セキュリティハウス岡山のホームページが新しくなりました!
岡山での防犯対策はセキュリティハウス岡山にお任せ下さい!セキュリティハウス岡山新サイト

セキュリティハウス岡山のサイトは、
今後こちらのサイトで皆様に最適な防犯システムのご提案や最新情報をお届けして参ります!

新 セキュリティハウス岡山サイト
http://securityhouse-okayama.net/

お気軽に防犯の事ならなんでもご相談下さい。
サイトのお気に入り登録もこちらのアドレスでお願い致します。

豊富な納入実績を掲載!
岡山での防犯対策はお任せ下さい。

岡山での防犯対策はセキュリティハウス岡山にお任せ下さい時代が豊かになるほど、かけがえのないモノやことの質の高まり・量の増大を私達は余儀なくされていると言えます。

「体感治安の悪化」が叫ばれる中、「安全・保障」という原義を持つセキュリティの意味合いは多彩な視線を浴び、社会との関わり合を深めつつあります。

従来の「ただひたすら価値を守る」ということから「快適さとしての価値創造」
へセキュリティの概念は大きく変わりつつあります。
セキュリティシステム総合専門企業「セキュリティハウス」の歩みは今、
「環境としての未来の創造」へ向って静かなる革命を起こそうとしています。


セキュリティのさらに進んだカタチ

遠隔監視カメラi-NEXTは、iPadを活用して自主機械警備システムの遠隔操作、
カメラの遠隔確認、 設備の遠隔制御を行うトータルセキュリティシステムです。

iPadからカメラ切替、ズーム、照明のON・OFF、セキュリティシステムのON・OFF、
問合せメール等、さまざまな操作が1タップ(画面ボタンを軽く触る)で操作可能。
驚く程、鮮明な画像と操作感を実感して頂けます。

→詳しくはこちら

防犯対策はこちらへ
ホームセキュリティ マンションセキュリティ 侵入検知 教育施設セキュリティ
老人施設セキュリティ 工場・重要施設の防犯対策 防犯カメラ 入退室管理
社寺・仏閣のセキュリティ オフィスセキュリティ 強盗対策 テロ対策

中外日報に掲載されました。

中外日報(平成24年11月27日)「お寺と神社の防犯NOW(31) 全域カバーしネット配線」

機器を素早く効率的に

本堂などが重文に指定されている瀬戸内市の本蓮寺

岡山県瀬戸内市の法華宗本門流本蓮寺は、県内でも有数の古刹として知られ、法華宗の寺院としては関西以西で最古の創建という。瀬戸内海を望む景勝地にあり、本堂と中門のほか法華三十番神を祀る「番神堂」3棟が国の重要文化財。江戸期に朝鮮通信使の宿泊所だったことから国の史跡にも指定され、小堀遠州の作庭と伝える客殿庭園や三重塔など見所が多い。

その本蓮寺では、改修工事を機に防犯システムを導入。住職が外出している間のセキュリティー強化と火災対策に重点を置く一方、インターネット回線を介した遠隔操作が可能な複数のカメラとセンサー類を組み合わせて採用し、広い境内の様子をくまなくチェックできるようにした。

防犯システムを設計・施工したセキュリティハウス岡山(小野真司社長‖総合防犯設備士)によると、文化財指定を受けている建造物の場合、建物そのものへの取り付けや加工ができないため、専用の支柱を別途設置するなどして対応。防犯システム用のネット配線も境内全域をカバーする形で新設し、機器の性能を素早く効率的に引き出せるよう工夫したという。

同社は、京都市の潟Zキュリティハウス・センターが全国展開する防犯機器専門の販売ネットワークに加盟しており、企業の事務所や工場などのほか、神社仏閣への施工実績も少なくない。セキュリティハウスの全国ネットには現在、全国の135社が参加し、それぞれ地元を拠点としながら寺社の防犯サポートにも力を入れている。

問い合わせは潟Zキュリティハウス・センター「SHネットワーク運営本部」‖電話075(584)6600‖まで。

中外日報に掲載されました。

中外日報(平成24年7月26日)「お寺と神社の防犯NOW(27) 要所押さえ広い境内守る」

「もしセキュリティーがなかったら…」賽銭泥棒逮捕につながった事例も

会陽が有名な岡山市の西大寺観音院。防犯機器を積極活用する

岡山市にある高野山真言宗別格本山西大寺観音院は、大阪・四天王寺の「どやどや」などと共に「日本三大奇祭」の一つに数えられる裸祭り「会陽(えよう)」で知られる。祭りの発祥が奈良時代と伝えられる通り同寺の歴史は古く、県下有数の古刹として親しまれてきた。

そんな西大寺では、5年ほど前から防犯設備を導入。寺務所から遠隔操作が可能な防犯カメラのほか、赤外線センサー、屋外対応の炎センサーなどを要所ごとに複数設置し、本堂や三重塔、高祖堂、仁王門をはじめとした境内の諸伽藍を火事や犯罪から守っている。

「設備が整って以降は火事などに対する心理的な不安が解消された」と同寺。本堂に侵入した泥棒や賽銭泥棒の逮捕につながったケースも何度かあり、「もしもセキュリティーがなかったらと思うと今でも身震いがします」とセキュリティー機器には大きな信頼を寄せている。

同寺の防犯システムは岡山市中区のセキュリティハウス岡山(小野真司社長‖総合防犯設備士)が設計・施工を担当した。

境内が広いため必要な機器の数も多く、複雑なシステム設計となったが、同寺は「金額的にもリーズナブルで、センサー類が作動した際やアフターサービスも充実している」としていて、機器だけでなく同社への満足度も高いようだ。

