し、財布から現金を盗んだうえ、女性を暴行しようとした疑いが持たれています。

容疑者は、容疑を一部否認していますが、警視庁は、男が数年前から窃盗や女性への暴行を繰り返していたとみて、捜査を進めています。
<フジテレビ系(FNN) 11月14日(木)6時29分配信より>


家に侵入され、金品が盗まれ、さらに暴行されるという恐ろしい手口です。
女性宅を狙っての犯行かどうかは不明ですが、無施錠の家を狙っていたようですから、とりあえず施錠していれば、犯行のターゲットになることは避けられた可能性が高かったかもしれません。

きちんと施錠しておけばよかった、防犯対策をしておけばよかったなど、あとで後悔しても盗まれたものが全く元の状態に戻ることはありませんし、被害に遭ってしまったということは変わりません。
このような事態は万が一の被害かもしれませんが、日頃から予防、防犯の意識を持ち、自分ができる対策は講じるべきでしょう。

干してある洗濯物や郵便物、ゴミの内容物によって、家族構成や家を留守にする時間帯などが分かります。
それを事前に調べ、女性の一人暮らしを狙った犯行というのもあります。

大学生の女性が一人暮らしを始める場合などは、親御さんがしっかりと防犯に対する心構えや知識を伝えておくべきでしょう。
何事にも用心に越したことはありません。

泥棒先生逮捕 中学生に空き巣指南の男

警視庁少年事件課などは10日までに、窃盗と住居侵入容疑で東京都あきる野市、防水業の男(33)を逮捕しました。
男は中学3年の男子生徒(15)ら同じく逮捕された少年2人に侵入の仕方などを指南していました。
同容疑者は否認し、少年2人は認めているという。

逮捕容疑は、6月4日正午すぎ、羽村市の消防士の男性宅にベランダの窓ガラスをバーナーなどで割って侵入し、現金約587万円や貴金属類(約30万円相当)を盗んだ疑いです。 
<時事通信 10月10日(木)16時39分配信より>

中学生に侵入方法などを指南していた「泥棒先生」が逮捕されました。
一緒に犯行を行う共犯者として自らの知識や技術を教えていたのでしょうか。
いずれは全国に暗躍する窃盗団を目指していたのかもしれません。

それにしても中学生をこのような悪の道に引き込む大人は恥ずかしいものです。
もし自分に子供が居ても同じように指南したでしょうか?
また、子供が居たとして、自分の父親がそのようなことをしていたと知ったらどう感じるのでしょうか?
子供が居なくても、妻や両親、身内に知られたら、どう思われるのか。
個人的にはそのあたりがとても気になります。

子供相手でなければよいということではありませんが、子供相手というのは論外だと思います。
泥棒の技を教えられた子供たちが、また別の子供たちにそれを伝え、犯罪者がどんどん増えていく、犯罪者の低年齢化も進んでいくのでしょう。

泥棒などの犯罪者になるというのは、個人の勝手といいますか、個人の問題です。
社会情勢やこれまで育った環境や生活している地域なども関係するでしょうが、最終的には個人が行う決断によって決まります。
どうしようもないこともありますが、少なくとも改善、思い留まらせる努力はすべきでしょう。
防犯に対する啓蒙活動や普及活動、犯罪はいけないことだと認知させる広報宣伝活動などもあります。
そのように考えると、犯罪というものに無関係な人というのはどこにもいません。
誰もが何らかかの関わりを持つ可能性があるのです。

郵便局の金庫から1900万円盗んだ元職員逮捕

神奈川県警栄署は12日、横浜市磯子区久木町、元郵便局課長代理の男(39)を窃盗容疑で逮捕しました。

発表によると、男は6月24~25日、当時勤めていた横浜桂郵便局(横浜市栄区)内の金庫から2回にわたり現金計1900万円を盗んだ疑い。

男は金庫の暗証番号を知っており、鍵も扱える立場だったという。

男は、郵便局の内部調査で盗んだことを認め、9月4日に懲戒解雇されました。
同日、日本郵便南関東支社から同署に被害届が出されていました。
<読売新聞 9月13日(金)14時54分配信より>

