1. HOME
  2. 防犯ブログ
  3. 泥棒小話

防犯ブログ

知らぬは本人ばかり

最近は殺伐とした事件が多く、ニュースを見ていても気が滅入りますね。
私たちも皆様へ防犯 対策や情報をお伝えするため日々ニュースチェックをしていますが、本当に最近は国内国外でも嫌なニュースばかりで暗い気分になります。
そこで今日は「誰かに伝えたい!」と個人的に思った事件をご紹介したいと思います。

アメリカはテキサスで起こった、まるで映画かドラマのような?事件です。

“金曜日の夜、その女性がピザショップで働いていたところ、突然1人の強盗が店に押し入ってきた。その強盗はなんと彼女の父親で、さらに逃走の手助けをした共犯者は彼女の夫と母だった…。彼女はこの強盗計画について「何も知らなかった」と話しており、警察はこの女性を何の罪にも問わないと発表している。
他の男性店員が犯人を殴り倒し、変装のため着用していたカツラとサングラスを奪い取ったところ…彼女はそれが自分の父親であることに気付き、驚愕したという。“お父さん”は店を飛び出した後、彼女の夫が運転するピックアップトラックで逃走。また、その助手席には母親も乗っていた。
犯行グループは後に全員逮捕されたが、彼女の夫は「妻は何も知らなかったのです。私も最初はコンビニから金を奪う計画だと思っていたのですが、そうではありませんでした」と警察に供述している。”
[7月18日 AP通信より]

強盗に遭うだけでもかなりのショックですが、変装の“中身”が父親であったうえに、母親と自分の夫が共犯であったという事は通常だと考えられないですよね。この女性の受けたショックは計り知れないものでしょう。
よりによって、肉親の働く店へ強盗に入らなくても…

◎防犯 対策『強盗・不審者対策』
◎防犯泥棒大百科『こんなおかしな泥棒がいる』

続きを読む

投稿者:スタッフ(2008年7月22日)|記事URL | あとで読む

行徳署留置番号57号 「裁判は茶番、求刑3年は短いね」

「行徳署留置番号57号」ってなんだと思いますか?

それは人の名前なんです。もちろん親の決めた正式な姓名ではなく、
逮捕後黙秘権で氏名を名乗らないまま起訴されたため、このような名前になって裁判を受けている泥棒のことなんです。

この男今回が初めてかと思いきや、平成13年以降、窃盗などの罪で
東京、山口、横浜、仙台各地裁で計4回、氏名不詳のまま有罪判決を受けているというつわものです。

つまり、何度逮捕されようとも、刑務所の中ででも氏名は絶対に明かさないままということなんです。

今回は4月にスーパーで万引したとして、常習累犯窃盗の罪に問われました。
氏名不詳の男の初公判が30日、千葉地裁(石田寿一裁判官)で開かれ、
男は起訴事実を認め、検察側が懲役3年を求刑し即日結審しました。判決は6月6日。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2008年6月05日)|記事URL | あとで読む

他人の天袋で勝手に生活

福岡で起きたちょっとおかしな話。福岡県志免町の男性(57)宅の押入の天袋で58歳の女が勝手に生活していたというものです。

被害にあった1人暮らしの男性は、以前から食べ物がよくなくなるので不審に思っていたようです。
そこで、「人影に反応して携帯電話に画像を送るしくみの警報装置と監視カメラ」を設置しました。
28日午後2時すぎに外出してから10数分後にメールで不審者が写った画像が送られてきたためただちに110番通報。
駆けつけた警察署員は、押入の天袋に隠れていた女を発見した、ということです。
女は天袋にマットレスを持ち込み生活していたということです。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2008年5月30日)|記事URL | あとで読む

泥棒カップルの手口 車ドロボウとニセ妊婦

アメリカのメイン州で起こった盗難事件です。
20日夜、テールランプが消えたまま走行していたある車を警察官が止めました。

すると運転手が、同乗している女性が陣痛を起こしていて病院に運んでいる途中だ、と答えました。
警察官は、その車を病院までエスコートしました。

その途中、警察官は同僚に、車のナンバープレートを連絡し、コンピュータでチェックするように頼んだところ、その車が盗難車であることが判明し、運転していた男(23)を窃盗容疑で逮捕しました。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2008年1月25日)|記事URL | あとで読む

「たばこダッシュ」中学生3人逮捕 コンビニから万引き

コンビニエンスストアでたばこ7カートン(販売価格約2万1000円)を万引きしたとして、窃盗容疑で、東京都足立区に住む14歳の中学2〜3年の男子生徒3人が逮捕されました。
13歳だった中学2年の男子生徒も児童相談所に通告するということです。

生徒らは「たばこダッシュ」と称して万引きをしており、容疑を認めているということです。

調べによると、5人は6月24日午前6時40分ごろ、足立区伊興のコンビニ「セブンイレブン足立伊興小西店」で、たばこ7カートンを万引きした疑いです。
生徒らは2月ごろ、不良グループを結成。小学生のころから喫煙しており、「1日1箱ぐらい吸うので買うのには金がかかる。たくさん万引きをして店に悪いことをした」と供述しています。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2007年10月09日)|記事URL | あとで読む

女性宅に侵入、強盗未遂疑い容疑で男逮捕

 京都右京署は2日、強盗未遂の疑いで、無職今田武志容疑者(54)を逮捕した。

 調べでは、今田容疑者は同日午前5時50分ごろ、近くの女性(80)宅に小刀を持って侵入し、女性にシーツをかぶせて転倒させ、「金を出せ」と脅して現金を奪おうとした疑い。
同容疑者は女性が抵抗したため、何も奪わずに逃げた。女性は胸や腰の骨を折る重傷を負った。

