教育施設セキュリティ

カメラ監視管理システム

何かが起こってからでは遅すぎます。まずは、危険を未然に防ぐ為の防犯対策を。

一旦起こってしまうと、生徒や教職員の命を危険にさらすだけでなく、大きな心の傷として、
将来にわたり子供達を苦しめることにもなりかねません。

防犯監視カメラ
各階の廊下に監視カメラを設置して、
不審者がどの方向にいったのかを監視します。

防犯監視カメラ
いたずらによる監視カメラの故障を最小限にするために、耐衝撃ボディーの屋外用カプセルカメラを設置します。

記録装置
全ての監視カメラの映像を職員室に設置する記憶装置(ハードディスクフレームレコーダー)にて、多重記録を行う。

配信サービス
記録装置の機能としてインターネット網を利用した遠隔監視が可能ですので、保護者向けの映像配信サービスを行うことも可能です。