目的別検索


  1. ホーム
  2. 目的別検索
  3. 防犯カメラ

防犯カメラを設置する

「目」を増やし、犯罪を抑止する

防犯カメラ設置のメリットは、「犯罪が起こったとき、カメラの映像が証拠になる」だけではありません。
「犯罪の発生そのものを抑止する」効果が非常に大きいのです。

泥棒に犯行を諦めさせる「侵入防止4原則」の一つに、「目(人目に付くことを嫌がる)」があります。
どんな犯罪であれ、犯人にとって「姿を見られないこと」が最も重要です。防犯カメラを設置することは、すなわち「目」を増やすことであり、見えにくい場所や死角になっていたポイントまで確実に捉えます。その場に誰もいなくとも、防犯カメラの向こうでは誰かが見ているかも知れない、録画をされているかもしれないと思うため、安易に犯行に及ぶことができなくなります
犯罪の発生を未然に防ぐこと──それは、セキュリティハウスが創業当時から掲げてきた基本理念そのものです。

多様な種類のカメラを、ニーズに合わせて選択する

もちろん犯罪が起こってしまったときは、同じような被害者を出さないためにも、一刻も早い逮捕が望まれます。このとき、犯人の顔が判別できるほど鮮明な映像があれば、警察の捜査を大きく前進させることができます。
例えばフルハイビジョン画像を実現した機器なら、人の顔はもちろん、車のナンバープレートやレジで受け渡しされる紙幣までハッキリと確認できます。また赤外線照明を搭載したカメラは、明かりが全くないない場所でも監視が可能です。セキュリティハウスではこのように多種多様な防犯カメラの各性能を正しく理解し、設置する場所と目的に合ったカメラを選択・設置しています。
また、映像はデジタルレコーダーに保存をしておけば、1週間前の映像も確認できます。後々になって被害が発覚した場合の確認や、従業員が成長しているかどうか観察するなど、現場のニーズに応じてさまざまな活用方法があります。

約235万画素のフルハイビジョン ・フルハイビジョン画像で鮮明な映像確認 ・ネットワークカメラに比べて遅延が少なくストレスレス ・インターネット経由で遠隔地での映像確認が可能

遠隔監視システムi-NEXTとの連携

従来のアナログカメラと比べると、近年の防犯カメラの画像は大きく進化しました。これを活かし、セキュリティハウスでは、どこからでも店舗やオフィスの状況をリアルタイムで確認できる「遠隔監視システムi-NEXT」を開発しました。

これは、店舗や工場に取り付けた防犯カメラが今まさに映している映像を、iPadでいつでも・どこからでも確認できるシステムです。遠隔操作でカメラの向きを変える、ズームして食品に印刷された賞味期限をチェックする、マイク付きカメラなら現場の音を聞いたり自分の声をスタッフに届けるなど、まるで今その場にいるかのように見守りコミュニケーションを取ることができます。そのため、活用方法はお客様によって無限に広がります。
お客様の入り状況や陳列棚、倉庫内の在庫まで確認できるのでマネージメントツールとして最適です。

もちろん防犯面でも大きく役立ちます。自主機械警備システムNEXTを導入していれば、何らかの異常事態が発生すると同時に携帯電話等に即連絡が入ります。もしも自宅や出張先にいたとしても、iPadで現場のカメラ映像を見れば、何が起こったのかすぐに確認できます。

防犯機器紹介
ここに注目 !!

遠隔監視システムi-NEXTを開発する際、こだわり抜いたのは「操作性」と「安全性」です。特に防犯のプロ集団であるセキュリティハウスの名にかけて、情報漏洩は絶対に防がなければならない課題でした。結果、設定をしたiPadのみ画像の確認が可能、SSL通信の実施、iPadへの登録後サーバーの情報を消去するなど、万全のセキュリティ性が備わり、多くの高評価をいただきました。

防犯機器紹介


このページのトップに戻る


あなたの不安・気になる防犯、お気軽にお問い合わせください!!

フリーダイヤル 0120-8484-24

制作・著作

COPYRIGHT © 2010-2013 SECURITY HOUSE CENTER CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.WebSitePlanProduced bybitSEODESIGN