防犯システム

侵入者に効果的な防犯システム

自宅や事務所での防犯システムを設置することで、侵入者にどのような効果があるのかを見てみます。
まずは、外から見て犯罪者が侵入を敬遠するものを見せておくことです。
それには、防犯システムを設置していることをアピールできるものを目に付くところに置くことです。
それによって、侵入者が警戒し、未然に侵入を防ぐと言う効果があるでしょう。
次に光による防犯対策です。
センサーライト付カメラは、侵入者の動きをセンサーが探知すると、自動的にライトが点灯し、威嚇する効果があると同時に、カメラでの確認が可能です。
LEDフラッシュマルチサイレンは、サイレント光を発して威嚇、撃退することができます。
音による威嚇によって、犯罪を防ぐ方法もあります。
非常警報装置は、異常時に警報音が鳴り響くので、人が駆けつけてくるかもしれないという状況を作り出し、侵入者が犯行を諦めて逃げ出すという効果があります。
人感スピーカーは、携帯電話(FOMA)の操作により音声で、犯罪者を威嚇することができる、効果的な防犯システムです。

オーダーシステム

「防犯システムのスケールや内容とその対象・条件との不適合は、トラブル発生の可能性を増幅させる最大の要因です。
セキュリティハウスは「防犯診断」にて建物の弱点を把握し、あらゆるニーズや条件に対応した最適の防犯システムを一つずつ造り上げる完全オーダーシステムを採用しています。

一貫責任体制

一つにはセキュリティ内容の機密を保全し、もう一つにはよりロスのない防犯システムの合理的な組み立てをするために、プランニング。
防犯システム設計・施工までを一貫責任体制でお引き受けしています。
また「万が一という可能性を忘れない」というセキュリティの基本をきめ細やかな点検・アフターサービス体制で徹底させています。

防犯環境設計

私達は「犯罪が発生しにくい環境」をいかに作るかを最も大切に考えて、防犯設計をします。
犯罪の心理、手口を研究し、その対策としての「防犯環境設計」を行うと共に、防犯意識の高揚や防犯環境の改善などの提案を行います。

ハードの向こうにソフトを見つめて

一つ一つの機器の開発は、個々の機能ばかりではなく防犯システム全体の中での有効性がポイントとなります。
竹中エンジニアリングのタケックス製品を中心に多種多様な機器を確かな選択眼で選びぬき、高水準の防犯システムベースを開発し続けています。

ソフトの向こうに人の暮らしを見つめて

多様なニーズに的確に対応するためのコンサルティング。
職場・家庭等の環境状況を把握するためのリサーチ。
セキュリティの可能性を広げるソフトウェアの開発。
セキュリティを実動させるための設計。
設備のチェック等のフォロー。
セキュリティハウスのあらゆる段階での防犯システム開発は常にその向うに人の暮らしを見つめています。

快適創造へのコンセプト

「安全のない安心は最も危険である。安全のある安心は最も快適である。」
このコンセプトに基づいてセキュリティハウスは一貫した防犯活動を行っています。
「防犯の基本は被害を未然に防ぐこと」という視点から「予防」に重点を置いた防犯システム設計を行い、侵入防止、犯罪予防効果により被害に遭わない安心システムを提案。
又、建物や地域全体をフィールドに生活、経済活動を行う人の快適性、便利性を考慮したシステム構築を行っています。
この様な営みのなかでセキュリティハウスは今、「守る防犯システムが大切さを創造する。」
というコンセプトを前面に打ち出しつつあります。
セキュリティの概念は深く時代を呼吸し美しく変容して「快適創造」という近未来の海へ漕ぎだそうとしています。

防犯システムメニュー

株式会社千葉測器
〒260-8567
千葉市中央区都町2-19-3-3F
tel:043-231-8781
fax:043-232-2531
全国地域別防犯情報 地域防犯情報ブログ
セキュリティハウス
福祉介護
防犯カメラ
泥棒