工場・倉庫のセキュリティ

工場の防犯対策

「工場は現金を置いていないので泥棒に入られない」と 考えている方もまだまだ多いようですが、工場にも不審者が不法侵入したことによりいろいろな被害が発生しています。

工場の防犯対策の基本は、敷地内に不審者が入れないようにすることです。

そのためには、塀やフェンスなどで領域を明確にして不審者の接近を制御する物理的な防御が必要です。塀は反面死角を作ることにもなるため建物との距離など配慮が必要です。

※但し、塀やフェンスはあくまで善意の第三者や子供が敷地内に入るのを防ぐためのものです。


倉庫外周からの侵入をキャッチする「外周警戒システム」

不審者の侵入防止のためには、赤外線センサーや感圧センサー、フェンスセンサーといった侵入検知センサーを設置し、塀やフェンスを乗り越えようとする不審者をすぐに検知し守衛室に知らせるとともに、ベルやサイレンで威嚇撃退するということが大切です。

不審者のフェンスや塀からの侵入を検知する、赤外線センサーなどを設置します。
不審者を検知すると威嚇ベル等で威嚇を行い、退散させます。


防犯カメラシステム

防犯カメラの設置効果

  1. 不審者の入場を防止
  2. 入場車両の確認
  3. 工場内の安全管理

遠隔で現場確認、鮮明な画像を自動録画。工場の状況を、いつでも遠隔地で確認できます。製造工程の状況確認も容易にできます。


漏水検知システム

意外に多い漏水事故。水漏れ、大事故になる前に。
漏水や浸水事故を早期に見つけ、警報を発して通報します。

  1. ブザー報知タイプ
    漏水を検知すると、ブザー音を鳴らします。同時に表示灯が点滅してお知らせします。
    ブザー報知タイプ
  2. 無線タイプ
    配線不要のワイヤレスタイプのためどこにでも配置できます。漏水を検知すると電波にて受信機に送信し、お知らせします。
  3. 有線タイプ
    漏水を検知すると、コントローラに異常を伝えます。コントローラは異常を警報音でお知らせします。

▲このページのTOPへ

セキュリティハウス城東
(株式会社ファースト)

〒132-0024 東京都江戸川区一之江8丁目17-7 ファーストビル
TEL:03-5662-9131
FAX:03-5662-9132

全国地域別防犯情報 地域防犯情報ブログ セキュリティハウス 福祉介護 防犯カメラ 泥棒