防犯
防犯のセキュリティハウス大阪
抑止力・威嚇・撃退力で「狙わせない」「入らせない」のが基本です。 防犯のセキュリティハウス大阪
防犯設備士

セキュリティハウス大阪は、
8名の防犯設備士と、2名の総合防犯設備士を有しています。

「防犯設備士・総合防犯設備士」の役割

防犯システムの技術レベルの向上を図るために、平成4年2月から防犯設備士養成講習・
資格認定試験が実施されてきました。
防犯設備士の資格認定試験は平成 17年11月ですでに53回を数え、これまでに10,000名以上もの
防犯設備士が誕生しております。
防犯設備士は防犯システムの設計・施工や防犯診断などにおいて全国各地で活躍しています。

防犯設備士は国家資格ではありませんが、近頃ではテレビ番組などでも防犯設備士協会の
会員として取り上げられたりと、地域の防犯に対する関心が高まるにつれ、防犯設備士に対する
期待も高まってきています。

また防犯設備士制度の充実を図るため、平成13年4月から、これまでの「防犯設備士」に新たに
「総合防犯設備士」を加えた「防犯設備士制度」が実施されています。
総合防犯設備士は、地域の防犯活動の主導的役割を担い、警察庁もこの防犯設備士制度に
熱い期待を寄せています。