防犯
防犯のセキュリティハウス大阪
抑止力・威嚇・撃退力で「狙わせない」「入らせない」のが基本です。 防犯のセキュリティハウス大阪
侵入者の手口

最近の侵入者の手口をまとめました。
住宅への侵入口は窓からが最も多く、
侵入手段はガラス破りが最も多いようです。

カギをかけ忘れた玄関・窓から侵入

ごみ捨て、こどもの送迎、庭木に水やり・・・ちょっとした時間ですが、このスキにカバンの中や
タンスの中のお金が狙われています。
面倒くさいかもしれませんが、カギをかける習慣を付けましょう。
メーターボックスや牛乳の配達受けなどにカギを入れて、ドロボウにサービスするのもやめましょう。

玄関の扉をカギ破りで侵入

きちんと施錠していても、ドロボウの侵入に弱いカギでは5分と持ちこたえられません。
特殊な工具でカギをあける「ピッキング」や、バールによるこじ開けに強い扉と錠前を付けましょう。
ノブの中央の”ぽっちり”を押して施錠するタイプは完全な「屋内用」です。
もしも勝手口などで使われているのなら、早めに取り替えましょう。

ガラス破りで侵入

ガラスを割ってそこから手を入れてクレセントを回す方法が侵入方法として最多です。
クレセント自体はカギではないので、補助錠を付けてドロボウに入られにくくしましょう。
防犯センサーを付けて威嚇するのも良い手です。
ガラスの強度を図るには防犯フィルムを貼るか、思いきって防犯ガラスに取り替えるといいでしょう。

ベランダから侵入

雨どいやベランダの柱から上がってきたり、室外機に足をかけて上がったりします。
足がかりになるようなものをどけて、雨どいには忍び返しを付けましょう。
ご近所の屋根やブロック塀が隣接してベランダのほうへ渡ってこれる場合は、その足場となる辺りに 忍び返しを付けましょう。ベランダの窓は上記「ガラス破りで侵入」のコメントを参考になさって下さい。

居住者のあとをつけて侵入

女性・こどもが特に狙われています。
家のそばに来ても気をゆるめずに、しっかり周りを見て怪しい人がいないか確認してから
カギを開けましょう。
マンションのエレベーターで怪しい人とはち合わせしてしまったら、その人に失礼かな、
などど心配せずにすぐエレベーターから降りましょう。
怪しい人の中には、別の階でエレベーターを降り、わざわざ階段を使って目的の階まで来るやからも います。しっかり周りを確認して下さい。