防犯のセキュリティハウスマッハ

防犯で最も重要なのは、「侵入されてからどうする」ではなく「狙わせない」「建物に入らせない」という「抑止」「予防」の考え方です。

防犯のセキュリティハウスマッハです。

こんにちは。防犯のセキュリティハウスマッハです。

セキュリティハウスマッハ

数多いホームページの中より当ホームページをご覧いただきましてありがとうございます。安全は『予防』こそが重要です。
被害に遭ってから対応するのではなく被害に遭わないように予防する、すぐに対応して被害を最小に押さえる・・それが防犯のもっとも進んだカタチです。

安心・安全を「ヒト任せにしない」「自分で守る」時代のセキュリティシステムです。
侵入防止・犯罪予防効果により、被害に遭わない安心の警備・防犯システムをご提供します。

侵入犯罪に狙われる場所

侵入窃盗犯罪が最も多く発生している場所はどこでしょうか。

平成22年度の警察庁による調査では、侵入窃盗犯罪の37.6%が一戸建て住宅で起きています。
4階建て以上の中高層住宅が5.6%、3階建て以下の低層の共同住宅やテラスハウスなどを含めたその他の住宅は14.4%となっていて、全体の半数以上を住宅が占めています。
一戸建てや低層住宅は狙われる確率が高いと言うことですから、それらに該当する住まいにお住まいの方は特に、防犯対策が必要です。

また、住宅以外の被害状況を見てみると、会社・事務所は全体の13.5%、商店は9.1%という割合となっていて、決して少なくはない数値です。
事務所には、現金や小切手、印紙、金庫、OA機器などの高価なものが多くあります。
店舗や飲食店にも売上金や商品などの窃盗犯に狙われやすいものがあります。
それらの場所は住宅とは違い、無人となる時間や曜日などが明確となっているため、見つかる可能性が低く狙われやすいとも言えるのです。
それらの場所で、無人となる時間や曜日には、特にセキュリティを強化する必要があるのです。

さいたま市での防犯はお任せ下さい。

初めてのセキュリティ・防犯カメラの導入、他社様からの変更依頼、防犯・警備についてなど、何から手をつけて良いかわからないのが普通です。
セキュリティハウスマッハでは会社設立以来防犯一筋に歩んで参りました。

セキュリティハウスの総合防犯設備士は、
全国の有資格者の、総合防犯設備士数ナンバーワンです。
セキュリティハウスの防犯設備士・総合防犯設備士は、防犯設備士 人 総合防犯設備士 人を有しています。

セキュリティハウスマッハではさいたま市において、無料防犯診断を行っております。
何なりとお気軽にお問い合わせください。

防犯システムメニュー
防犯はお任せ下さい

セキュリティハウスマッハ

〒331-0061
埼玉県さいたま市西区西遊馬1338-12
TEL : 048-622-4017
FAX : 048-622-1209

株式会社マッハ
セキュリティハウス
福祉介護HELTHCARE
防犯カメラ
防犯泥棒大百科