環境破壊・不法投棄・監視警報用システム

環境保全用システム機器

近年「家電リサイクル法」の施行にともない、ゴミの不法投棄が増加しています。

人目につきにくい場所(山間部や河川敷、街中の空地、駐車場、高架下など)に機器を設置することで、不要になった家電製品やゴミ、廃液などの不法投棄、また落書きやいたずらを24 時間監視し、警報と威嚇を行います。

山間部・河川敷にはソーラー電源を利用した監視・警報システムがお勧めです。

ソーラー電源式環境保全用システム機器

パッシブ監視威嚇装置
一般電源のとれない場所で、不法投棄を監視し、人や車両を検知すると音声メッセージで威嚇します。
広域・長距離監視威嚇装置
広域・長距離の検知エリアをもつパッシブセンサーを組み込むことで、広範囲または長距離の監視威嚇が可能となりました。
赤外線監視威嚇装置
赤外線センサーは直線で75mの距離を警戒し、人や車両を検出します。

防犯システムメニュー

頼んでよかった!お客さまの声
お問い合わせは
セキュリティハウス福島
(株式会社メディアシステム)
〒960-8252
福島市御山字稲荷田83-2
Tel:024-531-2940(ふくしま)
Fax:024-531-2484
全国地域別防犯情報 地域防犯情報ブログ
セキュリティハウス
福祉介護
防犯カメラ
泥棒