1. HOME
  2. 防犯基礎知識
  3. 女性の防犯・安全対策

女性の防犯・安全対策


女性が被害者になる犯罪

平成24年における刑法犯に係る女性の被害件数は363,534件で、前年の386,883件より1.1%減少していますが、まだまだ多い数字です。全体の33.1%を占めており、そのうち窃盗が74.9%で最も多く、詐欺3.0%、暴行3.3%、傷害2.5%、強制わいせつ1.9%となっています。

盗撮、ストーカー、痴漢、強姦等性犯罪や、空き巣、強盗、ひったくり、振り込め詐欺など女性を狙った犯罪が急増しており、その種類や手口も巧妙化してきています。又配偶者による暴力事件も多数発生しています。
充分な対策を行い、犯罪者に狙われないようにしましょう。


路上ではこんな被害が発生しています


エレベータ内ではこんな被害が発生しています


マンション・住居内ではこんな被害が発生しています


(平成29年6月末現在)

  • 全納入実績 234,800
  • 防犯設備士 557
  • 総合防犯設備士 59

こんにちは、防犯のセキュリティハウスです。 数多いホームページの中より、当ホームページをご覧いただきましてありがとうございます。 初めてのセキュリティ導入、他社様からの変更依頼、何から手をつけて良いかわからないのが普通です。又、 対策は非常に機密性の高い内容を取扱いますので、信頼のおけるセキュリティのプロにまかせられることをおすすめします。何なりとお気軽にお問い合わせください。

さらに防犯について詳しく知りたい方はこちらから

  • 無料防犯診断
  • 資料請求

防犯基礎知識

ページの先頭へ戻る