同社は、京都市山科区の(株)セキュリティハウス・センターが全国展開する防犯機器販売専門ネットワークの一社で、この全国ネットには現在、北海道から九州・沖縄までの133社が加盟している。

問い合わせは(株)セキュリティハウス・センター「SHネットワーク運営本部」=電話075(584)6600まで。

中外日報に掲載されました。

中外日報(平成22年11月25日)「お寺と神社の防犯NOW (9) コストに換えられぬ大切な伽藍」

20年ほど前から防犯機器活用

岡山市の西大寺観音院。広い境内に諸堂が立ち並ぶ

岡山市東区の高野山真言宗別格本山西大寺観音院。児島湾を経て瀬戸内海に注ぐ吉井川のほとりに位置し、毎年二月に営まれる奇祭「裸祭り」は全国的にも有名だ。

この祭りは正しくは会陽(えよう)といい、今からちょうど五百年前、室町時代の永正七年(一五一〇)に始められたとされる。本堂から投げ込まれる一本の宝木をふんどし姿の男たちが群れをなして争奪するさまは、文字通り勇壮。宝木を手にすることができた人はその年の福男とされることから、毎年たくさんの男衆が集う。

同寺の開創は奈良時代と伝えられ、境内には江戸時代に再建された本堂や三重塔、仁王門、弘法大師を祀る高祖堂、鐘楼門などの諸堂がその威容を誇る。今月三日には、会陽五百周年を記念して取り組んだ牛玉所殿(ごおうしょでん)の改修工事竣工を祝う落慶法要も営まれた。

そんな同寺では、境内の各所に防犯機器が設置され、伽藍の安全を静かに見守り続けている。炎センサーや赤外線センサーなどを設置、とりわけ火災対策に重点を置くのが特徴だ。

「大切な伽藍が灰じんに帰してしまっては取り返しがつかない。火災を未然に防ぐことができることを思えば多少のコストも安いものです」。同寺の坪井綾広副住職はそう話し、防犯機器を設置したことによる抑止効果を高く評価。防犯機器を活用し始めたのは二十年ほど前と古いが、現在では諸堂の護持と境内の安全対策に欠かせない脇役≠ニなっている。

同寺の防犯システムを設計・施工したのは、同市中区のセキュリティハウス岡山(小野真司社長=総合防犯設備士)。同社は昭和59年11月の設立で、地域密着のスタイルを継続しながら、一般住居から店舗、企業まで幅広い防犯ニーズに対応している。

同社は潟Zキュリティハウス・センター(本部=京都市山科区)が全国展開する販売ネットワークの一社。「セキュリティハウス」ブランドの販売ネットには現在、134社が参加する。

問い合わせは潟Zキュリティハウス・センター「SHネットワーク運営本部」=電話075(584)6600=まで。

中外日報に掲載されました。

中外日報(平成22年6月29日)「お寺と神社の防犯NOW (4) 防犯対策は待ったなしの状況」

前年比777件、7.8%増の寺社被害

岡山市北区の吉備津神社。県内外から参拝者が訪れる

今年5月に警察庁から発表された「平成21年の犯罪情勢」。この統計によると、平成21年の刑法犯認知件数は1,703,044件で、前年に比べて 6.3%減少した。平成14年に戦後最多を記録して以降は減少に転じており、翌15年から7年連続の減となっている。

一方、神社仏閣の項目に目を向けると、昨年の認知件数は10,748件。総数に占める割合は0.6%余りにとどまるものの、全体が減少傾向にある中、前年比777件、7.8%の増加となった。強盗が前年に比べて2倍の10件、放火が21件などとなっており、寺社の防犯対策は待ったなしの状況といえるだろう。

こうした中、寺社で犯罪被害が相次ぐのを受けて防犯システムを導入したのが、岡山市北区の吉備津神社。県下きっての古社で、近ごろはパワースポット≠ニして県外からもたくさんの人が訪れる。防犯システムを取り入れたのも、多くの参拝者と境内の安全を維持するのが狙い。

設置したのは、24時間・365日の撮影が可能な防犯カメラシステム。境内や駐車場の様子が昼夜の別なくチェックできるようになり、とりわけ夜間の防犯態勢を強化した形だ。

この防犯システムは、同市中区のセキュリティハウス岡山(小野真司社長=総合防犯設備士)が設計・施工した。同社は昭和52年の創業で、神社仏閣についても80件超の納入実績を持つ。小野社長を含めて2人の総合防犯設備士を擁するなど豊富な経験が強みといえ、今後も安全な地域づくりの一翼を担っていく考えだ。

問い合わせは(株)セキュリティハウス・センター「SHネットワーク運営本部」=電話075(584)6600。同社の全国ネットには現在、北海道から沖縄までの133社が参加している。

山陽新聞に掲載されました。

山陽新聞「12面」(平成21年7月23日)第2部 最新セキュリティ対策商品プレゼンテーション

株式会社セキュリティハウスは、今年で創業33周年になります。
新しい防犯システムの形、「攻撃る守備り」の自主機械警備システムの「NEXT」「見える防犯」を中心に、一般個人住宅から店舗、工場、企業、病院、プラント等あらゆる社会のセキュリティニーズにお応えします。
また、(社)日本防犯設備協会、岡山県防犯設備業防犯協力会に加入しており、防犯アドバイザーとして、地域に根ざした防犯にも力を注いでおります。
防犯システム、監視カメラ、出入管理システムのことなら経験豊かな弊社にお任せください。

岡山での防犯対策はお任せ下さい。