テロ対策をお考えの方

テロ対策の必要な施設、企業(原子力発電所/浄水場/空港/公安施設/官公庁/
大使館 等)への不審者の侵入による破壊や妨害工作・異物混入・情報漏れ等を
防止します。

建物内をセキュリティ度に応じて、@共用部、A専用部、B特定部の3ゾーンに区分し、
それぞれにアクセス制限を設定し不審者の侵入を未然に防ぐとともに、出入許可された人間の
所在確認を行い、高い防犯機能・機密保持機能を有したハイセキュリティ環境を構築致します。

セキュリティ環境
共用ゾーン
玄関や廊下、エレベーターなど、入居者や外来者の共用スペースの管理・監視。
登録者と不審者の第一次チェック機能。
専用ゾーン
建物内部における管理監視機能。 入居者と外来者を区別し外来者の建物内所在を確認。
又、いずれも該当しない不審者の存在を24時間チェックする機能。
特定ゾーン
専用部の中で、特に重要な場所の管理、監視機能。
個人認証も強化し、全ての出入りをチェックし記録・管理監視を行う。

建物内への人の出入りを完全に管理。社員・役員・出入業者・来客を識別し出入りを確実に管理。

特に機密性の高い場所への出入りは、本人確認を徹底。よりハイレベルなセキュリティを実現。

所在確認により、誰が今どこにいるのかが把握でき、不審な動きを未然に防止できます。

テロ対策が必要な施設・企業のメリット

敷地内への侵入警戒・ 出入管理・所在確認システムにより安全が保てます。

* テロ行為、施設の破壊や妨害工作を防止。
フェンスや塀を乗り越えての敷地内への侵入や建物内への不法侵入者を検知し侵入を未然に防ぐことにより、
施設や器物破損、妨害工作、異物混入などの被害を防ぎます。

* 危険性・重要性の高い場所への出入を厳重に管理 入室可能な特定な人だけが出入できるように
厳重な出入管理を 実施。
誰がいつ入退出したのかが記録するとともに、バイオメトリクスによる本人確認により、より確かなセキュリティを
実現。今どこにいるのか所在確認もできます。
危険場所・重要場所への立ち入りを制限し、施設及び施設従業者の安全を実現します。

* 所在確認とともに行動を画像で確認可能人の出入状況を管理室にて画像で確認、不審な動きを防止できます。
又、入室から退出までの行動を自動録画できますので、異常発生時には画像で確認をすることが可能です。