内部犯行による現金窃盗事件です。
それにしても2回で現金1900万円は盗み過ぎでしょう。
誰かが盗んだことはすぐに発覚します。

外部からの侵入盗かどうかはすぐに分かるでしょうし、内部の事情に詳しい者が関与したことは明らかです。
まさか自分の犯行だと分からないだろうと考えての犯行でしょうか。

それとも借金等で追い詰められ、衝動的に犯行を思いつき、そして実行してしまったのかもしれません。
どちらにしても、冷静に考えれば、現金を盗むことに成功しても、その後で犯行が発覚し、そして自分が盗んだことが明るみになるのは明白です。
その現金を自分の物とし、そして捕まらないということはあり得ません。
にも関わらず犯行を行ってしまったということは、さきほど述べたような衝動的な犯行以外に、その場所にそう思わせる何かがあったのかもしれません。

その何かとは、
物(商品や備品)が整理されずに置かれており、盗まれても気付かれない。
現金や収支がいい加減で、管理がずさん。
防犯カメラが設置されておらず、部屋への入退室も管理していないので、不審者でも出入りが可能な時間帯がある。
などの犯行を行っても自分の犯行とは特定されない、発覚しないかもしれないと思わせる理由です。

このように思わせる理由、つまり環境が存在している限り、いつか誰かが良からぬ考えを持ち、犯行を行ってしまう可能性があるのです。
それは外部からの侵入者に限らず、今回のような内部犯行が発生してしまう要因となり得ます。

それを変えない限り、侵入・盗難のリスクを抱えてままということです。

泥棒5人組 車で留守宅巡り、神奈川から九州まで

熊本県警は31日、留守の民家に忍び込み現金を盗んだとして住所不詳、自称建設作業員の男(41)ら30~50代の男5人組を住居侵入、窃盗の疑いで逮捕した、と発表しました。
5人はワンボックスカーで西日本各地を巡りながら同様の犯行を続け、被害は熊本、宮崎など9県で二十数件に上るという。

逮捕容疑は7月3日午後1時ごろ、宮崎県高鍋町の民家にガラス戸を割って侵入し、現金約1万3000円を盗んだとしています。

捜査1課によると、5人は6月下旬、車を借りて神奈川県を出発。
ビジネスホテルに宿泊しながら、留守の一戸建て住宅の窓を割るなどして侵入。
バールを使って金庫などをこじ開けていたらしい。

見張り役、侵入役、車の運転役と分担。怪しまれないようにするためか、格好は作業服で統一していたようです。

7月2日に県北であった空き巣事件の目撃情報からグループの車が分かりました。
一部の男は容疑を否認しているという。
<毎日新聞 9月1日(日)14時45分配信より>

神奈川からワンボックスカーに乗ってはるばる宮崎、熊本まで泥棒行脚した男5人組の犯行です。
留守宅ばかりを狙い、住宅の窓を割って侵入し、バールで金庫をこじ開けるという手口です。
犯行は、見張り役、侵入役、車の運転役としっかり役割分担を行い、作業服も統一しての犯行です。

9県に渡り広域な犯行を行う本格的な窃盗グループかと思いきや、二十数件の犯行であえなく逮捕されています。
被害件数が数百件、被害総額数千万円に及ぶ前に逮捕されているのが意外なところです。
警察の捜査が優秀だったのか、それともこの5人組が間抜けだったのか・・・。

留守宅というのは泥棒にとっては非常に魅力的な条件です。
人がいないということですから、時間さえ掛ければゆっくり犯行を行うことが可能になります。
常に建物内に人が居る、有人の状態を続けることができればそれば一番ですが、それは現実的には不可能です。

その代わりになるのが防犯システムや防犯カメラです。
現場で人の代わりに音を発し、侵入者を威嚇し、それ以上の犯行を継続させません。
また、人の目の代わりに侵入者を記録し、その映像が証拠となります。

お金を掛ければそれらの防犯対策が可能になります。
これが事前の防犯対策です。

Google

WWW を検索
www.securityhouse.net を検索


このページのトップに戻る


あなたの不安・気になる防犯、お気軽にお問い合わせください!!

フリーダイヤル 0120-8484-24

制作・著作

COPYRIGHT © 2010-2013 SECURITY HOUSE CENTER CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.WebSitePlanProduced bybitSEODESIGN