 今田容疑者は約1時間後、近くの交番から右京署に電話で犯行を告げ、駆け付けた署員に緊急逮捕された。調べに対し「サラ金に借金があった」と供述している、という。
同署は強盗傷害容疑で送検する方針。

 犯人は女性宅のすぐ近くに住んでいて、
「金が目的だった。おばあさんが泣き出したので、悪いことをしたと反省した」
とも供述しているが、犯人が犯行に至らなかったら80歳の被害者は重症を負う事はなかった。

犯人に怒りを覚えると共に、「安全は自分で守る時代」となってる今、日頃から防犯対策が必要です。

続きを読む

投稿者:スタッフ(2007年10月03日)|記事URL | あとで読む

煙突にはまった泥棒に懲役2年

アメリカのロサンゼルス郊外のウェストコービナの住宅に、煙突から盗みに忍び込もうとした男が、
煙突内で身動きが取れなくなり逮捕され、懲役2年の実刑判決を受けました。

12日、第一級窃盗で有罪となったのは35歳の男で、控訴しなかったため刑が確定しました。

男は、8月26日、煙突で身動きが取れなくなっているところを、住人に発見されました。
最初、警察に家の修理を別の人間とともに行っていたなどと供述していたようです。

消防隊員が4時間ほどかけて煙突を解体し、男を救出しました。
男には、住宅の修理費用として1万ドル(約110万円)以上の支払いが命じられました。

煙突にはまった間抜けな泥棒の話ですが、屋根から家の中に直接つながっている煙突ですから、泥棒が侵入経路として魅力を感じるのは分かります。

しかし、万が一暖炉等で煙突を使用していたら・・・考えただけでも熱くなります。
使用していなくてもすすだらけで体には悪そうですし、もう使用しておらず、内側から閉じている家も多いようです。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2007年9月19日)|記事URL | あとで読む

盗品を返却し、泥棒が謝罪メモ

8月31日、ニュージーランドのクイーンズタウンで、盗みを働いた男が、盗品を「返却」するだけでなく謝罪し、壊した窓の弁償を約束するメモが残されていたという珍事が発生したようです。

男は、同国南島に位置する風光明美なクイーンズタウンにある民家に押し入り、ノートパソコンやカメラ、クレジットカードの入った財布を盗みました。
男は、そのクレジットカードを使い、バスケットボール1個と2組の手袋を購入していました。

しかし、良心の呵責に耐えかねたのか、男は再びこの家に侵入し、盗品と盗んだクレジットカードで購入した品を「返却」しました。
外出先から戻った被害者の方は、テーブルの上に盗まれた品々と自分の日記に書かれた男のメモを見つけて驚いたようです。

「それ(メモ)は、私たちの家に押し入り、家の中を荒らしたことへの謝罪文のようなものだった。本当に奇妙なことだ」と語っています。
男はメモの中で、「十分なお金ができたとき」に壊した窓の修理代を支払うことを約束し、心から謝罪すると述べています。
警察は、10代後半から20代前半とみられるこの男の行方を追っています。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2007年9月06日)|記事URL | あとで読む

盗品飲み込んだ泥棒に下剤バナナ40本

インドの警察当局が盗んだネックレスを飲み込んだ泥棒に対し、数時間でバナナ40本を食べさせていたことが分かりました。

3日、当地で女性から4万5000ルピー(約13万円)相当の金のネックレスを奪った男(35)は、地元住民と警察に取り押さえられた際にネックレスを口の中に放り込みました。

捜査関係者は、男はネックレスを飲み込んだことを否定しましたが、病院でレントゲン検査を行った結果、胃の中にネックレスがあるのを見つけたと述べています。
別の捜査員によると、警察は医師の助言を受け、天然の下剤として働くバナナを男に食べさせたということです。

男は4日朝、トイレに3度行き、またネックレスを吐き出させようとしたもののうまくいきませんでした。
5日、さらに、鶏肉やコメ、パンなどボリュームのある食事を食べさせた結果、盗まれたネックレスを無事体内から取り出すことに成功したようです。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2007年8月07日)|記事URL | あとで読む

泥棒からのお祝いメッセージ

中国人の童さん夫婦は先週末、レストランに友人を招いて結婚披露パーティーを催しました。

夜遅くまで大いに盛り上がり、仲良く手をつないで新居に戻った2人でしたが、幸せいっぱいの時間はここまででした。
明かりをつけてみると、ベランダの窓が破られ、家中が空き巣に荒らされていました。

金目のものは根こそぎ無くなり、部屋に置いてあった結婚指輪も持ち去られていました。
ぼう然としながら、ふと机の上に目をやると、手にしたばかりの結婚証の横に泥棒からのメッセージが。

「結婚おめでとう!末長くお幸せに」・・・ご丁寧にも真っ白な紙に赤い色で書かれた文字を前に、2人はただ歯ぎしりするだけでした。

結婚するとなると、結婚式の準備や案内、新婚旅行に新居探しや引っ越しなど色々なことに気をとられてしまい、
家の戸締りなど防犯 意識が薄くなってしまうこともあるでしょう。
泥棒はそういうところも狙っています。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2007年8月02日)|記事URL | あとで読む

1  2  3  4  5  6  7

防犯ブログ

シェア
RSS購読

ページの先頭へ戻る

?