目的別検索



商品を守るために

商品を守ることは、会社を守ること

盗難、万引き、異物混入、イタズラ、放火や水漏れなど、あらゆる『商品』は日々危険にさらされています。
「倉庫が放火され、取引先に商品を納められなくなった」
「新商品の部品が盗まれ、商品情報が外部に漏れてしまった」
このような事態が発生すれば、企業は信用を失います。
また、2008年1月に食品業界を揺るがした中国製冷凍餃子の薬物混入事件では、すべての製造・流通ルートに捜査が入りました。このとき異物混入の対策を怠っていれば、潔白であってもそれを証明する方法がなく、最悪、身に覚えのない責任を負うことになります。

『万が一の事態』にどう対処するかではなく、どう予防するか

近年は爆窃団のように、ストップウォッチを片手に5分以内に犯行を終わらせる手口が増加しています。さらにスーパーやコンビニの従業員が期限より早めに商品を廃棄処分にして持ち帰るなど、内部の人間による犯行も増えています。
犯行の短時間化と巧妙化が進む中、何かが起きてから犯人捜しをするのでは、商品も信用も人間関係も取り戻すことができません。セキュリティハウスが30年前から追求し続けている、犯罪の発生を未然に防ぐ『予防』の必要性がますます高まっています。

動画紹介

見せる防犯で犯罪対象から外させる「抑止」

1.犯人自身に、ターゲットから外させる

泥棒は必ず下見を行います。その際「セキュリティが低い、侵入しやすい」と判断した建物が、ターゲットになります。コンビニや本屋、さまざまな大型店舗に多い万引きの犯人も「ここならバレない」と確認してから盗みます。
そのため建物の目立つ場所に『警備中』を示す表示器・セキュリティキーパーを取り付ける、赤外センサーや監視カメラ、万引きを防止するゲートを設置するだけでも、視覚による抑止効果が発生します。「ここに入ったら捕まる可能性がある」「この場で盗んだらバレる」と相手に思わせることで、犯罪の発生を防ぎます。

2.敷地内や建物への侵入を阻止する

泥棒がどこから侵入してくるのか。それが分かるのは泥棒自身と、泥棒の手口や心理を熟知した『防犯のプロ』だけです。 セキュリティハウスでは、フェンスや塀、建物の出入り口や窓などの侵入ポイントを特定して最適の侵入検知センサーを設置。侵入者を検知すると、泥棒が最も嫌がる大音量の警報ベルやサイレン、明るく照らすフラッシュライト、「すぐに退出してください」等の音声メッセージで威嚇撃退し、それ以上の侵入を阻止します。

ここに注目 !!

セキュリティハウスが扱う防犯機器は、警備業界シャアNO1の竹中エンジニアリング株式会社のタケックス商品です。雨風に晒される屋外でも誤報の発生を抑え、高性能を十分に発揮するため、防犯のプロによる現場の環境に応じた施工調整を実施。官公庁物件や大規模商業施設などの外周警備を数多く手掛けた実績があります。

3.犯行を継続させず撃退する

宝石・貴金属店やリサイクル点などハイリスク・ハイリターンを狙う短時間化した犯罪には『フォグガード』が有効です。
フォグガードを室内侵入検知センサーに接続すると、侵入者の検知と同時に白い霧を室内に充満させ、犯行を持続させません。さらに遠隔監視システム『i-NEXT』と連動させれば、管理者は防犯カメラを通して現場の様子を確認し、遠隔操作で防犯装置のON.OFF操作ができます。

防犯機器紹介
動画紹介

監視を強化し、従業員の不正の芽を摘む

異物混入のリスクを減らしたり、大事な商品の持ち出しを防ぐためには、工場やバックヤード、倉庫などへの監視カメラの設置および遠隔監視システムi-NEXTとの連動がお勧めです。管理者はいつでも工場や倉庫の様子をリアルタイム映像と音声で確認し、必要に応じて映像の録画、現場への直接指示ができます。常に見られている、行動が記録されている状況下では「こっそり不正を働く」ことは不可能です。
さらに、特定の部屋に自由に入退室できる人間をあらかじめ制限する、または複数の扉に設置して『誰が』『いつ』『どの扉』を通過したか全て記録する出入管理システムの導入も効果的です。

お客様からの声

  • 某自動車販売整備工場様(威嚇・通報を行うシステムを導入)

    「防犯システムを入れることで、泥棒や商品へイタズラを心配することもなくなり、安心して過ごすことが出来ています。」

  • 某バイク販売店様(侵入警報システムと防犯カメラを導入)

    「システム導入後は侵入被害は全く無くなった。今回は、たまたま監視カメラを追加導入後に車輌へのイタズラが発生したが、監視カメラの録画映像により、犯人逮捕に繋がった。」

  • 某書店様(万引きゲートシステムを設置)

    「盗難が多い時期がありシステムを導入しました。今は2基目になるが抑止の意味でも効果があります。」

  • 某釣具店様(万引きゲートシステム及び監視カメラシステムを導入)

    「商品陳列も多く、万引き防止と抑止のため導入している。ゲートに監視カメラを内蔵設置しているので、ゲート間を通る状況を常時録画しているので安心できる。」

  • 某薬局様(監視カメラ・侵入警報システムを導入)

    「幹線道路沿いの店舗のため、以前は何度も泥棒被害に遭っていたが、システム導入後は全くなくなり非常に助かっています。」



このページのトップに戻る


あなたの不安・気になる防犯、お気軽にお問い合わせください!!

フリーダイヤル 0120-8484-24

制作・著作

COPYRIGHT © 2010-2013 SECURITY HOUSE CENTER CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.WebSitePlanProduced bybitSEODESIGN