目的別検索



資材を守る

盗みやすく高く売れる、金属資材

『資材置き場』という言葉に、どのような光景を思い浮かべるでしょうか。

  • 人気のない場所に立地している。
  • 夜間を含め、無人になる時間帯が多い。
  • 面積が広くて目が届きにくい。

このような無防備な状態であれば、金属価格が高騰した今、金属盗難が多発するのは当然といえます。
特に被害が多いのは、鉄板や鋼材、電線やケーブル、側溝やマンホールの蓋など、いずれもサイズ・重量ともに大きなものばかりです。運び出すためには大がかりな機械と技術が必要となるため、金属盗難は誰でも可能な盗みではありません。しかし一度盗んでしまえば高額で売却でき、管理番号や識別番号がなく本来の所有者が分かりにくいなどメリットが多く、特定のグループが計画的に犯行を繰り返していると考えられています。

24時間警戒していることをアピールし、下見の段階で諦めさせる

計画的に行っているということは、泥棒は何回も下見に来ているはずです。
資材置き場が抱える弱点をカバーし、泥棒が「盗みにくい」と感じる環境を創り上げれば、犯行を諦めさせることは十分可能です。そして、それはセキュリティハウスが最も得意とする分野です。
まずは敷地を囲んでいるフェンスや塀に、侵入者を検知する赤外線センサーや侵入者撃退用の人感ライト・セキュリティキーパー・サイレンなどを、見えるように取り付けます。これだけで侵入の際に『音』と『光』のリスクがあることを示し、高い抑止効果を発揮します。

また、それらの機器が侵入ポイントをおさえて適切に設置されていれば、泥棒の手口を熟知した『防犯のプロ』が関わっているということにも気付き、「ここに侵入するのは危険だ」と判断してターゲットから外すでしょう。

人気のない場所に『人目がある』状態をつくる

当然のことですが、泥棒は人目につくことを避けようとします。人気のないエリア、無人の建物を狙うのは、犯行を目撃されて通報される可能性が低いからです。 すでに建っている資材倉庫を他の場所に移動したり、監視員に24時間見張らせることは困難ですが、検知センサーや監視カメラ、遠隔監視システムi-NEXTの遠隔操作を活用すれば、管理者がいつでも・どこからでも、資材置き場の様子をチェックすることが可能になります。

いろいろなON/OFFを操作!

例えば資材置き場に侵入者が現れると、即座にセンサーが検知して、管理者に通報が届きます。管理者はその場でiPadを用いて防犯カメラを遠隔操作し、現場の画像をリアルタイムで確認。必要に応じて警報ベルやサイレンを鳴らす、110番通報をする、映像を録画する、照明をONにするなど、まるでその場にいるかのような対処ができます。

また、最近のフルHD防犯カメラは画素数が格段にアップしており、離れた場所の状況がハッキリと確認できます。

ここに注目 !!

セキュリティハウスでは昼と夜でカラー・デイナイトに自動切り替えが可能なカメラや、灯りが全くない場所でも鮮明な映像を映し出す暗視カメラ、フルHDカメラなど、豊富なラインナップを用意。環境や用途に応じて適切に設置することにより、決定的な証拠を掴むなど、より高い効果を得ることができます。

お客様からの声

  • 某生花卸売り業者様

    構内敷地が広く、駐車場の状況や出入業者の様子の把握ができずにいました。
    カメラのパンチルト、ズーム機能を使って、広い範囲の駐車状況や出入りの様子を確認・把握できるようになりました。カメラを取り付けたことで、駐車場での盗難事故の予防に役立っています。



このページのトップに戻る


あなたの不安・気になる防犯、お気軽にお問い合わせください!!

フリーダイヤル 0120-8484-24

制作・著作

COPYRIGHT © 2010-2013 SECURITY HOUSE CENTER CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.WebSitePlanProduced bybitSEODESIGN